型紙で作る着物 – 順序「N7」~「N8」

別ページ「着物の型紙 女もの全サイズ」の詳細です。

縫う順序_女.pdf の通りに縫いますが、一つ一つ写真で解説します。

N7 袖口、振り、袖付のアイロン

袖の2点の点線で、

IMG_7331

型紙を手前に折ります。

IMG_7332

その型紙と一緒に布も折り、アイロンをかけてクセをつけます。

IMG_7333

袖の両側に2点の点線がありますので、両方で行います。

さらに、左右の袖両方で同じことをします。

N8 袖と身頃を縫い合わせる

身頃は現在このように肩で縫い合わせています。

33

前身頃の片方を開き、

4

ここに袖を、肩山(前後の身頃を肩で縫い合わせたライン)と袖の真ん中で合わせて置きます。

3

袖は直線ですが身頃は「く」の字形になっているので気を付けながら、N8のラインが2枚の布で一致するように縫います。

縫い終わったところ。

IMG_7348

袖を広げたところ。着物の形になってきました。

5

 .

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.