作り帯と二部式の使用感と改善点「でも楽!何よりも楽。これで飲みに行きたい」

IMG_20161008_142957

僕は着る人ではないので

とある着物仲間に依頼され、作ってみた作り帯と二部式着物。

僕も一応、カーテンを閉めて外から見えないようにして、ちょっと身に付けてみたりしましたが、どうしてもその価値や使用感が分らんのです。

そこで、今日は女性に着てもらいましたよ。

こんな作り帯

写真で表・裏から見てみましょう。

IMG_20161008_143733

帯締めを付けたところ。

 

IMG_20161008_143819

反対側から見たところ。なかなかコンパクトですよね?

着用写真

着てみたらこんなんなりました。

IMG_20161008_225600

すごい着物着てるっぽい!まだ半襟がないけど。。裾が広がってしまっているのと、おはしょりが斜めってるのが明白ですね。

IMG_20161008_225604

着物着てる風な。。あと一歩という感じですね。

 

IMG_20161008_225611

 

帯締めしていないので、結び目が落ちてずれてますw

 

感想

では、使用感を聞いてみましょう。

長所から。

  • 本物の着物と比べて動きやすい
  • 袷(あわせ)は窮屈で動きくく暑苦しいイメージがあるが、この袷の二部式は全然そんなことない。
  • 腰紐を腰で結んでいないから、足をつけねから動かせる
  • 腰紐2本+伊達締めがないのでとても楽。
  • 本物の着物だと着付けに15分~1時間かかるが、これは1分でできる。早い。
  • 茶会に軽~く持って行って、その場で着て、脱いでそのまま飲み会へ行ける気軽さ。

では短所・改善点も。

  • 前身頃の左(前)下半分の紐の長さが40cmほど足りない。紐が結びづらい。
  • 下半分の紐は、腰紐のように幅のあるものが望ましい。普段使っている二部式襦袢は腰紐の半分くらいの幅なので、それくらいでいい。今の紐だと細過ぎてグイッとして苦しい。
  • 半襟がないので付けてほしい。
  • 下半分の、衽(おくみ)のラインがまっすぐに降りない。
  • おはしょりが斜めっている。
  • 横と後のおはしょりが出すぎている。
  • 上半身に紐が欲しい。二部式襦袢でも上半身は紐で固定するようになっている。

アイディアも。

  • 衿の抜き具合とあき具合を決めて伊達締めで締めて、それから作り帯を巻くと、より美しくなりそう。
  • 着物か半襟どちらかに衿芯を入れてほしい。さらに、たたむときのために衿芯を抜けるようにしてほしい。
  • 袖と裾の内側に、襦袢のような「うそつき」を付けたらより良い。

ということでした。

全て言い終えた最後に、「でも楽!何よりも楽。これでお稽古に行きたい。サク飲みとか。飲みの帰りとか着物で歩きづらいから。」だそうでした。

作っていざ着せてみると、なかなか可能性を感じるのでした ^-^

古着の着物をリメイクするのでも、千円台の着物ならリメイク代・送料込みで1万円ちょっとで販売できそうです。

また進捗がありましたらお知らせします!

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

お客さまレポート:黒猫の名古屋帯 No.2

12736139_907657659355119_1981481193_n_2

お客さまが着用した写真を送ってくれました

黒猫柄の名古屋帯をご購入頂いたお客さまが、その後ご自身の長着などをコーデして写真を送ってくれました!

まずは全身から。
12596260_907657672688451_1341301480_n

かわいいコーデですよねー^^ 帯は洋裁用の生地でできていますので、長着もツイード、帯締めもベルト。緑の帯を引き立てるべくモノトーン。すばらしい。

背景のドットは店主が入れておきました 😉 お部屋での撮影だったようですので。

楽しくなってきたので他の画像にもドットを入れました 😀

12736139_907657659355119_1981481193_n_22

こちらは白黒のドットで。
12735665_907657682688450_225587491_n3b

黒猫帯についての詳細

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

お客さまの子供用角帯 虎柄

DSC_0092

お客さまからオーダーメイドの依頼

フリマアプリ「メルカリ」のショッピングモールにて黒猫の角帯などを売っていますが、とあるお客さまからコメントを頂きました。

虎柄のお子様用の角帯を所望されていました。でもまだ反物や生地を見つけていない状況でした。

そこで、楽天やその他のネットショップなどから一緒に探して、この黒地に虎柄の生地を見つけました。

この生地を当店が生地屋さんから注文して受け取り、それを縫製してお客さまに届けたという流れです。

受け取った際は「大満足です!!ありがとうございます!!!」とのことで、喜んで頂けたようでした^-^

こちらは帯全体の写真です。DSC_0088

 

※ 写真などの掲載許可は頂きました。

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

お客さまの声・レビュー集

お客さまの声を集めました

当店は今年オープンして依頼、少しずつお客さまにご利用頂けるようになってきました。

しかしまだまだ当店が本当に信頼の置ける店なのか、不安になる方、多いと思うんです。ブログでは店主の口調がとてもカジュアルですし^ー^;

そこで、現在の実績を目に見える形でお見せすべく、各ショッピングモールでの評価をまとめます。

ヤフーショッピングの評価:5点満点

ヤフーでの評価はまだ4つだけで、うち3つは同じお客さまに評価して頂きましたw しかし満点です(*^-^*20151130cust_voice1

 

Minneの感想:5点満点

手作り作品のショッピングモール「Minne」ではまだ1つしか感想を頂けていませんが、こちらも満点です^-^

20151130cust_voice2

 

メルカリ:ほぼ「良い」

フリマアプリのメルカリですが、8評価のうち7評価が「良い」です 😀

残り1つは「普通」。この「普通」は着物ではなく私物を売ったんですよw ワインセラー。

ということで、着物については満点です^^

20151130cust_voice3

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

お客さまレポート:黒猫柄の名古屋帯

12086869_917332361670320_510752119_n

にゃにゃにゃんと!

以前の記事で黒猫柄の角帯を発表しました。
DSC_2762

その後とあるお客さまより、名古屋帯バージョンのご注文が入りました!

そんにゃびっくり!でしたが、お作りしたのがこちら。 DSC_0005 DSC_0007

お太鼓の部分(背中に見せるポイント)に、ちょうど良く前向きに座った猫の柄が来るように作りました。

その後トップ画像のような着用写真をお送り頂き、とっても喜んでくださったようです^-^12086869_917332361670320_510752119_n

めでたしめでたし。

黒猫帯についての詳細

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

お客さまの着用写真:黒猫の角帯

12107752_914193845317505_7379930224433514126_n

黒猫の柄の角帯をご購入頂いたお客さまから、着用時のレポートを頂きました^-^

↑の写真は「片ばさみ」という結び方。ちょうどネコのおしりが人のおしりの位置に来ていますねw かわいいです。そして右下からはネコの顔と前足が見えるという。もう完璧ですな。

長着は無地でシンプルなので、帯で遊んでも全体のコーディネートがうまく成り立っています。

※片ばさみ:「貝の口」は結び目が大きいので、椅子によりかかるには苦しいんですよね。でも片ばさみであれば楽なので、現代の生活によく合います。

 

続いて別のお客さま。ジーンズの長着、帽子、腕時計というポップな装い。いいですねー遊びがあって粋です!ネコのしっぽをおなかに持ってくる方法を取られましたね。この帯は左右/表裏で計4種類の柄の出し方があるので、後日また別の柄でもお楽しみ頂けるのです。

12095316_935393526522629_4318970143087836896_o

気に入ったらイイネ!

関連記事
お客さまインタビュー
DSC_2460_2
角帯 (黒猫)
DSC_2762

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

お客さまインタビュー

DSC_2445_2

着物(ベージュの長着)をご購入頂いたお客さまにインタビューしてきました。六本木でイベントスペース運営を営むイチローさん。いつもにこやかで、人への気遣いを忘れない方です。


店主:着心地はいかがですか?

イチロー:申し分ないです。普段は茶道の稽古で着物を着ていますが、ジーンズやジャージ素材のカジュアルな着物が中心でした。これなら正式な茶会でも着られそうです。

DSC_2442_2

店主:もう一着、着物が必要だった理由は何ですか?

イチロー:足袋や襦袢、草履など、既に着物フルセットは持っていますので、後は日々のコーディネートの幅を広げるためにもう一枚、若旦那風の着物をほしいと思っていました。ベージュの着物は一枚既にありましたが、ペラペラで薄く夏しか着られないので、春・秋に着られるベージュで単衣(ひとえ)の長着(ながぎ)を今回は注文しました。

 

DSC_2460_2

店主:着物を着るきっかけは何だったのでしょうか?

イチロー:茶道に入門してからです。稽古には着物で通っています。初めて見学に行ったその日に大変衝撃を受けて、そのまま入門してしまいました。先生が素晴らしいお人柄であったのも理由の一つです。

 

DSC_2468_2

店主:茶道は女のものというイメージがありますが、男性であるイチローさんにとっての魅力は何なのでしょうか?

イチロー:文明開化の際、茶道という文化を残すために女性に広める形となりましたが、元々茶道は男性がメインでした。一つ一つの所作に理由があるのも興味深い点です。例えば中国ではろくろを時計回りに回すのに対し日本では反時計回りです。すると抹茶の入れ物である茶入(ちゃいれ)をお客さまの前で回し清める際、茶入が中国製であれば時計回り、日本製であれば反時計回りとなります。このような所作やルールが数百年も前から脈々と受け継がれてきたと知る度、知的好奇心が刺激されるのです。

 

DSC_2475_2

店主:休日はどのように過ごしていますか?

イチロー:茶道や和歌、書道など、日本文化に触れています。和歌は、友達とグループを作って歌会を開催し詠み合ったり、和歌のテレビ番組に応募したり、先生から習ったりと、積極的に活動し腕を磨いています。

 

DSC_2483_2

店主:イチローさん、こんな楽しく優しい方ですから、モテますよね?w

イチロー:ぶっちゃけモテます(爆)


というインタビューでした。この後イチローさんと二人で六本木の着物屋さんに顔を出して、楽しくおしゃべりしてきたのでした^-^

店主自身、自分で作る着物だけ着るのではなくて、必要に応じて他の着物屋さんでも買うんですよ~。フォーマル用とか、小物とか。

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

お客さまの写真

DSC_0531

 

モニター募集して、その後お客さまがどう着たかというと、こんな感じでした 🙂

左は明るめの藍色のような、光沢のない綿素材。

右は緑がかかったグレーで、光沢のあるポリエステル。

どちらもネットに入れて洗濯機で洗えます。脱水はしない方がいいですが。

個々の写真や他のお客さまのも、追ってあげていきますね^^

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans