針金とPPシートで、茶道の茶筅を作る方法

茶筅は作れる

竹以外で茶筅を作れないかな?と考えて、作ってみたのがこちらです。小さなホイッパーを使う手もあるけれど、本数が少ないのでうまく泡立たないのです。

これくらいに本数があると泡立つ模様です。

47F03990-367B-49E6-BDF4-3E096F975C7B0E0FB1D5-23F9-411B-A848-8EBC2A1F15F7 4B22A15E-339A-47FC-864D-59EA11534B1F 5E28BBBE-DCB3-4789-A98A-680E5475B350

動画はこちらです。泡立つ様子が分かります。この中の3個目です。

作り方

針金

こういうハリガネ、というか細い電線・コードを使います。合計8m以上あると良いです。

IMG_6083

これを80cmほどに切ります。

IMG_6084

半分に折って、

IMG_6085

さらに半分にします。

IMG_6086

さらに半分にします。すると4本のコードが巻いてあることになります。茶筅の本数として換算すると往復なので8本分です。

IMG_6087

同じものをもう1つ作って、合計16本になります。

IMG_6088

24本。

IMG_6089

32本

IMG_6090

40から。

IMG_6093

IMG_6095

IMG_6097

IMG_6101

IMG_6100IMG_6133

はい、80本までできました。

この根本部分を別のコードで巻いて固定しておきます。

IMG_6103

PPシート

PPシート 百均の厚さ0.75mmのものです。6cm × 10cm の線を引きます。

IMG_6109

切り落とします。

IMG_6110

ペンチ2つで両側を持ちながら、ガスコンロで超弱火の火をつけ、その5cmほど上のあたりで あぶりながらぐんにゃりと曲げます。重なる端の部分は、火に近づけて溶かし、接着しても良いです。

※ 火には十分気を付けて、自己責任で行ってください。

IMG_6111

重なった部分に、はんだごて 又は ガスコンロで熱した千枚通しか針で。穴を2~3か所開けます。

IMG_6112

ここに、別途針金を10~15cmほど用意して、開けた穴を通し、先ほどの針金の束を固定します。

IMG_6113

完成0E0FB1D5-23F9-411B-A848-8EBC2A1F15F7

茶道具はこのように、何でも作れるはずです! (^^

手作り道具を見せ合って、茶会がより身近になることを願っております。

ワークショップやります

みんなで和裁をやりましょう~^^
参加希望者が3~4人集まったら予定を調整しますよ。 .

 

今後の記事を読みたい方はご登録ください。

更新を受け取るにはFacebook登録




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする