IMG_20160116_111737

着物のたたみ方:丸めてポイ

IMG_20160116_111737

教科書は疲れたょ

着物の本などに書いてありますよね、着物のたたみ方。

床に広げて衿を合わせて、右から左に持ってきて。。。とか。

洋服に慣れているボクらからは、突っ込みどころが多過ぎるんですよね。

  • 床がホコリだらけだったら、たたむと着物にホコリが付いてしまう(T-T
  • 飲んで帰ってきて、着物の端と端を合わせるなんてできなーい (;´Д`)
  • 毎日コレやるんすか?w

だって、パーカーやフリースをいちいちていねいにたたむ人なんていませんよね?たいてい椅子にかけておくとか、ソファにポーンと投げ打っておくとか。

てことで、教科書に「正気っすか」と突っ込みつつ、我々はどうするかというと。。

ワカモノキモノ的たたみ方 1

注:偉いセンセイなどの前でコレをやるとたぶん怒られます。良い子のみんなは自宅でこっそりやりましょう!「ワカモノキモノがこうやれって言ってました」とも言わないでくださいw 秘密です。

↓は、店主の寝る前に布団の横に置いた羽織+ライナーです。IMG_20160114_000342必殺の「丸めてポイ」です。

でもポリエステルのせいか、シワが付かないんですよー、一晩置いたくらいでは。重ねて重圧をかければシワになるでしょうが。

ワカモノキモノ的たたみ方 2

でもさすがに「丸めてポイ」だと部屋の見た目にも美しくないので、タンスに入れておくべく たたみます。

でも床に置いて時間をかけたくないので、こんなたたみ方をしています。

まず、着物を持ち上げます。
IMG_20160116_111610

そして、片方の袖を持ちます。
IMG_20160116_111628

両方の袖をまとめて持ち上げます。
IMG_20160116_111650

袖を身頃(みごろ。本体のこと)の方にたたみます。IMG_20160116_111659

こんなんなります。
IMG_20160116_111707

袖の高さを基準にたたみます。
IMG_20160116_111711

こんなんなります。IMG_20160116_111716

さらにもう一回たたみます。IMG_20160116_111724

だんだん短くなってきました。IMG_20160116_111729

さらに半分に折ります。IMG_20160116_111732

ここまで来ると、たんすに入るサイズになりますね。IMG_20160116_111737

できたー。いえーぃIMG_20160116_111744

条件

これができるのは、シワにならないポリエステルやデニムなどの素材か、シワになってもアイロンをかけられる木綿などに限られます。

しかしこのような素材は一般に安いので、この条件で困る人は少ないでしょう。

そんな着物をお持ちの方は、一度やってみたらイイデスネ 😉

実は「袖たたみ」だった

翌日の追記です。読者様から教えて頂いたんですが、これはこれで既にあるたたみ方だったんだそうです。

「袖たたみ」。
o0370056010280038636参照:ameblo.jp

いやーもう朝から赤面でしたよw

でも、これで恐れることはありません^-^

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です