IMG_20161008_142957

作り帯と二部式の使用感と改善点「でも楽!何よりも楽。これで飲みに行きたい」

IMG_20161008_142957

僕は着る人ではないので

とある着物仲間に依頼され、作ってみた作り帯と二部式着物。

僕も一応、カーテンを閉めて外から見えないようにして、ちょっと身に付けてみたりしましたが、どうしてもその価値や使用感が分らんのです。

そこで、今日は女性に着てもらいましたよ。

こんな作り帯

写真で表・裏から見てみましょう。

IMG_20161008_143733

帯締めを付けたところ。

 

IMG_20161008_143819

反対側から見たところ。なかなかコンパクトですよね?

着用写真

着てみたらこんなんなりました。

IMG_20161008_225600

すごい着物着てるっぽい!まだ半襟がないけど。。裾が広がってしまっているのと、おはしょりが斜めってるのが明白ですね。

IMG_20161008_225604

着物着てる風な。。あと一歩という感じですね。

 

IMG_20161008_225611

 

帯締めしていないので、結び目が落ちてずれてますw

 

感想

では、使用感を聞いてみましょう。

長所から。

  • 本物の着物と比べて動きやすい
  • 袷(あわせ)は窮屈で動きくく暑苦しいイメージがあるが、この袷の二部式は全然そんなことない。
  • 腰紐を腰で結んでいないから、足をつけねから動かせる
  • 腰紐2本+伊達締めがないのでとても楽。
  • 本物の着物だと着付けに15分~1時間かかるが、これは1分でできる。早い。
  • 茶会に軽~く持って行って、その場で着て、脱いでそのまま飲み会へ行ける気軽さ。

では短所・改善点も。

  • 前身頃の左(前)下半分の紐の長さが40cmほど足りない。紐が結びづらい。
  • 下半分の紐は、腰紐のように幅のあるものが望ましい。普段使っている二部式襦袢は腰紐の半分くらいの幅なので、それくらいでいい。今の紐だと細過ぎてグイッとして苦しい。
  • 半襟がないので付けてほしい。
  • 下半分の、衽(おくみ)のラインがまっすぐに降りない。
  • おはしょりが斜めっている。
  • 横と後のおはしょりが出すぎている。
  • 上半身に紐が欲しい。二部式襦袢でも上半身は紐で固定するようになっている。

アイディアも。

  • 衿の抜き具合とあき具合を決めて伊達締めで締めて、それから作り帯を巻くと、より美しくなりそう。
  • 着物か半襟どちらかに衿芯を入れてほしい。さらに、たたむときのために衿芯を抜けるようにしてほしい。
  • 袖と裾の内側に、襦袢のような「うそつき」を付けたらより良い。

ということでした。

全て言い終えた最後に、「でも楽!何よりも楽。これでお稽古に行きたい。サク飲みとか。飲みの帰りとか着物で歩きづらいから。」だそうでした。

作っていざ着せてみると、なかなか可能性を感じるのでした ^-^

古着の着物をリメイクするのでも、千円台の着物ならリメイク代・送料込みで1万円ちょっとで販売できそうです。

また進捗がありましたらお知らせします!

 

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

Lineで更新を受け取る:

友だち追加