秋の野点に備えて、茶箱の袋と水筒カバーを作ってみましたよ。

img_20161026_154749

もう秋ですね

いつの間にかすっかり秋になってしまいましたね。

友人から「外で抹茶を点てて飲んでみたい」との所望があり来週に都心のどこかの公園で野点(のだて)することになりました。

いつも茶箱に茶碗などを入れて、お菓子を乗せて風呂敷に包むのですが、何か専用の袋でもあるといいのになぁ。。といつも思っておりました。

最近読んだ本で作り方が書いてあったので、僕なりに簡略化して、デニム生地で作ってみました。 うちにはデニムの余り生地が大量にあるもんですから^^; 長着を作ったら余るんです~。

 

八角形なのじゃ

どうでしょう、夜な夜な思いついて勢いが止まらなくて、一気に作り上げてしまいました。img_20161027_220750

八角形にして、角には輪を付けて紐を通します。

 

img_20161027_221128

茶箱、紙袋、水筒を乗せます。水筒にはお茶をたてるためのお湯を入れるのです。紙袋は、スコーンなどの焼き菓子を焼いた状況を想定しています。

 

img_20161027_221332

紐を引っ張って結ぶとこうなります^^ 外のヒダヒダがちょっと邪魔ですがー。本番で使ったら、ちょうど荷物のサイズになると思うんですよ~。

 

img_20161027_221341

真上から見たところ。

どんな使用感か、ちょっと明日お出かけするので茶箱ではないですが使ってみますね! 😀

 

続いて、その勢いのまま水筒カバーも同じデニムで作りました。野点の手前って現地に瓶掛(びんかけ。ヤカンのような形)がないので、その位置に代わりに水筒を置くことになります。

でもその水筒がなんかやけにメタリックで、味気ないという問題を常に抱えておりました。。 そこで、アナログ感を付加すべくデニムでくるもうという試みです。

img_20161027_223145

こんなサイズ関係です。

 

img_20161027_223247

装着してみると、ぴったり。かっこいい。。

 

img_20161027_223301

ふむー、しびれるーたまらん~ (@~@)

野点したらまた記事にしますね!

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

茶会のために、二部式着物4つと作り帯6つまで作りましたよ

img_20161027_150323

帯は6つできたものの

色々と遊んだりプログラミングなどしていたら、今週末が茶会だというのに二部式の長着がまだ4つしか完成していません。できれば参加する女性は6人なので、最低でも6着は作りたかったのです~。帯は6つできたのですが。。

とりあえずコーデを見るべく帯と二部式着物を並べてみました。どうでしょうねぇ?

img_20161027_150323

左から、1番目・2番目はナシかなー。3はアリ、4は微妙な。。

 

img_20161027_150501

左から、1番目はナシ、2番目はぎりぎりありかも。。くらいな。3はナシ。4はアリだけど年取って見えそう。。

 

img_20161027_150647

左から、1番目はアリ、2も少しアリ、3は結構アリ、4は微妙にナシかな。。

皆さまはどう思われるでしょうか^-^

やっぱ和風の生地を買い出して、作り帯をもっと作らないとですよね? 帯が洋裁用で長着が古典的なので、そりゃ合わんでしょうっていう。。

 

img_20161027_190900

とりあえず全部持っていけるように、袋詰めしてみたらこのようなサイズになりました。なんとか持って茶室まで行けるかも。。?

持っていけるかは別問題なので、前日の夜に考えます^-^

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

洗濯物を干してから、ブリ大根を煮て酒を一献

img_20161027_095833

ブリが安くなってきましたね

今日は起きたら良い天気だったので、はりきって洗濯物を干しました。コーヒーをいれてパソコンを少しさわってから、昨日セイユーで賞味期限ぎりぎりで安くなっていたブリを思い出し、大根を煮込むこと10分。鰤と醤油・味醂・酒を入れて5分煮ます。茨城の地酒を少し飲みながら待ちます。

img_20161027_095833

窓からの光がまぶしい。

img_20161027_125750

お昼ごはんは鰤大根。味噌汁はベランダで採れた小松菜。img_20161027_125828

大根は団地内に農家のおじさんが直接やってきて販売しているところで買いました。最近野菜が高いと聞きますが、こちらでそんなことは無縁なのです。

柔らかい大根、当たりです。鰤大根にはダシを入れ忘れたことに気づきましたが、鰤の味がしみこんでいるせいか、大根から染み出る味は十分においしい。

img_20161027_151138

小松菜はこちら。なかなか立派に育っていますよね? 野菜の生ゴミをためて土に返して、その土で小松菜が育ちます。

 

img_20161027_151201

こちらは収穫後の土に、生ゴミからの土を混ぜたところ。2つあるうち奥の方は、散歩道で拾った椿の種を植えておきました。冷蔵庫で1週間以上冷やしておいたので、春と間違えて発芽してくれるといいなぁ。。。^ー^

手前の土は、まだなんにも植えていないです。何か種でも買ってきます~。今からだとほうれん草かなぁ~。

 

img_20161026_165115

夕方の空。会社に毎日通っていたら、こんな気持ちで空を眺めることなんて、できなかっただろうな。

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

イベント告知:着物を着ない会 2016/11/20(日) 品川スタバ→フリマ

IMG_20160529_120103

なんかおもしろくなってきた

茶会は茶会で文化的な愉しさがありますが、自分で企画した「着物を着ない会」は、次に何が起こるか分からない微妙なワクワク感があります。

なぜ「微妙」かというと、特に大規模でもなく、日常的なスタバという場所でコーヒーを飲むだけの非常に地味な会なので。そのわりにみんなこの会の結果を心配してくれているような生暖かく見守ってくれている感のある、ジワジワ来るオモシロさがあります。

たぶんみんな、シュールだなぁと引きで見つつ、今回はどんな結果だったのかちょっと気になってブログをチェックするような姿勢なんでしょうかね^^

また品川です

この会の常連さんたちと話したんですが、やっぱアクセスいいとこがいいよねーという結論に至りましてね。渋谷とか品川とかにしよーってことになり、今回は品川のスタバです^^

この日 11月20日(日) は品川インターシティでフリマがあるので、皆さん気分が乗ればそのままスタバからリサイクル着物を見に行けます。

前回の写真から引用すると、

IMG_20160529_123104

こんな感じで、ダンボールとビニールシートにもりもりです。確か1着数百円という激安なものたちだったと思います。安いけれども、着物を普段から着る先輩方も一生懸命見ていたので、価値ある商品もけっこうあるようです。

IMG_20160529_123338

プライベートなことは言わなくていいですよ

ネット経由で参加する場合、特に女性は色々と難しいと思うので、本名や仕事、住まいなどあまりプライベートなことは言わなくていいですよ。

ただ、僕は本名を伝えますし、名前を呼びやすいように名刺は配りますが、特に名刺は返さなくていいので気にしないでくださいね 😉

 

着物を着ない会って

着物を着る会はそこらじゅうで行われていますが、着物未経験者は、着物を持っていなかったり着る方法を知らなかったりするから参加できないんですよね。「服を買いに行く服がない」的な状況になっているわけです。

着物を着ない会とは、そんな方々への中間のステップとして、

  • 着物の着方はどのように学べばよいか
  • どこで何を買ったらいいか
  • どこに出かけたらいいか

といった、最初の最初の質問に答えるために店主が毎月都心のどこかのスタバに現れようというコンセプトの会です。

また、既に着物が着られるようになった方々がふらりとお出かけする目的地としても存在したいと思っております^^

 

詳しくは

  • 日時:2016年11月20日(日)午前10時~11時半
  • 会費:なし。自分のスタバ代のみ。
  • 持ち物:なし
  • ドレスコード:なし
  • 場所:スタバ 品川インターシティ店


参照:tabelog.com

地図はこちら。

詳細はスタバの公式サイト店舗ページを参照くださいね。

住所は 「108-0075 東京都 港区 港南2-15-2 品川インターシティ 2F (206)」。港南口方面の連絡通路からです。

 

んじゃお待ちしております^^

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

日本家屋に住まなくたって、安くて上質な和室賃貸があるよね

img_20160616_133741

和室の賃貸って安いですよね

僕は和室二間の賃貸って好きです。茨城県の今の住まいは

  • 鉄筋コンクリート
  • 42平米
  • 築約40年
  • 2DK。和室二間とダイニングはフローリング。

というスペックで、以前の東京都世田谷の物件も似たようなものでした。

物件に入るとイグサのにおいがしてほっとしますし、古くてもきっちりリフォームされているので嫌な古さが感じられないです。

僕の体感ですが「築40年以上の古い物件で和室あり」を探すといや~な古い感じの物件も半分くらいはあったりします。リフォームをマジメにやっているからか、和室で雰囲気の良い癒し系な物件となるようです。

癒し系

友人などが家に来ると、皆が僕の住まいは「地方の旅館に来たようでほっとする」と言います。それはこの物件に限らず、どの住居でもそうでした。

和室で座布団に座ってテーブルを囲んだり、着物を着てみたりして。それって結構なごむようなんですよ。

みんなの暮らしはどうなの?と聞くと、フローリングが中心らしく。でも椅子ではなく床に座布団で暮らす人もいるようですが。

6畳間

2DKというと6畳間と4畳半の組み合わせが多いですが、まずは僕の6畳間から見ていきましょう。

img_20160616_133741

引きはこんなです。デスクとソファ、そして長テーブルがあります。座布団は4つ。ご飯はこの長テーブルで食べます。

 

img_20160729_190301

でも気分次第で窓際に盆を置いて、テーブルなしで食べることもあります。

 

img_20161022_132253

テーブルから書が見えると、ちょっと嬉しかったり。

 

img_20161024_123639

さらに、お茶の練習をしたまんまとなっていますが、茶道具が見えるともうちょっと嬉しかったりして。

 

img_20161024_130030

台所で抹茶を点てて柿をむいて、6畳間のテーブルで食べて飲んでみるの図。

 

img_20161024_130056

となりにはお茶の練習をしたまま。でもこれも楽しい 😀

 

四畳半

この物件の四畳半は北側なので、普段は布団をしいて寝る場所や裁縫の場所にしています。

img_20160508_100703

着物を着替える場所にしてみたり。着替えているのはお友だち。

 

13225044_929718813812159_2044427911_o

来客にお菓子を出してみたり。

 

img_20160417_122441

お食事やお酒をふるまってみたり。あー楽しい^-^

 

和室のススメ

日本の人口って今は減っているらしいですね。そのせいか、人気のない物件から空きが出て、家賃も下がっているようです。

僕の住んでいる茨城の団地も空きだらけで、安売りのキャンペーンを打ちまくってます。エレベータがないので、5階建ての4階と5階は特にそうなんです。1・2階はお年寄りで埋まっているんですけどね。

和室といえば古い物件ですが、古い物件にはお年寄りが多い傾向があるようで、そんな方々と知り合いになれます。毎日外出の行き帰りですれ違う人たちに笑顔であいさつしておけば、自然と会話が生まれていきます。

では和室賃貸のメリットをまとめると、

  • 家賃がフローリングと比べて安い
  • 癒される
  • 和の暮らしができる。着物や日本茶・日本酒が雰囲気ごと楽しめる。
  • 上の世代と知り合えるかも

といったところです。

そうだ、忘れずにデメリットを書いておくと、

  • 水周りが古いので、洗面台でお湯が出ない物件やお風呂がバランス釜の物件もあるので、注意して避けましょう。
  • 同じ和室でも古くて廃墟に近づいている物件と、古さが味になっている物件は大きく違うので、実際に物件を見て確かめましょう。
  • (男性向け情報) おうちでデートする場合に、洋風のデートを求める女性の場合にはちょっと厳しいかもです。地べたで座布団でとなると、そこで引かれてしまうかも。椅子・テーブルにワイン・フォーク・スプーンなデートを求められている場合には自宅ではなく外食にしましょう。

な感じです。

とゆことで、和の暮らしがしたいけど古民家は高いしメンテが大変だし~といった人には、和室ありの賃貸がオススメですよ! 😀

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

草履がダメになってきたんだけど、やっぱはき続けたらダメかなぁ

img_20161023_165357

スニーカーってはきつぶしますよね

どもども。着物を着るお手本としてしっかりきっちり着るのが伝統を受け継ぐ着物屋さんの仕事だと思うんですが、代々継いでいるわけではない僕とかは、きっちり着ない人を代表してもいいですよねぇ。

今日のテーマは、草履っていつまではけるの?です。どれくらいボロボロになったら捨てるべきなのでしょうか。

僕の草履は、デニムの鼻緒がこすれて色あせてきましたし、かかとのワラがほつれてきました。

img_20161023_165341

img_20161023_165349

この、ほつれてきた部分はハサミで切って、なかったことにして使い続けようと思います。

誰かから怒られたら、それを捨てるタイミングとしてみます。

引きで見ると、こんなコーデです。

img_20161023_152218

  • チノパン素材の長着
  • 綿麻素材の角帯
  • 木綿の羽織
  • 手ぬぐいを縦に半分に切った半襟
  • 足袋じゃなくて足袋靴下
  • 当該の草履

こうやって見ると、傷んでいる草履もそんなには目立たないような?気がしております。

着物って初心者には緊張するよね

着物を着たら、着方が合っているか不安で、指摘されないように確認しながらきっちり着ないと。

とか、

コーデや格の組み合わせが合っているか分からないから、着物を着て外出できない。

といった類の話を聞くことがあります。こういう気持ち、ありますよね~。

なので、僕のダメコーデを写真に撮りためて、これでまだ今んと指摘されてないよ、というレポートをたまにしたいなと思います。

「日本の大事な伝統文化を守るべく。。。」みたいな努力をするよりも、着たい気持ちがある人は既に多いので、「大丈夫、誰も指摘しないから着たいものをとりあえず着てみたらいいんだよ」と呼びかけて安心してもらう方が、効果がある気がするのですよ^^

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

イベント告知:かしこまらない茶会5。ネット経由で参加者受付。

14054493_848393705290776_596807256635131868_o

※ 一人も応募がなかったので中止です

ようやく準備が整いまして

僕の内輪だけで実験的に行っていた「かしこまらない茶会」ですが、そろそろ安定してやれるようになってきた感がありますので、ブログ上で受付して参加者がいれば実施してみようと思います。

11月は茶会シーズンのようで、週末午後の茶室は予約が取れませんでした。ぎりぎり取れたのが11月19日(土)午前の部。参加を検討する人たちが、朝大丈夫であればいいのですが~。

本日から10月30日まで受付して、もし参加者が3~4人くらい以上いるのであれば実施の方向で進めたいと思います。いなければ茶室はキャンセルしておいて、また来年くらいにブログ上で募集をかけてみようかなと。

茶会って

茶会って、ほらあの抹茶飲んで和菓子食べるやつ。 茶碗回して、「結構なお点前で」とか言っちゃうアレ。 そのアレを内輪でやります~。

カフェ形式で、来たいときに来て、帰りたいときに帰る。 正座はしなくて大丈夫。 抹茶点てる体験も。 僕のうちに来たかのように、お友達を紹介し合います。

dscf0755

座布団敷いちゃってます。

動画だとこんな。

詳しくは

  • 2016年11月19日(土) 午前9時半開始、12時終わり(いつ来ても/帰ってもOK)
  • 最寄り駅:西武線/大江戸線 豊島園駅 徒歩3~5分
  • 場所・交通URL:http://www.kouyama-teien.info/access/
  • 会費:2,000円(お試しの価格設定。今後上げていくかもです)
  • 女性には作り帯と二部式着物、男性には着物と帯を用意しておきます。サイズ合わなかったらスイマセン

さらに細かいことモロモロ

  • 全員そろわなくても、来た順に点てていきます。
  •  お一人あたりお抹茶2~3服飲めるくらいは準備しておきます。
  • お茶に飽きたら釜の湯もおいしかったりするのでどうぞ^^
  • お菓子は、主菓子(小さなまんじゅうサイズのお菓子を想像してもらうと分かりやすいかも)一人一つずつと、干菓子(ちいさなせんべいみたいなのを想像したらオケ)をばらばらと用意しておきます。
  • 指輪やネックレスなどのキラキラははずしてから入室しましょう
  • 白い靴下をはいてきた方がベター
  • 百均で買っておいたら楽しいもの:懐紙・楊枝(菓子切り)・扇子 ・撮影超ウェルカム。どんどん撮ってこのイベントページ上にあるだけアップしてくれると次につながります^^
  • リップクリーム/口紅はご遠慮くださいね、茶碗は水洗いですので。

応募するには

10月30日までにメール、コメント、FacebookメッセTwitterなどでご連絡くださいね。人数が集まって実施予定となったら、ウェブでチケットを購入頂く流れにしようかなと。

※ 一人も応募がなかったので中止です

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

イベントレポート:着物を着ない会10:4人も来てくれましたよ

img_20161021_100947

今日もおいしいソイラテ

2016/10/22金曜午前10時、池袋のスタバです。

最近スタバでラテ系を頼むのが好きで、カフェラテとカフェミストとカフェモカの違いを店員さんにめっちゃ聞いたりしてます。今日はソイラテ。さすが大豆&スタバ、コクがあります。

いやーおいしいなぁ、と香りを感じながらスマホで今日の会の連絡があるかチェックします。あー10時半過ぎと11時過ぎに一人ずつ来そうだなぁ。。とぼーっとしておりました。

するとお一人目が、特に事前のお知らせなしに着物で現れました。いや、全然お知らせなしでもいいし、そういう会なんで大丈夫なんですが、前回ゼロ人だっただけに「ありがとうございます」という気持ちと「何から話し始めようか」という突然感で、多少ドモってしまいました。

続々と現れまして、最終的には4人になりました。いやーこんな時もあるのですね^-^

なんか皆さん前回ゼロ人だった記事を読んで心配してくれたみたいで、そうは言わないものの同情票が入ったようですw

img_20161021_114025

来てくれた四人の分布は、

  • 普段から着物着る:2人
  • 元々フォーマルな場で着ていたが、最近普段でも着始めた:1人
  • タンスにしまってある着物を取り出しては触わってまたしまう。そろそろ着たい:1人

という構成です。最後のお一人は、着方は知っているようですが街に出る勇気や準備がもう一歩らしいので、僕からは「がんばっていきましょう」と声をかけておきました。

質問があるそうなので、他の参加者3人に答えてもらいました。どんな質問だったかは忘れましたが。。^^

みんなそれぞれの経験や環境から着物を愛しており、みんなで楽しく着物トークをしたのでした 😀 11時半までいる予定でしたが、話が盛り上がって12時半くらいまでいました。

また平日の池袋で、同じメンバーで集まりたいものです。

僕のねらい

僕としてのねらいというか願いは、着物デビューを応援してみたり、質問に答えたり不安をぬぐったり、着物経験者には着物を着る場所にしてみたり着物友だちが見つかるかもな場所にしてみたり、といったところにあります。

参加者の皆さん気を使ってなかなか感想は言いづらいでしょうが、そんな方向で満足度が高いとうれしいのですが。

img_20161021_124010

男性読者への参考に、なるべく自分の街角スナップを撮るようにしています。

  • 襦袢は着ずに手ぬぐいを半襟として巻いてネクタイピンで留めるだけ (代官山かまわぬ で800円くらい。ネクタイピンはAmazonで500円くらい)
  • 絣の長着 (古着屋で千円で買って自分でお直しした)
  • デニムの帯 (自分で余り布で作った)
  • 木綿の羽織 (ネットでオーダーメイドした)
  • 石?の羽織紐 (友だちが作った)
  • 職人用の足袋靴下。登山用だったかも。楽天で買いました。普通の足袋ってかかとがうごけなくて一日はくとくるぶしが疲れちゃうのでヤなんですよ。
  • デニムの草履 (代官山OKURAで2~3千円くらい)

僕がなるべくダメな格好をしておくのが大事だと思うんですよ。あんまりピシッと着てると、男着物初心者が「着物ってやっぱ正しく着ないとダメなんだ」と思ってかしこまっちゃうので。長着なんか丈足りてないし、ところどころほつれてるし。

ランチ

その後はまた別の着物仲間とランチです。ラーメン。

img_20161021_132019

img_20161021_132038

いやーいい眺めですこと。

今後、お互いの着物活動をどう深めて広めていくかについてお話してました。まー僕は地道にやりますよ^^

ビジネスの講演会を聞きに

次は丸の内線で大手町駅から、新丸ビルに歩きます。

img_20161021_165715

かっこいいですね~このエリア。スーツの人ばかり。

img_20161021_195932

こんな感じのカンファレンスルームです。

参照:peatix.com
参照:peatix.com

着物を売るには、着物を着やすい環境を作るとか、着物を着て幸せな未来のビジョンを描くことなんだよー、とかそんな興味深い話を聞かせてもらいました。

という一日でした

ということで、おかげさまで「着物を着ない会10」には4人も来てくれまして、めでたくヘコまずにすみました^^ 前回もヘコんでませんが。

今回来られなかったけれども「店主ヘコんでそうでヤバい」と暖かく見守ってくださった方々も多いことと思います。ありがとうございます。

次回どうしよ

そうそう、毎回どうやって日時や場所を決めているの?とよく聞かれますが、毎回誰かしら呼んでくれるんですよ。「だいたい渋谷近辺で週末午前で」とか。

そんな感じで次回、どなたか希望者いましたらどうぞコメントやメールででも^^

行ける範囲は、埼玉・茨城・千葉・東京・神奈川くらいっす。僻地でもいいですが、たぶん1対1の会になるでしょうからw、なるべく山手線辺りがいいかなと思ってます。

あ、あとよく言われるのが「私ワカモノじゃないし」ですが、気にしないでくださいw、ノリで名づけただけですから、ワカモノキモノって 😉

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

これまでの記事が多過ぎるので、見やすく分類しましたよ

 

20161020

分類しましたよ

最近毎日書くのと魂を込めて書くのを心がけていて、気づいたら記事の総件数が236件もありました。

前にもいい記事書いたのあるんだけどなぁ。。と思いながら、アクセス解析を見ると新しい記事ばかり閲覧頂いています。

見やすく分類しましたので、一つのテーマについてドップリ読みたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね 🙂

例えばアドレスはこちらです。

http://wkimono.tokyo/index_category.php?category_name=イベントレポート

トップページからこのカテゴリ分けに行けるのですよー^^ http://wkimono.tokyo/

こんな感じです

カテゴリ分類を、タイトルとサムネイル画像で一覧できるのです。こんな感じです^^



オススメは

「イベント告知(過去)」なんかはもう昔の情報ですので、あまり参考にならないと思います。

むしろ読んでほしいのは着方の工夫を載せている「着方・管理」です。襦袢なしで着るとか、そんな話題です。

あとは、着物に関係ないけど店主はどんな人でどんな暮らしをしているんだろうとか知りたい方は、「店主について」へどうぞ。このカテゴリが一番充実していますw

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

茶会に参加する女性6人のために、作り帯6つ作りましたよ

img_20161019_175405

作り帯だけ延々作った

今日は家にこもってずっと作業していました。

作り帯を6種類作っていたんですよ。今月末に茶会をするんですが、参加者のうち6人は女性で、全員に着物を着せたいんです。

茶会の前に茶室にこの帯と二部式着物を6種類ずつ並べて、皆さんに好きなコーデを選んでもらうんです。そして着付ける時間は5分くらいだと思います。

  1. 二部式の下半分を巻きスカートのように着る
  2. 二部式の上半身をはおり、伊達じめでとめる
  3. 作り帯を巻いてマジックテープでとめる
  4. 帯じめを結ぶ

以上です。早ければ5分、遅くても10分くらいですかね?

他に男性は僕を除いて4人ですが、うち二人は着物を持っていますので、残り二人については僕が男着物を持参して着付けます。

うまくいけば若者全員が着物を着ている茶会になるかもしれません!

これはヤバぃ絵になるぞ。。と想像するとワクワクして止まらないので、なんとしても茶会までには二部式着物を6着準備したいところです。今のところ1つしかないのですが、昨日仕入れてきた長着と元々うちにあるのを足して5着を、全部二部式にリメイクしてしまいます 😀

ま、若者がお茶の教室で開催する茶会をすれば当然みんな着物なんですけどねw でもお茶を習っているとかじゃなくて、普段日本の文化にほぼ触れない超ライト層が、ふらりとやってきて着物も着てお茶もでき、友達も作れるというレア体験ができる、というのが新しいと思うんですよ。

おもしろくないですか? これうまくいったら来月も再来月も、予約で一杯になりますかねぇ^^

それぞれの帯の解説

そうそう、6つ並べた帯を上から順に説明していきますね。

img_20161019_175405

  1. スーツのような生地で、グレーの無地。
  2. デニムで地厚、ちょっとふにゃふにゃ。
  3. チノパン風な生地、ベージュの無地。
  4. 北欧風の柄と黒猫柄の生地2つをあわせました。青緑色の地。
  5. 時計柄。ベージュの地。
  6. 黒猫柄。緑色の地。

生地を買出しにいくのも面倒なので、うちにある生地を探してなんとかこの6種類をギリギリ作れました^-^; やれやれですー、もうちょっと和の古典柄があるとよかったんですがー、またそのうちということで。

さて、次は二部式を作るので、作ったらまたアップするので見てくださいねー♪

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans