帯用の生地を買い込んできましたよ

2015-09-29-22-18-27_deco

帯の生地の買出し

黒猫柄の帯が売れてしまったので、補充しに買い出しに行ってきました。

ついでに色々買ってきましたよ。

一番左:単純に補充です。緑の地に黒猫です。
左から2番目:黒猫の地の色が青のバージョン
左から3番目:薄いベージュ気味の白の地に、黒の英字。男らしくきりっとしてます。
左から4番目:ロイヤルタータンという柄です。ジェントルマンになりたい!僕がですw
右から2番目:大きなドット柄。紺の地に白のドットです。かわいくもシティーボーイ、という路線も目指します。
一番右:細かなハロウィンです。一体需要あるんでしょうかw とりあえず商品ページ作って反応なければ、僕が着用してしまいます。

縫って商品ページ作ったら、またお知らせします~^-^

帯のラインナップを増やしている理由

1.価格帯が長着・羽織より安いので手を出しやすい
長着や羽織は8千円とか9千円はするのに対し、帯なら送料込みで4千円弱です。

2.サイズの心配がない
帯は身長やウェストにかかわらず皆同じなので、気軽に通販で買えます。
店主としては、対面でお茶飲んでおしゃべりしながら、サイズも測ったり色々生地を一緒に見ながら考えたいんですけどね。
このお店に訪問してくださる方々が日本に散らばっているので、しょうがないですよね(T-T

3.デザイン的にも遊べるポイントなので。
ネクタイを日々気分に合わせて変えるように、帯も気軽に変えられたらいいですね。
和服のコーデはジャケット・シャツ・ネクタイに例えることが多いですよね。それが羽織・長着・帯になると。
すると普段着る洋服に近いイメージとなるので。
「今日のネクタイは何にしようかな~」って朝考えるように、帯を日々選んだら楽しいでしょうし、よりその日の活動(仕事やイベント)に溶け込むことでしょう。

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

角帯 (イラスト) – 4280円(送料無料)

DSC_2764

イラスト柄の帯


ペンで書いたイラスト柄の帯です。イラストは黒、地はグレーがかった緑です。

ぱっと見は「ちょっと柄が入っているな?」くらいですが近づくと分かります。さりげない柄なので、余り遊び過ぎない柄を好む方にオススメ。

とは言えど洋風でかわいい柄です。男のファッションの範囲内でできる、やり過ぎないかわいさです。

着用時の写真です。C360_2015-09-25-14-57-14-800

後ろから。C360_2015-09-25-14-57-20-335

横から。C360_2015-09-25-14-57-28-991

全体像です。
C360_2015-09-25-14-56-51-036

この引きの写真の通り、長着が暗い色だと、全体的に暗いトーンになります。シックとも言えますが、明るめのグレーなどの淡い色と合わせてもいいかもしれません。

つなぎ目

この帯にはつなぎ目が3箇所あります。幅1m強の生地をつなぎ合わせているためです。通常帯は縦長の生地を切らずに使いますが、今回は帯の柄の向きを優先するためにつないでいます。縫い目は見えません。強度に問題はありません。
DSC_2766

保証付き

保証付きのため安心してご購入頂けます。
保証 (到着後にイメージと違った場合):未使用で返品であれば全額返金します。振り込み手数料・返送料のみご負担ください。
保証 (布がほどけるなど品質上の問題):到着後30日以内であれば無料修理/交換致します。往復の送料は当店が保証します。

■ 注文フォーム ■

在庫:残り1個


 

関連記事
角帯(時計)
DSC_2765
角帯 (黒猫)
DSC_2762

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

角帯 (時計) – 売り切れ

DSC_2765

時計の帯


レトロな時計の柄の帯です。地はベージュで、完全な無地ではなく少しざらつきがあり、それがさらにレトロな世界観を生んでいます。

黒猫の帯は、オナゴに「あーかわいー」と話しかけてもらう点でモテ帯ですが、こちらはシックかつ遊びある独特の世界観を生む点からモテ帯と言えます。

帯が既に主張していますので、合わせる長着や羽織は無地が良いでしょう。他も遊んでしまうとごちゃごちゃしてうるさい印象になりますので。

全体像はこちらです。
20150926obi1

拡大写真はこちら。
C360_2015-09-25-14-54-05-305

つなぎ目

この帯にはつなぎ目が3箇所あります。幅1m強の生地をつなぎ合わせているためです。通常帯は縦長の生地を切らずに使いますが、今回は帯の柄の向きを優先するためにつないでいます。縫い目は見えません。強度に問題はありません。
DSC_2766

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

着物で茶懐石→和菓子→抹茶の もてなし

image

先日男友達を家に招きもてなしました。

彼らに着物を着せ、茶事を行いました。茶懐石からのお菓子、濃い抹茶、さらにお菓子、薄い抹茶という内容です。彼らが来る前に香を焚き、掛け軸を飾り、茶を点てる頃に花を生けます。
2015-09-18-08-38-58_deco

