IMG_20161005_152725

ティーポット6個を使い分ける生活。見た目とサイズの違いで緑茶、ほうじ茶、紅茶、コーヒーに。

IMG_20161005_152725

※ 着物の話題じゃないです

うちのティーポットたち

うちには和洋中のスタイルのティーポットがあります。合計6個くらい。

本当はもっとほしいんです。何個あってもいいですが、置場所がないんですよね。

着物じゃないけど

着物の話じゃないんですが、うつわって日本文化とも言えますよね。

茶碗だったり箸だったり。

現代では食べ物・飲み物が世界中から日本に集まってくることもあり、その器も一つの家庭に国際色豊かに集まりますよね。

緑茶やコーヒー、紅茶を楽しむ生活を、美しく支えてくれるのがティーポット。

皆さんの家庭でもそれぞれに素敵なティーポットはあると思いますが、今日は僕のティーポットをご紹介します^-^

ぼくのポット

IMG_20161005_121150

こちらは百均で買ってきたもの。

まるっとして下膨れなこれらの輪郭が、とてもイイわけです。真っ白で無地の、すっきりしたデザインなのもいいです~^^

コップなみなみ二杯分のお湯が入るので、実用的なのです。

ティーバッグの緑茶をぽんと入れて気楽に使う用です。

 

IMG_20161005_121220

こちらは、百均の300円コーナーで買ってきました。元々は木製の手持ち部分が付いていたのですが、使い古して取れてしまいました。

こちらもティーバッグなどの気楽な使い方に。柄や形がちょっと和なので、緑茶が飲みたくなります。リーフタイプの煎茶に使ったりもします。

 

IMG_20161005_121256

これは横浜の中華街で出会ってしまったもの。ほうじ茶をなみなみ飲みたいときとか。たくさん入るので、リーフタイプのお茶をドサっと入れて、2日かけて飲む分を淹れたいとか、お客さんが来た時に同時にたくさん出したいときに。

IMG_20161005_121309

白地に青ってシンプルでいいですよね~^^ 柄もやり過ぎてない感じが好きです。

 

IMG_20161005_121350

こちらはティーポットっていうかコーヒーサーバーなわけですが。。コーヒーたくさん落としてためておく容器ですね。

でも、僕はとある紅茶の先生に出会った時に、彼が使っていたのでマネして買いました。

ダブルポット方式で紅茶を淹れる時に使います。茶葉をこのサーバーに入れておいて、熱湯を高い位置から注いで茶の回転(ジャンピング)を誘発し、おいしい成分がしっかり出るようにします。
※ ま、僕は細かい味の違いは分らないんですが、パーティーでやると客がアガるのでやるだけですwIMG_20161005_121403

同じティーポットに茶葉をずっと入れておくと変な味が出てくるので、どうしてもポットが2つ必要なのです。なので最初に淹れる用としてこのコーヒーサーバー、溜めてサーブする用に他のポットを使っています ^-^

 

IMG_20161005_121518

ミントンっていうメーカーだったと思います。こちらは焼き菓子仲間の女子友からの頂き物。「こういうかわいいの、ヒロさんによく似合うと思って♪」と、完全に女子扱いされています。

紅茶をこのようなクラシックなポットでサーブされると気分がアガりますよね^^

 

IMG_20161005_121646

こちらもまた頂き物で、どこで焼かれたものかは不明ですが、なんとなくシンプルでいい感じですよね?

厚手で大きく、大量のお茶を一度にサーブするときなどに使ったりします。

蓋を開けて、花瓶として使ったりもします。花束ってもらうと、一輪挿しには入りきらない量ですもんね 🙂

 

「わたしのポットもかわいいよ」というのがあれば、どうぞFacebookのコメント欄ツイッターからでも画像アップしてください~^^

 

 

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

Lineで更新を受け取る:

友だち追加