障子で和室に躙り口(にじりぐち)を作り、異世界への入り口となった。茶室を作るプロジェクト

vlcsnap-2019-02-28-13h53m59s568

躙り口の野望

今どきの賃貸物件で和室があるだけラッキーなのですが、これを茶室にするにはたくさんのハードルがあります。

もちろんですが躙り口(にじりぐち)は普通付いていませんw

ベランダを露地にして、客はベランダから窓を開けて和室に入るとします。

その際にかがんで入ってもらうよう、入り口は小さくしたいのです。

これを障子3枚で実現します。

前回の障子の作り方をベースに進めていきます。

障子3枚の構造

うちの窓は縦長二枚です。

20190228_2

こんなです。

ここに障子を3枚付けることで、躙り口を実現します。

20190228_3

3枚の障子は↓このような設置方法と動き方です。

  • 障子1:カーテンレールにかける。自由に動くので、日常生活に窓を開けたいときも便利。
  • 障子2:カーテンレールの支えにかける。全く動かない。
  • 障子3:窓にくっつける。窓に連動して動く。

構造は斜めから見ると分かります。三層になっていましてね、

20190228_4

この3層構造により躙り口の障子だけが、窓を開けると動くのです(^-^

設置方法

障子2

「障子2」は、カーテンレールと木枠の間の金具に引っ掛けます。IMG_6057

こんな風に。

IMG_6058

これにより、「障子1」が動くスペースができます。「障子1」も「障子」2も同じカーテンレールにかけていたら両方動けなくなりますからね^^

障子3

「障子3」の設置方法は、つっかえ棒を使います。

IMG_6060

このように窓につっかえ棒を付けます。

そこに、ハリガネでクリップを2個つけます。

IMG_6061

クリップで障子3をはさみます。つっかえ棒は「障子2」で隠れて見えないようにします。

完成

こんな風に、すっきりと仕上がります(^-^

C44292A3-6BF3-4001-99DF-BEBF16E5A14A

躙り口を開けたところ。

DFB665B4-2BAE-429E-B211-910671B2F957

茶室として使わないとき、窓を開けたければ左側の「障子1」をスライドして開けられます。

7714131D-A75D-40A9-BE1B-53046153652F

くぐってみた(動画)

着物で躙り口をくぐり、掛軸に挨拶するところまで撮りましたよ。

今後

さて、そろそろ茶室の中が出来上がってきました。

次のステップは外側です。

  • 外から見た窓がメタリックで味気ないので、木目調など、なんとかする。
  • ベランダに石を敷く
  • 木を植える

このように、露地を整えて茶室という異世界に入る心の準備をします。