茶道を習って初めて知ったんですが、茶懐石って刺身・煮魚・焼魚みたいに調理法を変えて各種魚を出し、酒と共に味わうフルコースなんです!その間もご飯と味噌汁がお代わり付きで出ますし、最後にはおこげのご飯入りのお湯と漬物で締めるという。お酒を飲んだ後のお湯ってリラックスで最高です。

以前このメンズたちに抹茶を点ててあげてこの説明をしたところだいぶ興味を持ったようで、今回の招待に至ったのです。

最後は彼らも抹茶点てる体験です。ちなみに彼はイケメンです。image

メンズに着物を着せてInstagramとかでセピアに加工すると、もう時代劇のよう。image

白黒にしてみたりして。(写真左下は切り抜きました)
DSC_2728_2

お菓子は手作りで、焼きたてのどら焼きです^^2015-09-18-08-28-45_deco

こちらはロールしたバージョンのどら焼き。DSC_2731

薄茶(泡を立てた抹茶)と共に出す菓子は「栗三盆」と「栗おこげせんべい」。落ち葉に乗った栗と、空の月に見立ててみました。DSC_2732

やっぱアレですかね、メンズが理由もなくファッションである着物に目覚めることは通常なく、何かシチュエーションがあって初めてついでに着物を着るものなのでしょうね。

今回はグルメや文化・歴史などの面から楽しんで頂きました。そこに雰囲気作りとして着物があっただけです。むしろティーシャツより暑いのでちょっと大変だったようです。

当店も単に着物を売るのではなく、まずはシチュエーションを作ることから始めるべきなのかなーとか感じたのでした。

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

動画:カップルで着物で街歩き

20150919youtube1

偶然見つけた動画です。

カップルで着物で街歩きのシーンがあります。1分41秒くらいからです。なかなか楽しそうですね^-^

やっぱり女性の着物は華やかなので、そのような着物と並ぶ男性の着物はカーキの長着と紺の帯で地味に、ということになりますね。かなりアグリーです。

気に入ったらイイネ!

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

女物の生地を半襟にしてみた

haneri1

いやー今回も体はりましたよ。女物の生地を半襟にして着てみる実験です。

1.ギンガムチェック

男の洋服でも使われますが、ちょっとかわいいギンガムチェック。これを半襟に使うとどうなるのか。

DSC_2660

こうなりました。
DSC_2643

アップだとこんなです。
DSC_2642_2

まー割りとOKな範囲内ではありそうです。

2.淡い+地味なチェック

この色使いなら男のシャツにも使われそうです。DSC_2641_2

結構使えそうな自然さです。
DSC_2659

こちらはアップ。いけそうです。
DSC_2658

3.シマシマのサテン

さーこの辺りからヤバいです。光沢があります。DSC_2641

これを身に着けると。。
DSC_2644
キモチ悪いですねW

いやーもう全然ダメですね
DSC_2647

4.ピンクのアジアン柄

これもまたイヤな予感がします。。DSC_2641_3

DSC_2650
微妙にアウトですW

着物との色の組み合わせ自体はいい感じなのですが。DSC_2651

5.ピンクのドット柄

これのダメな予感が満載ですwDSC_2641_4

これも。。ナシですね。。
DSC_2648

キモい。。
DSC_2649

6.レース

男がレース。。無理がありそうですね。DSC_2641_5

紺の着物に白の半襟、という色使いはいいですね。しかも無地の白よりも、多少遊びがあるのはイイ。しかしレースは余りにもかわいすぎるような。。
DSC_2655

オトメンになっている感がありますね。。
DSC_2657

まとめ

全体を振り返ると「1.ギンガムチェック」と「2.淡い+地味なチェック」だけは使えそうです。皆さまはどう思われましたか?

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

柄ありの、角帯の生地を買ってきましたよ

DSC_2629

以前の記事で柄ありの角帯の写真をアップしたところ、思いのほかコメントなどの反応が良かったので、柄ありの生地を買ってきました。

男の着物は長着や羽織などの全体を無地にして、ディテールの帯や半襟で遊べばいいのではと思います。

モテ帯かも

これらの生地、モテ帯の予感がします。腕時計でモテか否かの判断基準もあると聞いたことがあります。帯でも女性にモテるものはアルと思います。同じ巻くものですしw

しかしここで言うモテとは、デートにこの帯を付ければオチる!という類の魔法ではなく、女性に「あら」と気づいてもらいつつ一つの話題を提供できることです。悪目立ちしても好感は得られませんが、帯くらいの小さな面積で、かつ男の範囲内でのカワイイ色・柄だからです。「ネコちゃんの柄、かわいいですね」と一声かけてもらえるくらいな。

さて、一枚一枚解説します。

クロネコ柄

クロネコちゃん達の色々のポーズが延々リピートです。猫好き率の高い女性には刺さるかも。でも帯にうまく猫が乗るかという懸念も。
DSC_2636

漫画風タッチの絵

長着に着そうな暗めの生地の色に、黒の柄。遠めには柄があることは分かっても、何が書いてあるかは分からないかも。それだけに、ナンパな柄物を避ける硬派な男性が「たまには柄物」という気分の時には良さそう。
DSC_2634

カフェ風の絵

こちらは無地の帯の記事で、ついでに紹介した柄。
DSC_2633

実際に着てみるとこうなります。
C360_2015-09-01-15-08-53-947
これは茶道の稽古に着て行ったんですが、「カジュアル過ぎる」と注意を受けることなく、皆さまだいぶ褒めてくださいました。和服なのに西洋の柄、というのが楽しいギャップなのでしょうね^^

懐中時計の柄

冒険物語の中へと入り込めそうな、世界観のある柄。日本の古いものである着物と、西洋の古いものである懐中時計が、うまくマッチしそうな予感です^-^
DSC_2632

ご購入は

追って商品ページを作りますが、Facebookページからメッセージでも、メールでもご注文は受け付けます^^
そうそう、お値段は無地の帯と同じく送料込みで3,700円です。

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

次はロンドンだ、という雑誌

image

電車ホームの広告です。

まず英語のタイトル「to all city boys, go to London」。
続いて小さく「シティボーイよ、ロンドンだ!」。

こういうのを見ると、素朴に不思議だなぁと感じます。

英語はアイキャッチとして有効な面はあるのでしょうが、日本語よりかっこいいイメージがある気がします。

さらに、日本国内じゃなくてロンドンなんですよね。この手のファッション雑誌は、福岡がアツいとか言わずにひたすら海外なんですよね。ポートランドだとかニューヨーカーがなんとかとか。

海外がダメとは言わないのですが、バランスが取れていないと感じるのです。自分の肯定もせず、外部の精査もせずに、ひたすら外部をとりこむって、素直を通り越して尊厳ゼロでは?と。

そのスタンスで海外の人に会っても相手にされないんじゃないかと思うんですよね、自分たちなりの何かがないと。

日本は技術力や誠意があるので大丈夫だとは思いますが、ここに自国への誇りが加わると最強になれますよね?きっと。

‐‐‐‐‐

その後、実際にその雑誌を読んでみました。めっちゃ楽しい!オシャレなモノがキレイに編集され、楽しい説明も付いてる。ロンドンでのファッションの買い物ガイドまでわくわく感と共に描かれていました。

でもやっぱり、日本の服も特集してほしいなぁ。。
そして海外で買い物するなら、着物で買いにいけば尊敬を得るから、その上でそこで洋服を買ってもいいと思うんですよ~

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

和歌 – 秋の夕暮れの歌「夕されば…」

image

今日は夕方に、川辺の公園を散歩しておりました。まだ虫の音にセミの声が混じる夏の終わりですが、秋も着実に来ていますね。

少し早いかもしれませんが、秋の夕暮れの和歌です。清少納言ちゃんも「秋は夕暮れがきれいよね」って言っていますし。

夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなり深草の里

古語が少ないので訳す必要はないかもですが、僕が訳すと、

夕方が来ると野辺の秋風が身にしみて、深草という名の里にウズラが鳴く。

となります。まんまですねw

ウズラの鳴き声を聞いたことがなかったので、youtubeで聞いてみました。こんなだそうです。鳴き声はだいぶ終わりの方です。

かわいいですよねw

これが草の生い茂る里の夕暮れ時に鳴くことをイメージすると。。哀愁ただよう中にかわいらしさを感じるような。。気がします^-^

この歌だけ読むと以上の解釈で終了なのですが、実はこの歌、モテ男の物語「伊勢物語」を踏まえているそうです。

ウズラは女であり、男の再来を待っているのです。女から会いに行けない時代でしたから。

深草は京都市伏見区にある、平安時代の別荘地。バカンスで恋に落ちるとは。。このモテ男、なかなかやりますね。

Google Mapsで計ると、京都駅から深沢駅まで徒歩で42分。牛車(ぎっしゃ)での移動ですから、徒歩と同じスピードと見ていいでしょう。

そんなに遠くはないですよね。今で言うと東京都心から横浜まで電車乗るくらいな。だったら会いに行ってやれよっていう。

遠くないからこそ、あきらめきれず来ない男を待ち続ける女、そしてウズラの鳴くほど草の深い里、夜に向かって落ちていく夕日。

この辺りのイメージが相まって、味わい深い歌となっているのでしょうね^^

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

ステテコはユニクロで買いましょう

uniqlo_steteco

「着物をワンセットで販売した方がいい」とのコメントも当店Facebook上で頂いたので、着々と襦袢やら羽織やらをレパートリーに加えております。

しかしながら最初から追加をあきらめているパーツがあります。

ステテコです。

こちらは天下の

uniqlo

さんが高品質&低価格で提供しており、誰もが近所/ネットで購入できます。なんと790円から!すごいですよね。

当店ではどのような点でもユニクロをしのぐステテコを提供できないので、すみませんがお客さまにおかれましてはユニクロからご購入をお願いいたします _(-_-)_

店主も春夏秋はこのステテコを使用しており、生地が良いので はく度に癒されております。

ちなみに冬はユニクロのヒートテックのタイツですw

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る: