IMG_20160922_211519

千円の女着物を二部式に改造。茶会の参加者にさっと着せる。

IMG_20160922_211519

着物って安過ぎて作る気にならない

着物のフリマに行くと、もう捨てるか安値で買い叩くかみたいな境界線上にある着物が大量にあります。そんな着物たちを見てしまうと、着物のイメージが「お高い」から「古道具」へと一気に下がります。

残念ながら、文化と共に着物自体もどんどん捨てられている模様です。これはヤバいっす。

でも、それを逆手に取って、僕らが有効活用すれば良いですよね。

今日は、そんな安物(決して質は悪くないんですよ。需要がないだけです)を、もっと便利な二部式着物に改造してしまいます。

ステップはみんな想像つくかとは思いますが、一応簡単に解説します。

二部式へのステップ

もともとはこんな着物です。袷(あわせ)で、内側に白とオレンジの生地が縫いこまれています。IMG_20161006_095236

裾(すそ)から93cmに縫い代線、95cmに裁ち落とし線を引きます。裾から109.5cmに縫い代線を引きます。95cmラインで、上半分と下半分に分かれるのです。おはしょりを調節できるように上半分の縫い代は14.5cm、下は調節しないので2cmの縫い代です。IMG_20161006_142927

衿の下端は下半分にかかってしまっている部分をほどきます。上半分の下端は、衿ごと巻き込んでくけます。
IMG_20161006_143846

 

 

下半分の上端は、縫い代を巻き込んで、ミシン縫い。紐を付けます。IMG_20161006_160759

 

衿をたたんで縫い付け、完成です。

IMG_20161006_160711

下半分は、単なる四角の布になってしまいました。巻きスカートのようです。

IMG_20161006_160823

 

今後

さっと着付けるのが目的なので、襦袢を着なくて済むように半襟を付ける予定です。

さらに、かるた結びの作り帯も作って、茶会の合間に1分で女性の着付けを完了できるようにします^-^

 

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です