イベントレポート:抹茶飲み比べ会 ~ メーカーを横断して比較

IMG_20160818_172107

抹茶の飲み比べイベントを催してみましたよ

茶屋のウェブサイトを見ると、それぞれ茶屋内のお茶の種類を説明してくれています。「甘味があって濃茶にも使えますよ」とか「バランスが取れていて初心者にぴったり」とか。

でも伊藤園とか福寿園とか、メーカーを横断して「伊藤園の華の宴の味は***で、それに対し福寿園の青仁の白は***」といった味の比較の情報がないんですよねー。

最近は茶会を頻繁に催しており、仲間うちの領域を超えて もてなすこともあり、より慎重なお茶選びが必要となってきました。

そんな折に茶道の先輩から飲み比べ会の話が上がったので、会を催してみました。

企画の背景

先輩によると↓のような理由だそうです。

茶道を始めてから抹茶を好きになり、家でも飲みたくなりました。でも分からないことだらけで困りました^^;

  • どこで買えるのか
  • 茶屋ごとに特徴があったりするのか
  • 同じ茶屋でもグレード(価格帯)ごとに味の印象がどう違うのか

検索で「抹茶 おすすめ」「抹茶 おいしい」などと調べると似たような質問を多く見かけますが、どれも回答者が自分でおいしいと主観で感じるものを紹介するばかりでした。

「苦さ」「甘さ」「香り」といった客観的な言葉で、味を分かる情報を見つけられなかったのです。例えば香りも「弱い→強い」の1基準だけでなく、「青々しい」とか「花のよう」などと、色々な方向がありますし。

グラフで特徴や印象を誰かがまとめてくれれば、私の抹茶ライフが充実するのではと思いました。では自分で飲み比べ会を催してみようと思ったんです。

コーヒーや紅茶と同様に、抹茶にも「おいしい」「おいしくない」だけでなく、個性や特徴があるはず。それを踏まえて、飲むシチュエーションに合わせて抹茶を選びたいのです。

そうそう、お客や自分の好み、そして状況に合った特徴の抹茶を選びたいものですよね^^

着物の話題じゃないですが

そういえば全員洋服でしたw もはや着物からかけ離れています。IMG_20160819_195203

でもね、僕のやりたいのは着物だけじゃなくて、日本文化全体を僕らの生活のなかに取り戻すことなんですよ。読者の皆さまも、やっぱりそう思いません?着物だけでいいという人は、きっとむしろ少ないですよね 😉

めっちゃまっちゃ飲んだ

結論:苦行。

飲んだ抹茶の数なんと20杯。午後2時に始まり終わったのが6時半。

みんな最後はげっそりでした。エンターテイメントには程遠いのだと、やってみて初めて分かりました。

では、その経緯を追っていきましょう!

会のメンバー

共に飲み比べを行ったのは3人。元お茶屋さん、元食品系の研究者(今はコーヒーの修行中)、茶道の先輩。これだけ良い人材をそろえれば、なかなか説得力のあるテスト結果にるだろうと楽しみなのでした ^-^

集まってまずはスイーツ食べるの巻

食いしんぼの集まりのためか、飲み比べの前に、持ち寄った果物とマフィンを食べます。

IMG_20160819_153917

IMG_20160819_154551

IMG_20160819_153445

ちなみに抹茶の合間には干菓子を食べました。茶道の先輩の手作り^^

IMG_20160819_161240

左上と下は雲平(うんぺい)、右上は州浜(すはま)。

 

テスト方法の設定

店主はこの店を始める前にITの技術者をしていたのですが、その仕事内容はテストでした。製品の品質チェック的な。今回は抹茶のテスト。でも、僕は味覚にあまり自信がないのでテスト中は書記ですwIMG_20160819_154524

テスト方法・パターン

↓のように、条件を毎回同じにして茶を点てれば、違いがより明確になるのではと予想しました。

======

毎回の準備:茶碗は温める。茶筅を洗う。同じ人が同じ姿勢で点てる。

抹茶:3.0g(薄め), 3.5g(普通), 4.0g(濃いめ)

湯:140cc、75度C

かくはん:茶筅を茶碗の底近くで12回振り、真ん中で12回、表面で12回振り、最後”の”の字に回し引き上げる。

飲み方:4人で一口ずつ回し飲む。表層~低層で味が違うので、同じ一服で3周する。

======

IMG_20160818_154152

重さは0.1g単位で量れるメジャーを使いました。

基準値となる茶を最初に出す

最初は福寿園「青仁の白」を普通の濃さ(抹茶3.5g、お湯140cc。4人用です)で飲み、これから飲む茶の旨味・甘味・苦味を計る際に、これを真ん中とする。IMG_20160818_173032

多めの一杯を点てて回し飲みます。表面、中ごろ、底面で味が全然違うので、3周します。飲んだ感想を紙に書いて、感想を言い合います。

IMG_20160819_185054

飲んだお茶

 

IMG_20160818_172107

↓の順番で飲みました。

  1. 福寿園「青仁乃白(せいじんのしろ)」
  2. 伊藤園「華の宴(はなのえん)」
  3. 芳翠園「九重(ここのえ)」
  4. 一保堂「京極の昔(きょうごくのむかし)」
テスト結果

細かいことはよく分からなかった、というのが第一の結論ですw

甘さや苦味、口当たりなど各基準で見てもらったものの、みんな違う感想なのでなかなかまとまりません ^ー^;

シチュエーションごとに分けた感想

でも、「***で飲むなら何がおいしかった?」と聞くと、だいたい感想・印象が一致するようです。

シチュエーション お茶 理由・印象
本日のベストは何でしたか? 伊藤園「華の宴(はなのえん)」 バランスが取れている。香りが草原の中のレンゲの華のように可憐。
ランチ後の一服なら? 芳翠園「九重(ここのえ)」 苦味(ロースト感)もあり、しっかりしている。パリっとした印象。
起き抜けの一服なら? 福寿園「青仁乃白(せいじんのしろ)」 旨みが強く、香りは野菜(中でもウリ)のような青さ。
茶会の薄茶席で飲むなら? 一保堂「京極の昔(きょうごくのむかし)」 味が濃いめで香り豊か。苦味もあるが旨みもあり、後味が長い。

 

今後

↓が今後の改善点など。

  • 薄めでも濃いめでも、全体的な印象は変わらない。普通の濃さだけ飲めばよい。
  • 2種目までは楽しめたけど、後半は疲れてくるので4種目の印象は悪くなり不利。
  • 「薄茶」って全然薄くないw 20杯飲んだら胃が大変(普通飲まないけど)。

どうですかねぇ、これの軽い感じのイベントならやりたいと思いますか? ^-^

和室で良い景色を見ながら、違う種類の抹茶を3服飲むくらいな。で、「ワタシはコレが好きだ」としゃべってみるとか、次回の茶会でこれ使おうとか、普段使いの参考にしようとか。

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

イベントレポート:着物を着ない会8@渋谷スタバ

IMG_20160826_103004

暑い日でした。

2016/8/26(金) 午前9時半過ぎ、JR渋谷駅からスクランブル交差点を抜けて渋谷公園通りの坂を上ります。

日陰を歩けば涼しいですが、朝の日でも当たると暑い。

スタバは快適

IMG_20160826_104537

スタバ内に到着して、しばらくパタパタ扇子で扇いでおりましたが、じきに暑さが落ち着き、快適空間。

IMG_20160826_104524

レモンケーキとカフェミストのトールを頂きながら、参加者の到来を待ちます。

着物を着ない会とは

毎月店主が都心のスタバに出没しています。

着物未経験者が、

  • どんな店で買うべきか
  • 新品、中古、既製品、オーダーメイド、どれがいいの?
  • フォーマルな着物とカジュアルな着物の違いは?
  • どうやって着方を学んだらいい?

などの疑問を聞ける場所として、店主がおります。

僕が答えられない場合もありますが、着物の先輩方が現れて、代わりに詳しく答えてくれたりすることも頻繁にあります。

また、着物を買ったし着付けも習った。でも着ていく場所がない。。というデビュー後の人が行く場所としても待機しております^-^ 着物を着てコーヒーを飲むだけで楽しいじゃんということで。

来てくれた人

さて、今回はサワヤカ好青年が洋服で、着物を普段から来ている女性が和服で現れました。

IMG_20160826_121932

その好青年からいろいろ聞かれたので答えました。

「女友達と一緒に呉服屋に入ったら、男着物も少しは扱っていました。デビュー用に全部そろったセットで見積もってもらったら数万円かかるとのこと。ちょっと高いなぁと感じました」と。

僕ら着物屋さんとしては、洋服でいうオーダーメイドのスーツだけでなく、ユニクロのように既製品でカジュアル服を安く売る実店舗もあっていいですよね。

なかなかそういったお店は見かけず、反物を出してきて数万円単位のお買い物となることが多いです。

ネットには例えば「京越卸屋」という既製品で安い店がありますので、こちらの「メンズ着物フルセット」 19,600円 をオススメしておきました。

↓の通りにアドバイスしておきました。

  • どのパーツを集めたら良いか分からない段階だから、まずはサクっとひとまとめで買って着物を始めちゃったらいいですよ
  • でも既製品だからどうしてもサイズが不満な点が出てきてしまいます。これは着ていくうちに感じることだから、その時になったら改めて個々のパーツをオーダーするなりして、自分の予算に合わせて買い足していけばいいと思います。

その彼は弓道を昔やっていて袴を持っているし、着物の着方も分かるとのことでした。なので着付け教室やyoutube着付け動画などの案内はしませんでした。

あと、門前仲町駅近くの、中古ですごい安い着物屋さん「ながしま」も中古でサイズ合わないかもだけどいいところだと紹介しておきました。袴をはけば裾の短さは隠れますので。

 

IMG_20160826_132022

さらに、普段から着物を着てらっしゃる女性お二人も。

着物経験者同士の話はとても奥が深いので、僕はアドバイスする側ではなく学ぶことが多いのです~ 🙂

今回その経験者の方々は皆さん初対面同士でしたので(僕は何回も既に会っていますが)、僕がお互いに紹介しておきました。

このように、着物を好きな方々がおしゃべりできるお茶飲み場としても使えるような場を、これからも月1度のペースで作っていきたいものです^-^

 

次回はたぶん、大塚駅近辺のスタバにて、9月22日祝日です☆

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

料金表:洋裁地×男着物×おあつらえ

C360_2015-12-16-11-56-39-919_top

長着の料金ですよ。

「長着は当店に注文来ないっしょ。既製品ならネットで数千円だし、おあつらえは他店に行くし」と思って帯ばかり作ってきたんですが、最近なにかと長着(着物)の問い合わせを受けます。「長着作りたいんですけどー、生地はあるんですけどー、できますか?おいくらですか?」的な。

ふだん長着といえば時おりデニム長着を受注する程度ですが、そんなお問い合わせを頂くとテンションが少し上がるのです 🙂

料金表ありますか?って聞かれたので、一応作っておきます。どぞご参考に 😉

仕立て代

洋裁地の仕立ては15,500円です。

これには

  • 送料
  • 糸代
  • 諸経費

が含まれます。当店が洋裁地を用意する場合はここに生地代が乗ってきます。

洋裁地ではなく反物のお仕立ては、別途お問い合わせください。

送料

当店からの送料は無料(当店負担)です。

当店への布地の送料はご負担ください。

お支払い方法

事前の口座振込みのみです。振り込み手数料はご負担ください。

納期

生地を当店が用意する場合、お支払いの確認から発送までは、20日ほどです。

生地をお送り頂く場合、

  1. 生地の到着
  2. お支払いの確認

ができてから発送までは、2週間ほどです。ちょうど色の合う糸がなければ取り寄せにもう数日かかります。

用意する洋裁地のサイズ

お客さまが用意した洋裁地をお仕立てする場合、必要なサイズは和裁の反物と同じサイズでもいいのですが、たいてい洋裁地って幅がとても広いですよね。狭くても80cmくらい、広ければ120cmとか。

着る人の身長にもよるので必要な正確な長さは問い合わせの際にお伝えしますが、だいたい6.5m~8mくらいあれば足ります。幅が1mほどあれば、6.5mでたいてい足ります。

必要な布地のは、裄丈(ゆきたけ)+縫い代7cmです。例えば店主は身長178cmですが、75cmの裄丈です。裄丈75cmであればプラス7cmで82cm幅の布地であればギリギリOKです。

※一般に裄丈は身長が1cm下がるごとに0.5cm短くなっていく傾向にあります。

以上です。

いやー久しぶりにブログ記事でまじめな文面にしてしまいました。

まじめトークをすると空気が固まるから、なるべくしたくないんですよねー。

ということで、何かご質問などありましたらメールでもコメントにでも 😉

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

イベントレポート:かしこまらない茶会2。男着物を着せました

13987409_848393668624113_3459081257414232926_o

ちゃーするのだ

最近はイベントに力を入れています。いくら着物を作っても、価格を落としても、着物を着る場所がないと着物は着てもらえないと思うからです。

「かしこまらない茶会」と題した茶会もその一つです。「ちゃーのむからおいでよー、庭園のある和室だよー」っていうと人が集まる。そこで「着物あるから着てみー」っていうと着てくれるんですよw カンタン・無意識に着物デビューさせられるので、おもしろい活動です^^

荷物の限界で2人分の男着物しか持っていけませんでしたが、テストとしては上々の結果です。これを増幅させていけばいいだけなので 😉

女着物もやりたいですが、着付けには時間と手間がかかるので、今後はワンタッチ着物とかを開発して持っていきたいです。

こうして、「着付け教室に通う」や「呉服屋さんで買う」ではない着物のデビュー方法を開発していきます。

お茶した風景

さて、庭園のある茶室ですが、当日の天気は快晴でした。

14125087_1142753625784027_1801424311839296494_o

きれいな空ですねー^^

今回使ったのはこの茶室ではないですが、こちらも素敵なところです。14054272_1142753699117353_3215101824543783953_o

13987439_848393675290779_3334027541610258309_o

茶室の内側から外を見ると、景色が一枚の絵になっています。マジで借景。

13995370_1142753642450692_8740341013705224195_o

母屋です。

14021743_831180137016165_9132585575195783643_n茶室と庭と、着物男子。

14039931_831179927016186_2329136209271943089_n

鯉もついて来ます。

茶室内

 

IMG_20160821_142032

12畳です。主客あわせて11人でしたが、けっこう詰め詰め感がありました。

IMG_20160821_142710_1

僕んちの近所から摘んだお花を持ってきましたよ。芙蓉(ふよう)と槿(むくげ)。

14066385_848393175290829_4386361461799103353_o (1)

参加者さんのご家族は書の先生で、おフダ?を書いてくれました^^ 心静かなれば、すなわち身は涼し。いいですね~季節にぴったりですね♪

14086233_848393178624162_1266447277939352009_o (1)

こんな道具の組み合わせ。

お客さんの様子

 

IMG_20160821_151724

ピーク時はこんな感じで にぎわっておりました♪

14068530_848393528624127_5657248852720819681_o

イマドキなメンズ2人も来てくれたり。。こういう方々とこそ、共に着物を着たり日本文化を楽しんだりしたいものです。

IMG_20160821_154711

お茶を点てる体験です。一人一回ずつ、釜の前に座って茶を点てます。

14021711_831180117016167_6020275508998128578_n着物を着せましたよー^^ 彼らは元々洋服で来ていましたが、僕の持ってきた着物を着てくれました。ノリが良い。襦袢は無いですが。。

お茶とお菓子

 

13814060_831179990349513_8705772908271759181_n点前をしながら亭主も点てますが、同時に水屋(みずや。キッチンのこと)で半東(はんとう。役割の一つ)が点てて持っていきます。9人のお客さんなのでとてもハイペースです。

僕は普段自宅の4畳半に、2人~5人くらいのお客しか呼びません。なのでこのように大きな茶室で大勢をもてなすって、新しい経験です^^

IMG_20160821_143634最初はお客さんが3人くらいしかいなかったので、主菓子を3つだけ。全員違うお菓子になるよう、池袋の西武百貨店で一生懸命選んだんですよ~ 😀

14053779_848393181957495_7769980490512417436_o

お客さんが増えてきたので盛り直して。。

14107900_848393281957485_3152584449678564851_o

14066319_848393261957487_6003302428392988223_o

14089630_10208783892689125_988130489_n

14068307_831179930349519_3129209857752634880_n

こちらの干菓子は雲平(うんぺい、左奥)と州浜(すはま、右手前)で、もう一人の主催のお手製です^^

14053853_848393548624125_8023660276881559039_o

点前

基本的に僕が点前をして、シャベりながら茶を出しておりました。

14047376_848393738624106_9068865778494998934_o

14047310_848393485290798_433851064886350549_o茶碗熱いです。

14064224_831180063682839_197042022030268139_n

お客さん視点だと、点前の向こう側に景色が見えるのでアガります。

14054493_848393705290776_596807256635131868_o

湯気もいいですね。

14086222_848393361957477_9054702379488799758_o

点前をしながらも、世間話や質問が来るので、説明などしながら進めます。

アフター

会が終わると「ここから本番でしょ」ばりに元気が出て飲みに行くモードになる人がちらほら。

2件行きましたよ。2件目は男だけで恋バナしてました^^

IMG_20160821_202138

2016年8月21日のことです。

今後

参加者の一人が仕事でビールについて学んでいるところなんですが、次回はこれのビールバージョンがやりたいらしいですw 題して「かしこまる飲み会」。

ビールってさわがしいところで飲みがちですが、落ち着いて静寂の中で味を見る飲み会もいいじゃないか、ということらしいです。お菓子の取り回し方(細かいのを数多く皿に乗せて、皆で取って回す)も気に入ったそうで、同じ方法でビーフジャーキーなどのつまみを取り回したいのだそうです。

彼は茶道全くの未経験なので、僕が手伝います。どうするんだか分からんですが。。(@~@

ま、僕は僕で淡々とこの「かしこまらない茶会」の続編を続けて改善していきますよ 😉

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

考え中のイベント三種

img04

最近は着物も帯も淡々と受注を頂くままに作りつつ、イベントを次から次へと開催し、どうしたら着物人口が増えるかを模索しています。今日は、今後どんな方向を考えているのか紹介しますので、ぜひ感想などほしいです、今後の参考にしたいので^^

かしこまらない茶会 続編

茶室を借りて、未経験者を呼んで楽しく茶を飲もうという会で、先月やってみました。当日の様子を動画にまとめてみました。

これをもうちょっと続けて、内容を微調整しながら月1度くらいのペースで小規模にやってみようと思います。

例えば前回は着物・浴衣を持っている人は着てきたり、持ってきて現地で着たりしていました。次回は男用の着物を僕が余分に持って行って、現地で「着物もあるから着てみたら?」とオススメしてみます。

さらにその次からは、着物をワンタッチで着られる女物もあるといいなと思っております^^

すると、抹茶を飲みに行く→いつの間にか着物着てる みたいな流れになるのではと 😉

 

抹茶カフェ

茶会ではなくて、席に座ってお茶やお菓子をオーダーして、友達としゃべったり一人で読書などできるようなイベントも考え中です。

メニューを試しに作ってみました。

IMG_20160809_172942

IMG_20160809_173007

午後のいっぷくせっと 薄茶一服 和三盆 400円
主菓子せっと 薄茶一服 練り切り 900円
午後のおしゃべりせっと 薄茶二服 練り切り 和三盆 1,200円
お濃茶せっと 濃茶 練り切り 1,250円
後座せっと 濃茶 練り切り 薄茶一服 和三盆 1,650円

また、和風かつスタイリッシュなお部屋で、テーブルと椅子に座るのがいいかなと想像しています。さらにお点前も見られたらいいのかなと。そこで、合成写真にしてみました。こんな感じのカフェだと、ささります?
和文化にカジュアルに触れることで、着物もいいかも、ステキかも、と思うきっかけになるでしょうか。

img04

 

着物を着る会(逆に)

今までは「着物を着ない会」でした。

が、そろそろ普通の「着物を着る会」もやりたいなと。よくある「着物着て街を歩いて、抹茶飲もうよー」みたいな?w

他の団体がたくさんやってるっぽいから、今さら僕がやらんでもと思ってたんですが、横浜の呉服屋の若旦那とコラボしようみたいな話になったので、こんな正統派なイベントもやってみてもいいかなと思ったわけなのですよ。IMG_20160330_113904

若旦那としても、呉服屋を恐がることなく、まずは着物の良さを知ってもらう活動をしたいみたいなのです。扱う商品は違えど、そんな点で一致するので、一緒にやった方が大きなことができるのでいいんじゃないかと。

コースは例えば、

  1. 当店の着物(かも)を無料貸し出し。着付けてもらう@若旦那の横浜の店。kurumaya1
  2. みなとみらい近辺をお散歩。ウィンドウショッピングして、店員さんに「素敵なお着物ですね」とか言われてみる。大規模なショッピングモール、ランドマークプラザ-4532参照:planetyze.com
  3. ランドマークタワーの茶室で抹茶とお菓子を頂くtea参照:yrph.com
  4. お店に帰って着物を脱いで解散。
  5. たぶん脱いだら緊張が解けて「じゃ飲みいこっか」って言い出すと思いますw ここから本番みたいな。
  6. できれば僕個人としては、どこかのタイミングでコーヒー飲みたい。。w

着物人口の普及が目的ですが、それ以外でも率直な感想などお待ちしてます^^

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

イベント告知:着物を着ない会8@渋谷スタバ 2016/8/26 AM10時

16897615参照:tabelog.com

初回の場所に戻ってきます

この「着物を着ない会」シリーズを初めてやってみたのがこのスタバ渋谷公園通り店。

「一人でもやります」と書くものの、なんだかんだで毎回どなたかが来てくれて孤立をまぬがれています 😀

もう8回になりますが、毎月このようにして誰かの着物デビューを応援したり、着物を着て出かける場所を作っていきたいと思います。

着物を着ない会って

「着物を着る会」は全国に多々あると思います。「着物を着るからおいでー」って声をかける。

この場合、

  • 着物を持っていて、着物の着方を知っている
  • 着物のレンタル屋で着せてもらう
  • 着物を持っていて、美容院などで着せてもらう

といった方法で参加することになります。

しかし、

  • 着物を持っていない
  • 着方が分からない
  • 着方はなんとなく知っているけれど、街に出て恥ずかしい思いをしないか不安
  • 自分に似合う着物がどんなのだか分からない
  • 着物はそのうち買いたいけれど、何をそろえればいいか分からない
  • どの着物屋さんに行くべきか、ネットでも買えるのかすら分からない

といった、最初のスタート地点でのモヤモヤした疑問をお持ちの方って多いと思うんですよね。

このような疑問に答える場所として、店主が月に一度、都心のどこかのカフェに現れようという趣旨です。

なので着物のイベントなのですが、洋服で来てもらってウェルカムです。僕は着物/浴衣ですけどね^^

詳細

日時:2016年8月26日(金)午前10時~11時半
場所:スターバックス・コーヒー 渋谷公園通り店
会費:なし。自分のスタバ代のみ。
持ち物:なし
ドレスコード:なし

外観写真

このような場所です。

20151217googlemap1

20151217googlemap2

20151217googlemap3

 

 

「とりあえずのぞいてみるか、んで5分で帰るか」くらいでいいですよ~^^

今回は既に2人来るとの連絡がありました。ではお待ちしてます 😉

 

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る: