筆でブログを書いてみる。着物生活に取り入れる筆の暮らし。

筆で

IMG_20170114_174422

IMG_20170114_174417

 

IMG_20170114_173302

IMG_20170114_173313

IMG_20170114_173310

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

日本家屋に住まなくたって、安くて上質な和室賃貸があるよね

img_20160616_133741

和室の賃貸って安いですよね

僕は和室二間の賃貸って好きです。茨城県の今の住まいは

  • 鉄筋コンクリート
  • 42平米
  • 築約40年
  • 2DK。和室二間とダイニングはフローリング。

というスペックで、以前の東京都世田谷の物件も似たようなものでした。

物件に入るとイグサのにおいがしてほっとしますし、古くてもきっちりリフォームされているので嫌な古さが感じられないです。

僕の体感ですが「築40年以上の古い物件で和室あり」を探すといや~な古い感じの物件も半分くらいはあったりします。リフォームをマジメにやっているからか、和室で雰囲気の良い癒し系な物件となるようです。

癒し系

友人などが家に来ると、皆が僕の住まいは「地方の旅館に来たようでほっとする」と言います。それはこの物件に限らず、どの住居でもそうでした。

和室で座布団に座ってテーブルを囲んだり、着物を着てみたりして。それって結構なごむようなんですよ。

みんなの暮らしはどうなの?と聞くと、フローリングが中心らしく。でも椅子ではなく床に座布団で暮らす人もいるようですが。

6畳間

2DKというと6畳間と4畳半の組み合わせが多いですが、まずは僕の6畳間から見ていきましょう。

img_20160616_133741

引きはこんなです。デスクとソファ、そして長テーブルがあります。座布団は4つ。ご飯はこの長テーブルで食べます。

 

img_20160729_190301

でも気分次第で窓際に盆を置いて、テーブルなしで食べることもあります。

 

img_20161022_132253

テーブルから書が見えると、ちょっと嬉しかったり。

 

img_20161024_123639

さらに、お茶の練習をしたまんまとなっていますが、茶道具が見えるともうちょっと嬉しかったりして。

 

img_20161024_130030

台所で抹茶を点てて柿をむいて、6畳間のテーブルで食べて飲んでみるの図。

 

img_20161024_130056

となりにはお茶の練習をしたまま。でもこれも楽しい 😀

 

四畳半

この物件の四畳半は北側なので、普段は布団をしいて寝る場所や裁縫の場所にしています。

img_20160508_100703

着物を着替える場所にしてみたり。着替えているのはお友だち。

 

13225044_929718813812159_2044427911_o

来客にお菓子を出してみたり。

 

img_20160417_122441

お食事やお酒をふるまってみたり。あー楽しい^-^

 

和室のススメ

日本の人口って今は減っているらしいですね。そのせいか、人気のない物件から空きが出て、家賃も下がっているようです。

僕の住んでいる茨城の団地も空きだらけで、安売りのキャンペーンを打ちまくってます。エレベータがないので、5階建ての4階と5階は特にそうなんです。1・2階はお年寄りで埋まっているんですけどね。

和室といえば古い物件ですが、古い物件にはお年寄りが多い傾向があるようで、そんな方々と知り合いになれます。毎日外出の行き帰りですれ違う人たちに笑顔であいさつしておけば、自然と会話が生まれていきます。

では和室賃貸のメリットをまとめると、

  • 家賃がフローリングと比べて安い
  • 癒される
  • 和の暮らしができる。着物や日本茶・日本酒が雰囲気ごと楽しめる。
  • 上の世代と知り合えるかも

といったところです。

そうだ、忘れずにデメリットを書いておくと、

  • 水周りが古いので、洗面台でお湯が出ない物件やお風呂がバランス釜の物件もあるので、注意して避けましょう。
  • 同じ和室でも古くて廃墟に近づいている物件と、古さが味になっている物件は大きく違うので、実際に物件を見て確かめましょう。
  • (男性向け情報) おうちでデートする場合に、洋風のデートを求める女性の場合にはちょっと厳しいかもです。地べたで座布団でとなると、そこで引かれてしまうかも。椅子・テーブルにワイン・フォーク・スプーンなデートを求められている場合には自宅ではなく外食にしましょう。

な感じです。

とゆことで、和の暮らしがしたいけど古民家は高いしメンテが大変だし~といった人には、和室ありの賃貸がオススメですよ! 😀

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

抹茶をデイリーなドリンクの一つにする方法。これで食後にちょっと一服、ができる。

IMG_20161014_132916

自宅の食後にちょっと一服、に抹茶

抹茶って緑茶や紅茶のティーバッグと比べると結構大変だったりしません? 抹茶を買ってきたら「はいて」(網でこしておくこと)おかなきゃだし、一度茶碗に湯を通さなきゃだったり。

特にお茶を習っていると、点前で行う手続きを思い出してしまうので、省略するのが後ろめたく感じてしまったりするんですよね。

でも茶会でも目上の人に出すためでもなく、自分や身内でちょっと飲むといったシチュエーションのために、気楽な日々の抹茶を点てる方法を紹介します。

道具と配置

僕が食後に自分が飲むために準備するのはこちら。IMG_20161014_132740

手前から、

  • 抹茶碗
  • 茶筅
  • 抹茶、缶そのままではかない
  • スプーン
  • 湯冷ましにするティーポット
  • 電気ケトル

です。

ケトルで沸騰してから少し冷ますとか、沸騰する前に電源をオフにするなどすれば湯冷ましは不要です。

茶杓をいちいち用意するのは面倒なので、スプーンで代用します。茶杓と量の感覚が違うので、これはこれで数をこなして感覚をつかむ必要がありますが。

抹茶は伊藤園の「華の宴」。20gで900円弱で、気軽に飲めます。薄茶一服1gなら20服飲めることになります。1服45円くらいです。

省略ポイント

既に少し重複して書きましたが、省略して気楽に飲むためのポイントを箇条書きにします。

  • 湯冷ましは使わずケトルで沸騰後に冷ますなどして調整。
  • 茶杓ではなくスプーンで。
  • 茶ははかずにそのまま使う。ダマは気にしない。
  • 事前の茶筅通しはしない。そのまま茶を点てる。
  • 茶筅を使用後に洗うのも適当、ささっと水に流すだけ。
  • 茶碗には事前に湯を通さず、乾いたまま直接抹茶を乗せる。
  • 茶碗はあまり高級品を使わない。割れたら大変と思うと触わりたくなくなる。
  • 飲んだ後は軽く水で洗ってタオルで拭く。茶巾は使わない。

こんな感じで省略するだけで、まじめにいれるコーヒー・紅茶・煎茶よりは手間がかかりません。

コーヒーなんか豆をひくのは大変ですし、挽いた豆に湯をかけて蒸らして、3~4回に分けて湯をかける。。とか大変ですよね。

紅茶もいれるポットとサーブするポットを分けてダブルポットにするのも大変だし、茶葉のジャンピングを狙うべくポットを選んで湯を高みからかけて。。とかもいちいち面倒です。

抹茶も他の飲み物と同じくらいの気楽さになるでしょうね 😀

 

P1010385

いやー美しく点った抹茶ですこと^-^

台所の中の抹茶碗たち

僕の台所には、備え付けのガラス戸がありましてね、そこには大事な焼きものの器たちを置いているんですよ。

IMG_20161014_132902

IMG_20161014_132911

こんな感じで、おちょこも置いてみたり。

 

IMG_20161014_132916

この茶碗は、地元のお祭りで見つけた、焼きもの団体の出品でした。「抹茶碗」と書かれず、単に「300円」とだけ書かれていたので、僕は勝手に抹茶碗として使っています。何焼きなのかも不明です。

 

IMG_20161014_132924

ちなみに、そのガラス戸の左側には、ティーポットとかコーヒーいれる器具とかを置いてるんですよー、飲みたいときにすぐに飲めるように^^

着物も楽しいですが、着物を取り囲む日本文化たちもまた、和の暮らしをする上でとても大事なんですよね~。和の飲み物、食べ物、音楽とか?

次回は音楽について書きます。

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

わびさび、みやび、いきって違うよね

IMG_20160926_165620

写真は、髪とまゆげ切りました!というナルシストなお知らせです 🙂

着物着てて「みやびだねぇ」と言われた

なーんだか、着物を着ててほめてくれるのは嬉しいのですが、???なホメ言葉になっていて、僕としてもちょっと困ることがあります。

僕は平安文学が好きで、古今和歌集やら伊勢物語やらをパラパラめくって楽しんでたりしますが、僕のイメージでは平安時代が「みやび」ですねぇ。雅。

「雅 平安文化」で検索すると、こんな画像が出てきます。

参照:kimono-smile.com
参照:kimono-smile.com

とか、

参照:kimono-smile.com
参照:kimono-smile.com

こんな世界観なわけですよね。画像で見ると分りやすいですね。

それが、僕の着物写真に戻ってみましょう。

IMG_20160926_165620

(しつこいので小さくしてます)

これは。。全然↑の「みやび」らしさがないですもんね?

じゃ、いきなのか、わびさびなのか? それぞれのワードを画像で見ていきましょう。

いき 粋

粋は、江戸時代のイメージがありますねぇ。それ以外の時代の文脈で聞いたことがありません。

「粋 江戸っ子」で検索すると、こんなのが出てきます。

参照:pachinkovista.com
参照:pachinkovista.com

 

参照:edo-g.com
参照:edo-g.com

 

参照:fc2.com
参照:fc2.com

 

といった、勢いのいい世界観ですね。パリっとサクっと。

それではまた僕の写真に戻って。。

IMG_20160926_165620

もういいですよねw

ということで、これもなんか違う気がします。でも江戸時代に今の着物の形が出来上がったんでしょうから、「みやび、いき、わびさび」の3つの中では一番近いかもです。

「おっ着物。粋だねぇ」と言われることもありましたが、僕は粋なのかも。。? でも僕のキャラはパリっとサクっとしていないもんでねぇ。なかなかアグリーしがたいところではあります。

わびさび

「日本人のわびさびを外国人が理解してくれなかったりするんだよねー」といった表現、たまに聞きません?

僕としては、「わび」と聞くと、利休さんのわび茶を思い浮かべます。お茶の修行が全然足りないので理解が合っているか自信ないですが、「利休 侘び」とか「茶室 外観」とかで検索すると、

参照:sumitomokakkien.com
参照:sumitomokakkien.com

こんなちっちゃな小屋(茶室)がぽつんと森の中にあって、室内は

参照:twword.com
参照:twword.com

な感じでせまーくて、お道具がぽつんぽつんと質素に飾られているだけ、というイメージです。

利休の時代は安土桃山ですし、そんな世界観を持っているとは限らないから、着物着てて「わびさびだねー」というコメントも、なかなかつらいものがあるのではと思うのでした。

ま、僕は「わびさびだね」と言われたことはないですけどねw

ちなみに「さび」は、よく知りません。

じゃどうやって褒めんのよ

僕がほめてほしいとしたら、ふつーに今の言葉で

かっこいいね

すてきだね

とか言ってほしいなー^^

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

書家の柔らかく繊細なひらがなが、アクセサリーになった。女性の身に付けたムービーが美しくてうっとり。

参照:saorikunihiro.com
参照:saorikunihiro.com

書家が書いて作るアクセサリー

僕の仲良しの友だちいましてね、その女性は書家なんですよー。

以前に外国人を招いた茶会でアップした写真です。

12319779_10208209921352391_34085847_n_2

左の女性がその書家です。真ん中は台湾から、右はベネズエラから。

そんな書家さんは、書も書いたり書の教室を開いたりしているのですが、アクセサリもやっています。

彼女の書いた文字を、キラキラなアクセサリに加工したのです~ 🙂

参照:saorikunihiro.com
参照:saorikunihiro.com

プロモーションムービー

そのアクセサリの魅力を映したプロモーションムービーができあがったという連絡が来ました。見てみたらとても美しい! 😀 なのでこのブログでシェアいたします~。

まずはサムネイルから見てみましょう、スマホだとサクっと見られないかもなので。

20160920

20160920_1

20160920_2

20160920_3

20160920_4

はい、では動画にいきます! ↓です。

動画がいいのは、実際に身に付けるとこんな風に見えるんだと分かることですよね^^

プレスリリース

書家さんからの公式メッセージです 😉

「Hiragana」webリニューアル&PV公開◎

ひらがなをモチーフにしたアクセサリーブランド「Hiragana」のウェブサイトが「Saori Kunihiro」と統合し、全面リニューアルいたしました。また、現代の日本に侘び寂びを表現したプロモーションムービーを制作いたしました。とても素敵に仕上げていただいております。どうぞご覧くださいませ。

web http://www.saorikunihiro.com/
movie https://youtu.be/xCDQiNuaX-U

——————————————–

Special thanks to

■web/photo/movie
BRIGHTLOGG,INC.
http://www.brightlogg.com/
videographer Rei Takaji
http://cargocollective.com/reitakazi

■model Sako Fujii
http://fridayfarm.net/sako-fujii

——————————————–

僕からもひとこと

これ、着物に合わせたらよく似合いそうですよね。ムービーでは洋服でしたが。

あ、でも着物ってピアスとかつけちゃダメなルールあったんでしたっけね? ま、カジュアルな場なら見た目のコーデがいい感じならOKですよね 😉

この書家さんって、とにかく完璧主義で、ミニマリズムな人です。ディテールにとにかくこだわって、妥協を許さない。かつ、無駄なものは色でもパーツでも一切省きます。彼女のウェブサイトを見ると伝わると思いますが、白黒のモノトーンが基本だったり、ボタンやバナーなどの飾りつけがありません。

そんなシンプルで完璧に作られたアクセサリー、僕からもオススメです。

でも「完璧」と言えど怖いわけではなく、かわいい感じなんですよ。シンプルかわいい、くらいの印象です 🙂

彼女自身はどうかというと、柔らかな印象で、言葉をゆっくりしゃべります。言葉を書く人なんですが、しゃべりはあまり早くなくて、声も大きくないし、おっとりしています。

そんな 國廣 沙織(Saori Kunihiro) の作品を、皆さま見てみてくださいね^^

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

伝統文化で人の集まる仕組み:カジュアルさとエンタメ性、コミュニティ作り

12465773_1087525481281185_5192879641162010966_o

人の集め方を相談された

とある公共団体から「話を聞きたい」とのことで、都心に行って参りました。

伝統文化をテーマとした人集めをしたいそうなのです。

僕はまだ人集めで成功しているとは言えませんが、僕的な角度から説明すると「なるほど」な反応でしたので、皆さまにもシェアしておきます。

カジュアルな角度からです

人を集めるって、色んな方向があるわけですよね。

  1. 偉い先生の話を聞けるとか、国宝などの最高級に美しいホンモノを見せるというのがまず一つ。オーソリティですね。
  2. もう一つは、ジャンルの入り口まで連れて行ってあげる方向もありますね。入門編みたいな。
  3. 他の参加者と仲良くなるのもまた一つですよね。

このうち「2」と「3」あたりが僕の角度なので、そんな点を説明していきます。

これまでのイベント

ブログを普段から読んでくださっている読者様は既に見ていると思いますが、今まではこのようなイベントを催して、人に来てもらいました。

 

IMG_20160529_114537

「着物を着ない会」。着物未経験者・初心者が、どう上達していくか気楽に聞ける場所。

P1010555

↑の続きの飲み会。

 

IMG_20160821_151724

「かしこまらない茶会」。座布団を敷いて座椅子を置いて、足を崩す。とりあえずお茶会とやらに行ってみよう、そこにいる人と友達になろう、というコンセプトです。

 

12465773_1087525481281185_5192879641162010966_o

着物を着て最先端のコーヒーを飲むワークショップ。仲間を集めて、僕の持ってきた着物を着せてしまいました。

 

 

DSC_0038_2

こちらはガッツリ本気の茶事。茶懐石から始まって濃茶、薄茶とフルコースです。お客さまは2人が外国人で、一人は日本人ですが書家で日本文化への熱意があるため、このようなフルコースでも抵抗がなかったのです。

はい。それでは、日本文化の初心者向けイベントで必要だと僕の思う

  • エンタメ性
  • カジュアルさ
  • コミュニティ作り

について、話を進めたいと思います。

 

エンタメ性

伝統文化への憧れのある人は若者にも多い。でも障壁が多いし敷居が高い。伝統文化って一般にアカデミック過ぎるんです。

古典文学なんてその典型で、英語を学ぶくらいにがんばって文法や語彙を覚えなくてはいけないですし。お茶も、ルールが多いというイメージがあります。

僕の考えでは、エンタメとアカデミックの違いは、努力せずに理解できるかどうか。主催者側がアカデミックな理解の努力をした上で、客が理解しやすいように噛み砕くとともに、理解できる部分だけを伝えるんです。

ある意味それはまだ「間違い」です。でもまずはその世界の入り口へと連れていって、手を引いて通過させてあげれば、今後その「間違い」を「正す」機会はあるはずです。

魅力を感じたら、少し努力してでもその先に進みたいと思う人も一定数現れます。

例えば古典文学でイベントをやるなら、挿絵(さしえ)などの何か目で見て分かるものを準備します。BGMでムードを出して、お酒もつまみも、甘いお菓子や紅茶も用意しちゃったりしてw 単に「伊勢物語を読み解く ~その時代背景とともに」なんて題された講習会とか、行きたくないですよねw きっと白黒の冊子が用意してあるだけで、固いスーツの先生がメガネで教えそうな。

僕はシェアハウスに住んでいたころ、時々のべ150人一晩で入場するようなパーティを住人と催していましたが、極端に言うとその経験はエンタメ面に役立ちます。

※あくまで若い世代の一部のグループの話です。個人差も当然ありますので、「みんなこうだ」と考えているわけではありません。

  • オンナノコは甘いものが好き。流行りのもの(当時はシェアハウスがはやり)や流行の音楽が好き。
  • オトコノコは、そんなオンナノコが好き。
  • どちらも、オシャレな空間が好き。
  • おもしろいトークのできる人の周りに、人は集まる。

茶会で言うなら、かしこまらずに、世間話やおもしろいお話でもしていれば十分に盛り上がると思います^^ あと、若い世代が対象なら、男女の配分はできるだけ均等にした方が良いと思います。

十代にはささらないかもですが、二十代も半ばを過ぎると「茶室?何それ、かっこよくね?」となっていくのではと、僕個人は推測しています。

 

カジュアルさ

ルールは多いけれど、「間違っても全然大丈夫 ^-^ 」という雰囲気がとても大事です。

初心者の多くは、「着物ってあの高級品だろ?汚したらヤバいやつだろ?」とか、「茶会?間違ったら怒られるんでしょ?行きたいけど行きたくないよー」と恐れています、興味はあるのに。

グリーンダヨ!!
参照:ganmatsumoto.com

イインダヨ、グリーンダヨ!! みたいな、元気のいいおおらかさが必要です。

なので、タイトルや説明でダメな例は、

秋のお茶の講習会:**先生を招いて茶道の講習会を行います。お時間は2時間ほど。白い靴下を履いて来てください。リップクリームもご遠慮いただきますようお願い致します。

です。これを見た未経験者は、

Σ(゚ロ゚;)

とか、

Σ(=ω= 😉

といった顔になるのです。内心「うわーオレこれグーで殴られるわ」と。

↓は、僕の知り合いが作ったお誘いの文章で、良い例でベリーグッドです。

※お洋服でいいですし(老若男女白い靴下必須というのがドレスコード)、正座もしなくていいですし、作法も知らなくても大丈夫!お友達と一緒に参加もOKです。ほとんど初心者の方が多いですし、この機会にお気軽にご参加くださいね^_^。

バランス感覚がありますね^^

僕の場合はもうやり過ぎなんですが、こんな感じです。

■ 茶会って
茶会って、ほらあの抹茶飲んで和菓子食べるやつ。
茶碗回して、「結構なお点前で」とか言っちゃうアレ。
そのアレを内輪でやります~。
カフェ形式で、来たいときに来て、帰りたいときに帰る。
正座はしなくて大丈夫。
抹茶点てる体験も。
僕のうちに来たかのように、お友達を紹介し合います。

 

コミュニティ作り

今どきは会社で友だちを作らない風潮のところも多く、学生が終わって社会人になると友だちを増やす機会が少なかったりします。イベントに顔を出してもその場限りになってしまうとか。

やっぱり文化を学ぶのも喜びですが、人とのつながりが増えていくのも同じくらいに大事ですよね。

イベントを定期開催して何度も足を運んでもらえれば、初対面同士のなんとも気まずい雰囲気から、だんだんみんな友だちで和気あいあいとなるのですよ。すると参加者も嬉しいですし、開催者としてもイベントが自然体のまま盛り上がるので「やって良かったなぁ」となるわけですね 😀

ただ、単に定期開催して何度も通ってもらえれば仲良くなるかというとそうでもなくて、共通の友だちがつなげてあげる必要があります。

例えば主催者が両方とも知っている場合は、「この人は**さんで、**な人なんですよー」とか、紹介相手にささりそうな情報を入れておきます。段々2人の会話が流れ出したらすっと身を引きます。

日本文化という共通の興味があるので、仲良くなりやすいとは思いますが。

 

まとめ

以上ですが、日本文化でイベントを主催しようと思っている方に参考になりましたでしょうかー^^ もっと聞きたければファンレター送ってくださいw

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

イケメンなのにおもしろい、3人の日本酒ユニット。衰退する日本酒業界を盛り上げる。

14141618_726998540771176_2822167910025005560_n

こういう3人組がいるんですよ

僕がシェハウスで暮らしていたつながりで、この3人組と知り合いです。

彼らは、衰退する日本酒業界にもかかわらず、日本酒を愛しすぎるが余りに日本酒業界を盛り上げようと活動しているんです。

まるで僕の着物のような。。

そのうち一緒に何かやりたいねぇと話しているんですが。

なかなかイケメンでもあるんですよ。写真だと目が見えなくなっていますが。

彼らの日本酒イベント

先月はこんなイベントの参加メンバーとして加わってきたそうです。場所は東京タワー近くということなんで、大門とか?その辺りですね^^ そのエリアの居酒屋さんを舞台に、この「おつまみニュース」という部隊がオススメの日本酒を紹介し、どれが好きか投票するみたいなのをやってきたそうです!

14095735_726998530771177_5102824630580379473_n

14142042_726998567437840_4996577034384686575_n

14079832_727003517437345_2534261956935628761_n

日本酒好きにはたまらないイベントですよね^^

↓は、彼ら自身のイベントレポート。

日本酒と紡ぐ、大門の物語 サケブル
…てのは全然関係ないけど(cmのあかりん可愛い‼︎)

『大門日本酒大宴会』
今年2月の出店に続いてまたおつまみにゅーす隊で出ました。
このイベントはめちゃめちゃ盛り上がるし、その分疲労感はとてつもない!足パンパン!いい酒揃えたから、もしくはいい男が揃ってるからか、他店のプロに引けを取らぬ盛況ぶりでありがたい限りです。
お客さんの中には夫婦で日本酒を楽しまれている方が多くみられます。こんなデートいいなぁ〜と、こっちがつい盛り上がって酒の話に熱が入ってしまう。お客さんも日本酒好きだから俄然食い付きがいいのがまた相まって楽しい!
僕らはこんな感じで会話と酒の楽しみ方を共有できる店でありたい…また次回も出店するでしょう!その前に、おつまみにゅーす隊でのイベントを企画してるのでそちらも力を入れていきたいっすな!

 

トークもおもしろい

初めて会ったのは、シェハウスのパーティー。地下の広間でDJが大音量でクラブミュージックを奏で、酒を飲んで踊る。

終電の時間を過ぎると、大混雑だった広間も隙間ができてくる。

その頃に、彼らはスマップの曲で踊りました。アドリブで、彼らなりの振り付けなのですが完璧。根っからの芸人なのでしょう。

朝方になるとテーブルでお茶を飲みながら、ダウンタウンの「すべらない話」のパロディー。彼らに必ずサイコロが当たり、トークを聞きました。本当にどれもすべらずおもしろかった。

彼らを連れて来た友人いわく「茨城でナンバー1・2のおもしろいやつら」とのこと。

 

ラジオやってる

youtubeで、毎週日曜夜10時に、リアルタイムで放送が聴けます。

毎回いろんな日本酒を紹介してその魅力を語りつつ、時事ネタでも盛り上がります。

友人同士の飲み会を横で聞いている感じなんで、コントのようなおもしろさは期待しない方がいいです^^ 一人でヒマだなーとか作業しているときとかにかけておくと楽しいです。

彼らとつながる

彼らの今後の活動はFacebookでイイネすると続報が受け取れます。

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

和の恋バナ「伊勢物語」は、究極のラブストーリー。

The Hunt

古典を写真で分かりやすく。

皆さん(学校の講義風に)、「伊勢物語」って読んだことありますか? 僕は周りの人に聞くと「ない」って言われます。

でも皆さん、高校の教科書に出てきた人もいると思うんですよね 🙂

伊勢物語って、とあるクールガイについての噂話をみんなでまとめた本と言われています。短編小説のようなものです。

今日はその中から「あづさゆみ」という話をお聞かせします。「あづさゆみ」という弓にたとえて恋の気持ちを表現したのです。

その「弓」という言葉の出てくる和歌も登場しますから、皆さん声に出して読み上げてみると、5-7-5-7-7のリズムに乗れて楽しいですよ^^

そう、和歌って文学でもありますが、音楽でもあるんです。

そんな物語と音楽、両方を兼ね備えた「いせものがたり」、読んでいきましょう 😀

写真で見る「伊勢物語」

Countryside

昔むかし、片田舎のお話です。

couple.

ある男女が共に暮らしていました。

the happy couple

幸せな毎日を過ごしていました。

Luna-llena-solsticio-de-verano参照:hombrestrend.com

ある時男は、都市に働きに行くと、

break up

そう女に伝えました。

Breaking Up

そして男は旅立ってしまいました。

Letter

女は男からの手紙を待ちます。

House on the Ocean

夏が来て、

On the shore of the Saimaa canal

秋が通り過ぎ、

snow

冬を越し、

Blossom Cherry

春が訪れても、男は戻ってきません。

alone

女は一人待ちます。

Alone......

そうして3年が経ちました。

tired girl

女は疲れます。

SMILE

そんな時、女に言い寄る別の男が現れます。

Dating and Dinner

その言い寄る男は誠実で、心をこめて求婚してきました。

Accept

悩んだ末に女は、

Bride

「今夜、結婚の誓いをしましょう」と約束します。

Sunset

日は暮れて、その夜が近づきます。

Back home

そこに、都市で働いていた男が帰ってきました。

Georgian door

男は、ドアを開けてくれ、と叩きました。

It hurts to become.

しかし女はドアを開けることなく、

Messages...

歌を詠み、窓のすきまからそっと差し出します。

 

あらたまの としの三年(みとせ)を待ちわびて

ただ今宵こそ新枕(にいまくら)すれ

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

3年間も待つことはできなくて、まさに今夜、別の人と結ばれるのに。

 

No one compares to you.

男は悲しみます。

Happiness as bright as these flowers.

そして、女との思い出が浮かんでは、

The rare case of butterflies.

消えます。

No. 52

そして男は あきらめて、歌を詠んだ。

 

あづさ弓ま弓つき弓 年を経て

わがせしがごと うるわしみせよ

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

弓にも色々あるように、僕らの間にもたくさんの思い出があります。

どうぞ今夜結ばれるその男にも、優しくしてあげてください。

 

Walk away

そうして男は立ち去ろうとしました。

女は後姿に向かって詠みます。

 

あづさ弓 引けど引かねど昔より

心は君によりにしものを

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

弓を引いて糸をよるとしても、よらなくても、昔から心は君に、寄り添っていたのに。

 

Walking Away ....

それでも、男は去っていってしまった。

Explored #149

女は悲しみます。

Lost innocence

そして、男の後を必死に追いかけます。

Creek

岩間に水の湧くところまでは なんとかたどり着きましたが、

let it pour and let it fall

そのまま倒れてしまいました。

Creek

そこにあった岩に、

指の血で、歌を書きつけました。

 

あひ思はで離(か)れぬる人をとどめかね

わが身は今ぞ消えはてぬめる

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

思い合わず、離れていく人をとどめられなくて、

私の身は、今死んでいきます。

 

そして、その場で息が絶えることとなりました。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Couple

幸せな時間はありましたが、最後は結ばれることのなかった、二人の物語です。

 

平安文学への入り口

さて、いかがでしたでしょうか? 内容が分かれば楽しめますよね^^

他のお話もこのようにしてまとめてほしければ、どうぞコメントなどくださいね~ 😉

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

ていねいな生活 ~食事編~

P1010571(謎メニューw)

なんか着物ネタより生活ネタの方がアクセス数多いんで、ついまた書いてしまいますw

お茶って習うと昔の食事作法も一緒に習うことになるんですよね。正式な茶会には食事もありますので。食事して、お酒飲んで、甘いもの食べて、それからお茶くらいな流れなので。

すると普段の食事も段々影響されて、変わってきました。↓に10個にまとめましたよ。

1.テーブルを使わなくなった

お茶の稽古にも茶会にも、テーブルって出てこないんですよね。

「武士の家計簿」という映画でも、台付きの膳を個々に使っていますし。

なので僕も最近はお試しで、膳を使っています。もうテーブルは部屋の隅に追いやってしまいましたwIMG_20160616_133741

でもやってみると、テーブルがない分だけ部屋は普段から広々です。
食事の際も、腕を動かしやすいです。

飯椀・汁椀の向こうにあるお椀を取るときは、真横から取りたいです。でもテーブルだとその腕が飯椀・汁椀に当たってしまうんです。膳なら台が付いていてもテーブルより低いので、やりやすいです。
僕がテーブルの和食の作法を習えばいいだけでしょうが。。

2.なるべく小皿は使わない

醤油などは最初から台所でかけておきます。さすがに刺身は小皿を使いますが。。なるべく無駄な食器は使わないようにということで。

3.ご飯は少しだけ残す

おかわりの時も、食事の最後にも、少しだけご飯を残すようにしました。

小さい頃は「人の家でご飯のお代わりをお願いする時は少し残しなさい」と教えられていましたが、今まで自宅でしたことはありませんでした。

4.食後はお湯を。

お湯を飯椀と汁椀にかけます。少しだけ残したご飯と一緒に食べます。

僕の実家では「一粒一粒のご飯には神様が宿っているから、一粒残らず食べるように」と習いました。

しかしご飯って一粒に満たないかけら達が飯椀に付いたまま残りますよね?これがもったいないなぁと長年思っておりました。

そこで、お湯。お茶でならった「お湯」は、漬物とコゲたご飯と一緒に飲み/食べますが、僕の食事ではお湯だけですw

でも、それなりにおいしいです。食べた後の洗いものも楽です、一旦お湯を通していますので。

5.薄味になる。

最終的に器にあるものを全て食べるので、残った汁やタレも口に入れることになります。すると調理段階で、あらかじめあまり多くの調味料を入れないようになります。塩や醤油など、鍋に入れたものが全て自分の体に入ると思うと怖くてw

小さな頃は「味噌汁は最後塩辛いから残す」とか「タレは残す」とか しつけられましたが、どちらが良いかと言うと。。今はまだお試し中です。

6.正座する時もあり。

僕はパソコンを使うときは椅子の生活ですが、一日中椅子だと足がむくみます。

たまにはあぐらをかいたり正座したりも、心地よかったりします。しかも正座は、10~15分くらいしている分には苦痛ではないし、むしろ心がしゃっきりしたりします。ご飯に集中できたりしますし。

7.食事中にテレビを見ない/音楽をかけない

お茶で出てくる禅の言葉で「喫茶喫飯(きっさきっぱん)」がありますね。どうやら「食事中は食事に集中しよう。お茶の最中はお茶に集中しよう」という直接的な意味から、さらにもっと広い意味まであるようですが、とりあえず僕は、食事中は食事を味わうようにという意味で、この言葉を思い出しています。

今年はじめに半幅帯のワークショップのために富山へ行きましたが、中尾英力さんという懐石料理の料理人とお会いしました。

「もしも自分が食べられたらと常に考えてほしい」との言葉が印象的なのでした。

人を傷つければ回りまわって自分に返ってくるように、自然を傷つければその分人間にも返ってくるでしょうから、なるべく少なく命を頂く生活を送りたいなと思います。

8.魚を味わうようになった

P1010566

正式な茶会ではお茶の前に懐石料理が出てきます。その順番は、刺身→煮魚→焼き魚 のようになっているのですが、魚ばかりですよね! 西洋のコースのように前菜→魚→肉とはならないという。

茶会では煮魚がメイン料理として重きを置かれ、その前後に刺身(昆布じめだったり)や焼き魚が来るわけですが、そのような昔の偉い/偉くないの感覚を調理法を含めて感じ取るようになりました。

そうなってくると魚料理が楽しくなります。スーパーに行くとアジ・サンマ・イワシはもちろん、今日はイサキが安いな~トビウオはどんな味してるんだろ~とか関心が出てきました。

食べている最中も、アジはホクホクした食感だなぁとか、イワシって実は濃厚な味してるのね、とか気づいて記憶することも多くなりました。

9.器の正面を保ったまま食べる

お茶を飲む際には茶碗の正面を避けて飲んで、正面に戻して返すといった作法は広く習うところだと思いますが、飯椀とか汁椀なども、よく見てみると正面があるみたいです!

青海波だったり。IMG_20160616_150504
セイガイハって、源氏物語や雅楽の題名に出てきたりしますが、まさか器の柄でもその言葉が使われるとは知りませんでした。

器の正面を意識していると、口を付けたところが変わらず一定なのも心地良かったりします^^

10.食器棚が充実

IMG_20160616_235536

器の美しさを感じるなんて、お茶を習うまでは全く意識したことがありませんでした。

シェアハウスには数年間住んでいましたが、共同のお皿は自分が選ぶこともないですし、感じるのはグレードが高いか低いかくらい。その延長上で一人暮らししていましたから、お皿なんて、パーティーするために小皿やグラス、ティーカップなどを6セット以上用意しておいたり、大人数用の大皿があったりくらいで。

それが今では「やっぱ織部の緑色を背景に焼き魚を乗せるっしょ」とか、IMG_20160616_150529

「備前を水に浸してから酒を次いで、口当たりと手に持った感触がタマらん」とか、そんなんなってますwIMG_20160614_134823↑言っといてセイガイハ正面合ってないwww

 

今のところ

今は以上ですが、またあったらお知らせします 😀

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

茶道:家で気楽に練習環境を作るまとめ

IMG_20160324_170318

ぜんぜん着物の話題じゃないけど

店主はここ最近、裁縫もほどほどに、午後過ぎくらいから釜に湯を沸かし茶を点てて一人で飲んでおります。完全に隠遁生活を謳歌です 😉

さて、着物屋さんとは関係ない、茶道がメインの話題なのですが、この有用と思しき情報をネット上に載せておいたら、誰かが検索でたどりつくだろうと思うので、書いておきます。

また、着物は和の暮らしのインフラであって、着物を着て何をするかが大事ですよね。それはもう人により多種多様ですが、お茶は一つの例として見てもらえればと思います^^

もちろん着物でスタバや洋食屋さんに行ったりなど、それはそれで全然アリですが、「着物着たら和のことがしたい」という人のために、和の遊びや暮らしも発掘していきたいのです。

お茶の練習環境を家でマジメに整えるのは大変

稽古に通いつつ家で復習したいとか、単に家で点前をして心を落ち着かせたいとか、そんな希望を持つ人は多いと思います。しかし越えるべき障壁が多過ぎて実現できないんですよね。電気ケトルとお盆で盆略するくらいが限界ですよね。

でも正攻法で壁を越えなくても、裏門が必ずありますんで、工夫して楽~にいきましょう 🙂

では障壁を一覧して、一個ずつ解決方法をご紹介します。

  1. 和室がない
  2. 和室はあるが、炉を切っていない。土風炉がない。電熱風炉は高価。
  3. 釜が高い。
  4. その他の道具ワンセットが高価。
  5. 練習のたびに着物を着るのが大変。
  6. 「道具を出す→練習→片付ける」で時間がかかる

ざっくり問題はこれくらいですかねー。ではいってみましょう。

和室がない

ふすまと畳がないと困りますよね。

  • ふすまがない → 茶道口に道具を置いたり総礼したり ができない
  • 畳がない → 道具を置く距離感が分からない

僕は前に住んでいた物件では開きドアでした。練習中はドアを開け放しておいて、代わりに のれん を使って引き戸の気持ちでやっていましたw

畳がないと、正確な距離感がつかめないですが、一度ものさしではかっておけば、その後はだいたい分かります。僕の今度引っ越す先の物件は畳が通常よりちょっと小さいので。。それを分かっておけばいいかなと思います 🙂

和室はあるが、炉を切っていない

ヤフオクで炉縁を 千円~+送料 で買えます。それを畳の上に置きましょう。IMG_20160325_161729

土風炉がない。電熱風炉は高価。

土風炉と電熱風炉、どちらも数万円しそうです。ヤフオクで買う手もありますが、IHも一つの手です。61GMmiyBfdL._SL1000_参照:rakuten.co.jp

楽天の最安値だと、3,980円で送料無料です。

今のところ2つ試しましたが、釜ってIHに反応する模様です。

釜が高い。

中古なら、ヤフオクで2千円以下+送料のが多く出回っています。

僕自身、千円台で風炉釜を入手しました。炉釜も欲しいですがもうちょっと高いです。IMG_20160325_162042

 

その他の道具ワンセットが高価。

既にご存知とは思いますが、「茶道具・抹茶・備前焼のほんぢ園」などが安いですよね。

ネットショップやオークションを駆使すると、最安値でこれくらいです。

練習のたびに着物を着るのが大変。

襦袢やステテコなどは着なくても練習になります。帛紗を付けられればいいのですもんね。帯は兵児帯のふにゃふにゃのでOKです。

歩き方・座り方は着物の裾があった方が練習になりますし、着物の袖があれば建水の水が袖に付かないかといった意識も持てますし。

着物の畳み方は袖畳み(過去記事参照)でOK。

IMG_20160325_162307

襦袢がないので、洋服の上に着るとしっかりシャツが見えていますが、まー気にしないです。IMG_20160325_162433

袖からもシャツとセーターが見えています。IMG_20160325_162415

 

「道具を出す→練習→片付ける」で時間がかかる

だいたい1時間~1時間半くらいで完了しますので、平日夜にでもサクっとできますよ^^

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans