IMG_20160330_100032

呉服屋さんの3代目と会ってきましたよ

IMG_20160330_100032

横浜だもの

どこかの着物の若旦那とのつながりとか、ほしいな~とかブログに書いてたらコメントもらいました! 会いに行ってみました、横浜に。

彼も僕も横浜生まれで、横浜を愛しているのですよ。僕は約1ヶ月ぶりに横浜市内に足を踏み入れて、深呼吸ができました。

誰しもこんな感覚ありますよね?東京人ぶるのは疲れたというか。。 いつかみなとみらいで働くのが夢でしたし、、横浜市に税金を納めたいし、住民票を横浜市から動かさなかったのですが、ついに おととしあきらめて東京都に移してしまいました。

前回横浜市の都筑区にITの仕事で行った時は市営地下鉄グリーンラインのホームで「横濱市歌」のメロディーが流れて、つい口ずさんでしまいました。

なんとも開港直後の雰囲気のマーチと、間奏のゆったりした港の風景を想起させる雰囲気の両方が好きです。

みなとみらいエリアをずっと歩いて桜木町駅そばのスタバで待ち合わせたのですが、そこまでにある各お店に思い出があります。友達とだったりデートだったり、10代~20代の頃の。

若旦那

そんな横浜を愛する気持ちを共にする若旦那にお会いしました。

IMG_20160330_113904

柔道をやっていらっしゃるそうで、しっかりした体格でした。でも物腰は柔らかで、話も分かりやすい。

彼は学校を卒業してから一度別業界に入り、それから昨年家業を継がれたそうです。その経験から見える着物業界の色々についてお話を聞かせてくれました。

また、業界が違うからだけでなく、彼と僕の世代から見ると昔ながらの商売の方法なんですよね、着物業界って。そういう点でも特殊な業界になってしまったようです。

生まれた時から着物に囲まれている彼とは違い、僕はここ数年で頻繁に着ているだけの人です。彼から色々教えてもらいましたよ、雪駄のかかとって交換するものなんだーとか、歩くとき雪駄のかかとって擦る(する)ものなんだーとか。

二人でお向かいで、写真を撮り合いました↓ IMG_20160330_113926

 

話し合った問題点と対策

業界内のどの人に会っても、うすうす僕の思っていた問題点を言われるので、だんだん確信に変わってきました。

  • 着物って高そう
  • 着物屋さんに入りにくい
  • 着ていく場所がない
  • 着方が分からない
  • 「こうなりたい」という目指すモデル的な人がいない (伝統芸能の人だと遠過ぎて現実味がない)

でも今回はその詳細と背景まで解説してもらった感じなのでw、とても勉強になりました^-^

衰退していく着物市場を、これからどうしようかと話しましたが、問題が方々で山積しているので、初対面でカフェでちょちょっと話して対策が出るかっつーと出なかったですw

ま、僕が一つ一つ問題を部分的にでも解決していこうかと思いますー^^ 彼と協力していったりして。

彼も僕もお茶をやるので、そのうちプライベートでひそやかに茶でも点てて交流を深めていくかもです 😉

彼のお店

そうそう、彼のお店はどんなところかというと。。

ぐみょうじ 車屋呉服店」。

行ったことはないですが、ストリートビューだとこんなです。kurumaya1商店街の中にあるようですね^^ 広そう~。

駅でいうと横浜市営地下鉄ブルーラインの弘明寺駅。横浜でイベントやるならこちらを会場にしてもいいそうです~ 🙂

まずは「呉服屋って怖くないんだよー」って分かってもらう運動からしなきゃですしねw

ほんと、お店によるらしいですよね、「店に来たら絶対売る」みたいなのをやるのって^^;;;

インタビューしてまわって記事にしたい

今度彼にインタビューして記事にしたいんですよ。どうして呉服屋をつごうと思ったんですかー?とか。

そのようにして、業界の方々でインタビューしながらつながりを増やしつつ、業界の現状をもっと正確に知りたいですー。

そんなこんなするうちに、打つべき手が分かり、手を打つチカラがついてくると思うんですよね^^

「いいとも」のインタビューのバトンみたいのがいいです、「じゃぁ、次回は来てくれるかな?」って言いたいーw

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

Lineで更新を受け取る:

友だち追加