割れた茶碗を漆で継ぎましたよ。金継ぎならぬ麦漆で茶碗を復活。

茶碗が割れました

皿洗いで手が滑り、茶碗が真っ二つに割れました(T-T

IMG_4936

これは百均ではなく、二子玉川 東急の地下街で偶然出会った茶碗。奥さん用の小さなご飯茶碗でした。たこ唐草(からくさ)という柄です。

IMG_4937

それがこの通り、真っ二つに。どんぶりを茶碗に落としたためだったと思います。

接着だけなら麦漆で

大切に使っているので、簡単に捨ててしまうのは惜しい。なんとかしてくっつけて復活されられないものかと考えました。

そこで思いついたのが「金継ぎ」という方法。自分でできたらいいなと思い検索しました。

http://hatoya-f.com/make-tools-material/make-mugiurushi/

こちらのサイトによると、どうやら金色にしなくても、生漆(きうるし)と小麦粉と水を使えば「麦漆」という接着剤になることが分かりました。

美しく復活しなくても良いので、最低限元の形にくっつけたい。そんな願いから、麦漆をやってみることにしました。

※あくまで個人的体験の実験結果です。

漆を通販で購入

楽天でこの生漆を購入しました。

image

ポップなデザインのチューブに入っています。

混ぜるだけ

数日後、チューブの生漆が届いたので作業を始めます。

IMG_4939

ビニール袋を敷いて、漆が他の場所に付かないようにします。割りばしを割って1本だけ作業用に使います。

IMG_4940

小麦粉をちょっと(ティースプーン半分くらい)を出します。

IMG_4941

同じくらいの水をかけます。

IMG_4942

全て混ぜます。

IMG_4943

生漆を同じくらい乗せます。(写真だと少ないですが、この後もう少し追加しました)

IMG_4944

生漆を小麦粉&水に、少しずつ混ぜていきます。

IMG_4945

こんな感じでどんどん混ぜます。

IMG_4946

生漆を全て混ぜたところ。ここからもう数分混ぜ続けます。

本当はもっと厳密にはかり時間をかけるそうなのですが、今回はだいたい&時短でやってみています。今後もサクッと皿を直していきたいので、これでうまくいけばしめたものです^^

これでとりあえず麦漆という接着剤の完成とします。

皿をくっつける

IMG_4948

割れた茶碗の断面に、完成した麦漆をつけたところ。

IMG_4949

そして15分ほどおいたところ。けっこう暗い、こげ茶色になってきました。

↓茶碗を合わせたところ。

IMG_4950

IMG_4953 IMG_4952

IMG_4951

金継ぎと違い色が非常に地味ですがw 今回の目的はつなぎ合わせることだけなので、良しとします^-^;

IMG_4955

そして、キッチンの手の届きにくい場所に1週間置いて乾燥させます。

完成

1週間は結局待ちきれずw、4日後くらいに取り出して見てみました。

IMG_5143

なんかくっついたっぽいです!グラグラしません。

IMG_5142

でも、微妙に隙間が空いていて、向こう側から光の見える個所があります。

ご飯を乗せる分には支障ないけれど、お茶漬けだと汁が漏れます(^-^;

IMG_5144

麦漆がビチャビチャに塗り散らかったまま固まりましたw

ここは普通、紙やすりなどできれいに落とすそうなのですが、今回は面倒なのでそのままにしておきます。

IMG_5145

とりあえず完成です!実際にご飯乗せて食べてみます! ^-^

今度は小さな穴をふさいで汁ものにも対応するのと、端の欠けも麦漆で滑らかな感触にしたいと思います。

結果は成功ということで 😉

割れた食器を継ぎながら、お皿たちとの友情を末永く深めていきたいものです^^)v

追記:ビチャビチャに塗り散らかった麦漆

表面に残ってしまった麦漆ですが、皿洗いの時に濡らしてこすったら簡単に落ちました。

これは食べたくないので^^; 事前に洗っておいて正解でした。

むしろ水分でふやけてしまうということは、汁ものを入れると接着剤としてはあまり頑丈でないのかも。慎重に使うことにします。