古帛紗の作り方と型紙

IMG_20210328_074517_110

お気に入りの生地を古帛紗にしよう

主にお茶で使われる古帛紗(こぶくさ)。これは買うものというイメージがありますが、わりと気軽に作れます。作業時間は手縫いで1~2時間ほどです。

型紙

20210327

型紙はなくても、測って線を引けば作れます。でも、型紙を柄の位置と重ね合わせながら調整できるので、あった方が便利です。

PDFの型紙はこちらから無料でダウンロードできます。

サイズ

型紙を使わず線を引く場合、サイズは下記の通りです。単位はmm。

  • 裁ち落としサイズ 337 x 167
  • 出来上がりサイズ 317 x 147
  • 縫い代 10
  • 半分が折り目です。

作り方

※ いろんな作り方がありますが、今回はクケる方法をとります。

まずは、型紙のPDFを印刷して、セロテープで2枚をくっつけます。

PXL_20210326_101858898

外側の点線で切り落とします。

PXL_20210326_102059167

布に型紙をあてて、どの位置で作るか決めます。

PXL_20210326_102438032

位置を決めたら、マチ針で型紙と布を固定します。

※この写真ですと布が足りずに型紙がはみ出していますが、本当は型紙より大きな布を使ってください。今回は布の向きを優先しまして、足りない部分は継ぎます。

PXL_20210326_103828705

型紙の裁ち落とし線に沿って、布を裁ち落とします。

※今回は右側の布がはみ出てしまっていますが、気にしないでください。もったいなかったので縫い代として取っておいただけです。

PXL_20210326_120604580

型紙の出来上がり線をあらかじめ折っておき、その上で布ごとアイロン・スチームをかけてクセを付けます。絹であれば別の布を間に入れてアイロンをかけます。

PXL_20210326_121114218

マチ針を抜き、型紙を取り外します。

PXL_20210326_121246198

クセをつけた通りに、生地をたたみます。

PXL_20210326_121643150

たたむ際に気を付けたいのは、ワサでない側(折りたたんでいない側)の角2つですが、縫い代が見えないようにたたみます。↓の写真は悪い例です。M字に縫い代が見えてしまっています。

PXL_20210326_121737144

こちらが良い例。互い違いの縫い代の角のたたんだ向きを、互いに入れ込むことで、縫い代が外側から見えなくなっています。

PXL_20210326_121830369

縫い代のみをクケて縫い合わせます。端ぎりぎりではなく、内側5mm程度のあたりを縫います。角は2度折り返して縫っておくと強くなります。

PXL_20210326_122231362

完成

これで完成です!

IMG_20210327_143528_287

茶箱に入れたところ、古帛紗は茶碗と棗の間にたたんで置いています。

IMG_20210327_143528_394

何か質問などありましたら、コメントどうぞ☆

 .

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.