型紙で作る着物 – 順序「布地にアイロンをかける」から「N2」まで

別ページ「着物の型紙 女もの全サイズ」の詳細です。

zipに入っている「縫う順序_女.pdf」の通りに縫いますが、一つ一つ写真で解説しますね。

17
最初の「型紙を印刷」と「型紙をセロテープでつなぎ合わせる」は、こちらからどうぞ

その後の順序「布地にアイロンをかける」から解説していきます。

布地にアイロンをかける

生地屋さんで生地を買うと、たたまれていますから、このようにシワがついていますね。

IMG_7191

このように軽くアイロンをかけておきます。正確なサイズで裁断するためなので、細かなシワは気にしません。最後の仕上げで細かなシワを取ります。

IMG_7192

型紙をマチ針で固定

布の上に型紙を置きます。

18

2ページに1つくらいの間隔で、マチ針を打ちます。

19

拡大すると、このように打っています。

20

つまみ縫いの所には、真ん中で打つと後で縫いやすいです。

21

袖や衿も同様にマチ針を打ちます。

2

IMG_7313

袖は2つ作ります。

IMG_7330

N1 つまみ縫いを3か所

それぞれの型紙には大きな文字で「後身頃」や「地衿」などと部分の名前が書かれています。

そのうち

  1. 後身頃
  2. 左前身頃
  3. 右前身頃

この3枚には「つまみ縫い」という箇所があります。

※ つまみ縫いとは、2枚の布を縫い合わせるのではなく、1枚の布の真ん中を折り、折り目に沿って縫うことです。それにより表側から継ぎ目のように見えるのです。

言葉での説明より、写真でお見せしますね。

このように、「N1」と「手前につまみ縫い」の下に、3本線がありますね。

IMG_7208

このうち、

22

という二点の点線は

手前に折る

という意味です。

そして

23

という実線は

ミシンで直線縫いする

という意味です。

そのため、まずは二点の点線を手前に折ります。

IMG_7209

その上で、折り目を布ごと折ります。

IMG_7210

布がしっかり型紙の内側に入っているか確認します。

そして実線

23

に沿ってミシンで直線縫いします。

IMG_7211

縫い目は2.5mm程度がオススメです。あとで紙をペリペリと破いてはがすために、目が細かい方がいいのです。

29

縫うとこのようになります。

IMG_7213

広げたところ。

24

外側の点線を、型紙と布を合わせて裁ち落とす

型紙の外側は

28

このような点線です。

ここを型紙ごと布を裁ち落とします。

※N1を縫った後でも縫う前でもいいです。

裁ち落とすと、このようになります。

25

裏側から見たところ。

26

ひとまずこの後身頃は丸めて取っておきます。27

「左前身頃」と「右前身頃」部分も同じように

  • つまみ縫い
  • 型紙ごと裁ち落とす

の作業をしておきます。

30

N2 衽の縫い代

次は、「左前身頃」と「右前身頃」の「N2」です。

2点の点線

22

を手前に折ります。2本ありますが、2本とも折ってください。

IMG_7295

このように折ります。

IMG_7296

そして、その折り目に沿って布も折り、紙ごとアイロンをかけます。

IMG_7297

布にクセが付いたら、そのそばのマチ針をはずします。

型紙もはずし、布だけをミシンで直線縫いします。縫い目は5mmなど粗い方が、後でほどきたいときに楽です。糸の色は布に近い方が目立ちません。

IMG_7298

出来上がり

31

拡大

IMG_7301

表側から見たところ。

32

これを「左前身頃」と「右前身頃」両方でやります。

次は「N3」に続きます。

 .

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.