裃(かみしも)を作ってみた!しかもリバーシブル。

8C77C0EF-EBE6-4C4D-BDD8-A7DB83BF4BF1

舞台衣装です

日本舞踊を半年前から始めましたが、太郎冠者(たろうかじゃ)という使用人の役で踊ることになりました。

こういうやつです。

kyogen14

参照:kanko.city.kyoto.lg.jp

裃という、肩からとんがった羽織のようなものを着ていますね。

僕もそれをつけて稽古したいなぁと思いまして。

そこで楽天で検索すると。。

1

お値段は21,286円。けっこう高い。。

買う気をなくした僕は、いつものように「無いなら作ろう」ということで、作ってみたのでした。

1号機

このような、

  • おはしょりを固定して縫ってしまう
  • 袖の長さを通常50cmのところ70cmにする

という実験のために作った余りの女着物がありました。

IMG_7293

これを切り取って、こんな形にします。

IMG_7342

ティーシャツの上にちょっと着てみると。。

IMG_7322

へにょへにょ。

肩がピーンとしません。

そこでもう一枚布をあてたら強くなるのではと思いました。

結果的にリバーシブルになるし。

2号機

IMG_7292

これも実験で作った綿ポリの女着物です。これを切り取ると

IMG_7349

同じ形になります。

1号機を重ね合わせます。IMG_7350

ちょっと2号機が大きいですが、

IMG_7351

端をこのように折り込んで固定し、縫います。

するとこのような、リバーシブル裃ができました!

5EA221D8-E38F-46E1-8CCB-69E5CEFAE21A A0D5809C-3D9B-492B-9C3B-CB00DBEBE97E

今回は生地を重ねたのでしっかりしてます。

着用

8C77C0EF-EBE6-4C4D-BDD8-A7DB83BF4BF1 B77CAA61-0CF9-486B-B69E-E5123BDEC69E

どうですかどうですか^^

なかなかサマになっていますね。

ではリバーシブルなので、裏面もいってみます。

6F9D9BF8-4F0B-4A28-8E82-4CA4AD0EA245

なるほどなるほど。

これだと無地よりも、なにか柄があった方がいいですなぁ。

まだまだ改善の余地はありますが、今後の3号機についてはまず次の稽古で先生に見てもらってから方向を決めたいと思います 😀