6月の東京で、男着物は何枚着ると快適?店主の写真で解説します。


6月の東京で、男着物は何枚着ると快適?

こんにちは、店主のヒロです。

最近の6月は暑いですよね~。もう夏でしょと感じます。

気候の変化と共に、「6月はどれくらい着込めば篤くない/寒くない?」という疑問にお答えします^-^

 

店主はこうやっています

それでは実例で解説します。

.

こちらはインスタに載せた写真ですが、茶会で抹茶と和菓子を頂いてからスタバでコーヒーとチーズケーキという流れでした。

カバンには茶会で粗相の無いよう白足袋を、寒いときのために超薄手の羽織を入れてあります。

着物は絣(かすり)で単衣(ひとえ。裏地がない1枚だけの着物)。スースー空気が通ります。着物って長袖の割には腕~脇が服に密着しないので、比較的涼しいです。

洋服だとこの季節、もうみんな半袖ですからね^^

足袋ではなく指付き靴下で、くるぶしまでの短いタイプで涼しいです。

 

着物の下には何も着ていません。襦袢も着ていません。

半衿は付けていますが。。半衿は首に巻いてネクタイピンで留めているだけなんですよ(笑)

この着方だと涼しいのですが、汗を着物が吸うので、着るたびに着物を洗濯機のドライモードで洗っています。

 

.

こちらはアメリカ人の友人が出張で訪日していたので、恵比寿の蕎麦屋に連れていきました。

この日はもう暑くて、友人はコンビニやカフェでアイスクリームを見つけては食べていました。

 

僕はもはや浴衣のように、着物を半衿・羽織・足袋なしで着ていました。

内側には肌襦袢も何も着ません。

 

彼は「日本は美人ばかりだね!」と道を歩く人をながめては驚いていました。

僕は「恵比寿だからだよ。他のエリアはちょっと違うので見てみて(笑)」と答えておきました^^

 

.

この日はけっこう涼しかったのです。6月って夏のように暑い日もあれば、梅雨に入り寒いぐらいの日もありますよね。

木綿着物に半衿だけ付けて襦袢を着ず、薄手の羽織。

ちなみに羽織紐には、うちの家紋を入れています(^-^ 羽織に家紋が入るより、カジュアルで楽しげになりますね。

.

男友だちと渋谷のカフェで会う日だったのですが、せっかく男同士なのでラーメンにしました。

デートだとラーメンには、なかなか行きづらいですからねw

 

.

↑のアメリカ人の友人と渋谷駅構内で待ち合わせ。この日も暑かったので、ポリエステルの単衣の着物だけで、半衿・羽織・足袋は着ません。

 

.

この日は御茶ノ水で日本酒の会がありました。そこから、すごーく酔っ払ってピザ屋でワインを飲んでピザを食べ、マックかコンビニかで迷ったあげくコンビニでカップラーメンをすすることに。コンビニ前の柵に座っているところです。

着物は単衣(ひとえ)のポリエステルに、襦袢・足袋ナシで羽織だけ。普通、襦袢を着ないのに羽織って着ませんよね?でも僕はその方が着心地がいいんです。

襦袢を着てしまうと、暑いときにそれ以上脱げないんです。道端で着物を脱いで襦袢姿にはなれないですよね^^;

でも、着物と羽織で「ちょっと暖かい」くらいで外出して、暑くなったら羽織をさっと脱げる方が快適だなぁと(^-^

足袋も一応カバンに入れています。電車やお店の中で、クーラーが強く効いていたりして、足元が冷えることがありますからね。

 

ということで

年々暑くなっている日本列島ですから、浴衣のような着こなしをする期間が長くなっていくのだと思います。

とはいえ店内などはクーラーが効きすぎますから、羽織や足袋を持ち歩くのが妥当ではと。

当店でも、麻の着物や薄手の羽織など、今後そろえていこうと思います^^

 

 

IT部:和裁の計算を自動化。身長を入れるだけで、数値を合わせたマニュアルを生成

mk_img_wasai_kimono

オープン・イノベーションですよ

プロ・アマともに皆さまが使える、無料アプリを開発しました。元々は店内で使うためでしたが、オープンにします。

「着物を作るのって難しそう」、「和裁はプロでも2日かかる」などと思われていたものを、9時間程度で作れるようにしています。

※ 着物は別に1日で作れるけど、という人がいましたらスミマセン、私の勉強不足です。

使い方

http://wkimono.tokyo/wasai_kimono_input.php

↑こちらからページを開きます。

すると、↓のように身長を選択できます。

20180531

すると、細かな数値が入ります。

20180531_2

通常、和裁をする人/職人はこの数値を踏まえて、自分で計算して布地に線を引いていくのですが、その計算をウェブで代わりにやってしまおう、というプログラムです。

そしてマニュアルとして出力してくれるのです。

マニュアル例

例えば店主の身長の178cmであれば、このようなマニュアルになります。

 

このようなアプリって、ありそうなのに今までありませんでしたよね?

裁縫職人の仕事を海外に出すのもいいですが、ウェブで自動化して、職人の仕事を簡単にして、国内で初心者でも仕事を始めやすくする、という工夫も大事なのだと思います 🙂

 

イベントレポート 着物を着ない会14:着物を着る空気を作れなくてゴメンナサイ

IMG_4049

男友だち、着物経験者二人きてくれたが。。

こんにちは、ワカモノキモノ 店主のヒロです^^

先日は↑のメンズたちが「最近着物着てないなぁ、着ようかな」という気分になったので、じゃ渋谷のスタバで集まり、ついでにたまには「着物を着ない会」でも催して、迷える未経験者さんの質問にでも答えようかなーと思ったのでした。

ところが、↑二人は前に一緒に着物を自宅や外で着たことが2度3度あったのですが、今回は二人とも洋服。理由を聞いたら。。

  • 引っ越したばかりで、着物がダンボール箱の中のどこかに行ってしまった。
  • 今日はこの後クラシックコンサートを聴きに行くから、やっぱ革靴じゃないと。

といったところ。

あーもうこれは、着物業界は目の前の販売に一生懸命で、着る雰囲気作りができていないのだなと思いました。

  • 着物って頻繁に着るものだよー
  • 着物は洋服と一緒にタンスにしまうんだよ、遊び道具みたいな別枠じゃないよー
  • クラシックコンサートこそ、着物で行くとかっこいいんだよー
  • カフェに着物で来てもぜんぜん変じゃないからねー
  • コーヒーこぼしても洗剤でゴシゴシ洗ってもいいんだよ、実は安いからまた買えばいいんだよ~

といった呼びかけをしていなかったり、浸透していなかったりするのだなぁと。

メンズたちは、せっかくちょっとでも「着ようかな」と思ってくれたのに、そんな環境や意識を作れていなくて、僕の力不足なのですよ。

では、なぜ彼らが来たのかというと、単純に僕としゃべりたかったんでしょうねww

それもまた楽しい休日なのです^^

僕は、暑い中歩いてきたのでフラペチーノのバニラ味を食べたあと、暖かいコーヒーが飲みたくなり、↓のクッキーとともに。あーおいしかったー 😀

IMG_4050

そして一人がコンサートに行ったあと、僕の奥さんが合流し、残る一人と一緒に別のカフェでサンドイッチ。

IMG_4054

LIBERO CARTA 渋谷店。

https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13214622/

いやー、味はとってもおいしいのでまた来たいのだけど、さめてる。。コーヒーもさめてる。。w 温度も大事ですよね。つぶれずに改善を続けて頂きたい。

じゃ、どうしたら着物を着るのかというと

僕の周りの男友達は、着物を持ってるんですよ、けっこうな割合で。僕が着物をあげたり、着物屋さんに連れてったりして。

でも彼らが着るタイミングもあって、総じてこんなです。

  • 今日は着物を着る日だからね、そんなイベントだよ! 茶会、着物でお出かけの会、浴衣で船上ビール飲み会、浴衣でビアガーデン、歌舞伎鑑賞などなど。
  • みんな着物を着てるから、はずかしくないよね、浮かないよね! 😀 安心~

みたいなww

なんでもない日に着物は、「決して」着ないみたいです^^;;;

やっぱ着物を着るのが当たり前の雰囲気を作らないとですよね、業界が。

服って空気読んで選ぶものなので、デキるメンズや優しいメンズほど空気を乱したくなかったりしますし。

ワカモノキモノは着物販売も続けますが、同時にこの空気作りもやってかないとー、やりますよー (^o^)/

 

着物を着ない会14 2018/5/27(日) 告知

着物って、デビューしたくても方法が分からない人いますよね。
着物の会に行きたくても、そこに着て行く着物がない。

そんな人のために、店主がスタバでコーヒー飲んでるだけの「会」を催します。質問があれば来てしゃべりましょう~

会費:なし。自分のスタバ代だけ

日時:2018/5/27(日)

午前11時くらい~12時半くらいまで店主が着物を着てそこにいますので、どうぞ話しかけてください^^

場所:スターバックス コーヒー 渋谷公園通り店 〒150-0041東京都渋谷区神南1丁目7-7

Facebookイベントページ

今のところ男友達二人が着物を着てくる予定です。

丸田ねーさんの着物コメント集。コーデやシチュエーションを楽しく学べる

maruta5_w400

当店の半幅帯などの商品ページで、アドバイスを書いてくれている丸田ねーさん。

着付け・着物経験の豊かなこのお方の書くコメントは、コーデやシチュエーションを楽しく学べて「ほぉほぉなるほど (^o^ 」となれるのです♪

そんなコメントを集めたページを作りましたよ。読み物としてほんとにおもしろいです~^^

こちらから。https://www.rakuten.ne.jp/gold/wkimono/maruta_comment.html

坂本竜馬の「衿くらべるぜよ」

120_4

半衿を付け替えるのだ

坂本竜馬に、もしオシャレをさせたら。。? 着せ替え人形のように衿を合成して、付け替えてみました。

こちらから。 https://www.rakuten.ne.jp/gold/wkimono/ryoma.html

 

樋口一葉の「衿くらべ」。

こんにちは。ワカモノキモノ 店主のヒロです。
五千円札の樋口一葉さんですが、襟をすご~く広く取るスタイルのようで、僕は好きです。
この人の写真に色を付けて、いろんな半襟を合成してみました。

80_2

73_2

などなど、

https://www.rakuten.ne.jp/gold/wkimono/ichiyo.html

にて100通りを超える組み合わせを見られます^-^

和婚:花婿(ムコ)の衣装屋での役割4つまとめ。ガヤ、撮影、予算、客観的印象

これから結婚式の衣装を見に行くというカップルの皆さんのために情報を残します。奥さんが旦那さんに事前にこのページをシェアしてあげたら準備ができるかも
(*^-^*)

花婿は花嫁に、衣装屋に「連れて行かれ」ます。あまりにもどうしたら良いか分からなさ過ぎて、スマホを見てしまったりするかもしれません。でもそれは悪意ではなくて、単に役割を知らないだけなのかもしれません。

今日は僕自身の体験を通して感じた、その役割をお伝えします。

1.ガヤ

テレビに「ガヤ芸人」っていますよね。取り巻きになって脇役として、リアクションを取る。「すげー」とかびっくりしてみたり、みんなで一緒に笑ってみたり。

花嫁がスタッフと一緒にコーディネートを考えたり着たりしている際、スマホいじるよりも一緒に周りでリアクションを取ってみましょう。

例えば。。

  • それいいね
  • きれいじゃん
  • 色が華やかだね
  • かわいい感じだね
  • 質感がいいね
  • 後側の柄がきれいだ

などなど。そうするとスタッフも気分がアガってきたりします(たぶん)

2.スマホで写真撮影

花嫁が試着をしたら、スタッフから許可が出たら、写真を撮っておきましょう。

花嫁は自分の姿を遠くから見られません。後姿も見られません。

後で振り返って検討するために、前からと後ろからの写真を撮っておくとベターです。

3.予算管理

自分の試着をしながら予算とのバランスを取る、というのは実は大変です。

予算って一般的には流動的ですよね。「絶対に**万円まで」と決まっているケースよりは、「だいたい衣装には**万円までで、そこが増えるなら披露宴かハネムーンを少し抑えれば予算内になるし、別に全部マックスでやっても後でまた稼げばいいか」くらいだったりしませんかね^^

そんなことを考えながら、白無垢・色内掛け・引き振袖などたくさんある衣装の中で選んで、かつ小物も含めたトータルコーディネートも考えなくてはいけないのです。

そこに予算も入れて考えるのは大変。

花婿は横で見ていて、「そこまでならイケる」とか「それ越えると別の予算を削らなきゃだよ」とか、邪魔にならない程度に伝えてあげましょう。

4.全ての試着の印象を覚えておく

試着をしている本人の花嫁は、ひいた客観的な視点で一つ一つの衣装を見ることができません。特に試着室では照明が明る過ぎたり、鏡との距離が近過ぎたり、後姿を後で写真でしか見ることができません。

実は、花嫁の試着全てを客観視するのは、花婿だけなんです。各お店のスタッフでもありません。

最終的に花嫁が迷っていて感想を求められたら、参考程度に自分からの印象を伝えてあげましょう。

 

それでは、ムコの皆様グッドラック 😉

和婚:衣装屋4軒回った花ムコの感想。やっぱりトータルコーディネートが大事

IMG_1995

↑この格好で衣装屋の試着に行きました。羽織の背中には一つ紋を入れています。

こんにちは。着物屋の僕が和婚することになりました。花嫁と一緒に衣装屋4軒を回った感想をお伝えします。

※あくまで個人的な感想であり、専門知識に裏付けされたものではありません。

1軒目:CUCURU

事前に見ておいたインスタはとてもロマンティックですばらしく、既に気に入っていました。衣装自体も素敵ながら、その現代的なコーディネートとカメラマンの演出が美しい。

着物は伝統的なまま、小物や持つ花を現代のものにすることで、今の感覚から見ても素直にいいなと思える仕上がりになっています。

花嫁衣装を素直にやると、時代劇のコスプレみたいになってしまうので。。黒の引き振袖に和髮、角隠しみたいな。バブル時代っぽくもあります。

お店の立地も表参道駅近くで、内装もすっきり整理して、全ての着物が一覧できるようになっている。

試着も楽しく、スタッフ自身の感性で掛下や剣?、伊達襟など小物のコーデをオススメしてくれる。

後は価格ですね。。どの婿も予算面でハラハラや懸念が多かれ少なかれあると思いますが笑、4軒の中で最も高いのかも?

ハートは一軒目にして完全にこの店に持ってかれてるのですが^^

2軒目:晴レの日

ウェディングのプランニングの会社だけあって、衣装意外の話しがとても多い。披露宴はどこでするのかとか。

衣装は一覧できるようになっていず、要望を聞き取って奥から出してくる方式。花嫁から要望は伝えたつもりだが、出してきてもらった衣装は、なんか違うな。。という印象。また伝えて持ってきてもらってもいいのだが、結局1点ずつ持ってきてもらうので効率が悪く、それ以上見るのはあきらめてしまいました。

ここでは良い衣装はあるかもしれないが、見られる数に限界があり、決めようがない、という結論。

しかし花婿的にグッドポイントなのは、奉仕人というサービスを行なっている点。式当日に「そろそろ式ですよー」とか呼びかける人は、神社にはいない。そこでそんな人を

3軒目:ビタースイート築地店

2軒目の系列店だが、こちらは一覧できるようになっている(たまたま展示会シーズンだったらしい)。築地にあるので、終わったら寿司が食えるという、婿側のモチベーションになる。

衣装は一軒目のククルと同じと思われるものが発見され、ひょっとしたら制作元はどこも同じなのかもしれない。。相楽刺繍の衣装はどこにもあるみたいだし。

すると衣装屋を比べるなら、

  • 白無垢は同じ
  • 価格はククルだけ高い、他は同じくらい
  • トータルコーディネートを提案してくれるのはククルだけ。他は白無垢だけ試着して「決めますか?」という姿勢。

僕は最初にククルに行ってしまったので、他の店で「トータルコーディネート」という言葉を出したときに店員さんは皆「?」という反応でした。どうやら一番外側だけを販売したら仕事はおしまいで、内側や髪型、髪飾り、履き物とのバランスは「白無垢だし、全部白でいいよね」くらいの認識を持っているように見えました(あくまで僕の主観ですよ)。

しかし僕の感覚としては、髪飾りや花、小物で現代感を演出するククルのトータルコーデと他店の白無垢のみの意識では、昭和と平成くらいに時代感が全然違います。他店で決めるなら、自分なりに小物を意識して選ぶ必要がありそうです。

このお店は2軒目の「晴レの日」と提携しているようで、ビタースイートと契約するなら衣装のみここで借りて、着付けや奉仕人サービスは晴レの日と契約することになる。

4軒目:サンコレクション

建物が第二次世界大戦の空襲で焼け残ったアンティークの家屋をオシャレにリメイクしたもので、行くだけでテンションが上がる日本橋店。

接客もキビキビとして心地よく、嫁さんの話だと試着の着付けが最もスピーディで手馴れている感じだったとのこと。

明朗会計で客としても非常に助かる。***神社プランで、コミコミで**万円となっている。あとは出席する家族の着付けやヘアメイクでオプション料金×人数となり、僕でもよく理解できた。

安いかというと、同じ価格帯の「晴レの日」の料金体系が理解できなかったので、価格の安い高いが判断できない。しかし言えるのはククルよりは安いということ^^;

 

参考になったでしょうか^^ ムコだけでなく花嫁にも役立つと良いのですが~

 

【楽天市場】日本一やさしい、男の半衿の付け方 (商品は半衿です)

日本一やさしい、男の半衿の付け方

半衿とは

.

着物の下に着る襦袢(じゅばん)ってありますね?その衿(えり)に縫い付けたり、取り替えたりする細長い生地を半衿(はんえり)って言います。

 

半衿って大事なんです

.

半衿ってスーツでいうネクタイみたいなもので、顔のすぐそばにあるアクセントなんです。

着物と同じ色にすれば統一感が生まれるし、さし色として別の色を持ってくれば華やかになる。

襦袢を2つくらいしか持っていなくても、半衿を10枚持っていれば、いろんなコーディネートやシチュエーションに合わせられるんです♪

 

裁縫が必要だけど

さて、半衿を襦袢に固定するには一般的に縫い付ける必要がありますが、皆さん裁縫って普段してますか?

小学校でやったっきり、というメンズがほとんどだと思います。

でも必要な裁縫スキルはこれだけ^^

1.玉結び (縫う前に糸の端を丸める)
2.なみ縫い (普通に縫うだけ)
3.玉どめ (縫い終わりに糸の端を結ぶ)

なんとなくできる。。全然うまくないけど。。 というレベルで十分ですよ♪

 

付け方

さぁ、いってみましょう。

※ 手順の番号を写真とテキストで、照らし合わせてくださいね。

.

1.当店から送る半衿は、縦半分に折り畳んで発送しています。

2.その半分の折り目にそって、襦袢の衿にかぶせます。まずは半衿・襦袢の衿の真ん中同士を、せんたくばさみで固定しておきます。

3.衿全体をかぶせます。

4.糸の長さをはかって切ります。

5.針に糸を通して、玉結びします。

.

6.重ねた衿(半衿の上、襦袢の衿、半衿の下) 全体を縫います。縫い目は10cmほどで、粗くてOK♪ これなら付けやすいし、ほどきやすいです^^

7.反対側の端まで縫います。

8.最後は玉止めをします。

.

9.襦袢だけ着てみたところ(左)、その上に着物を着てみたところ(右)

10.半衿が違うと印象も違うね、という例です。

 

それでは着物男子の皆さん、グッドラック!