型紙で作る着物 – 順序「N16」~「全ての型紙をはずす」

別ページ「着物の型紙 女もの全サイズ」の詳細です。

縫う順序_女.pdf の通りに縫いますが、一つ一つ写真で解説します。

N16 裾をアイロン

仕立てで一番長さに誤差が出やすいのが身丈です。裾の縫い代は5cm分のゆとりを持たせていますので、最後に試着してから縫います。今のところはアイロンがけだけします。

まずは型紙を2点の点線に沿って折ります。

IMG_7401

その上で、布と型紙を合わせてアイロンをかけてクセをつけます。

7

IMG_7403

N17 衿にアイロン

衿の型紙を布に乗せ、マチ針を打ち、布を裁断しておきます。

8

型紙を折り、布と一緒に折ってアイロンをかけます。

9

「裏側」は「表側」より3mmだけ幅が広いです。身頃に縫い付ける時のために向きを覚えておきます。

型紙をはずします。

10

全ての型紙をはずす

ミシンで縫ったことで、紙がきれいに破れやすくなっています。縫い目に沿って引っぱり、ペリペリと破きましょう。

IMG_7404

たくさんの紙ゴミになります。

IMG_7408

型紙をはずした後。

11

 .

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.