茶杓の作り方

IMG_20210412_151543_857

意外と作れる、茶道の茶杓

昔の茶人はみんな自分で茶杓を作り、名前を付けていたようです。

今の僕らにとって茶杓づくりが難しそうに感じるのは、

  • 竹を入手しづらい
  • 削る道具がない
  • 削る刀と火が危ない

といった問題が山積だからかもしれません。

でもやってみて感じるのは、

  • 竹は意外と身近に生えているし、楽天などでもわりと安く買える
  • 専門的な道具は不要で、身近な道具だけで済む
  • 刀は小さな彫刻刀1本で、火はガスコンロなので、大けが・大火災の危険性は低い

と思うのでした。

大丈夫、やれます(^-^)b ということです。

完成品

こんな感じで、自分好みの形やサイズで作れます!

IMG_20210412_151543_993

※ 今回は先端がちょっと焦げてしまいました。火に近づけ過ぎたのと、事前に熱湯に浸ける必要があったための模様です。

竹の入手

材料は竹のみですが、その竹はどこで手に入るのでしょうか?

こちらは近所の森で採り、ベランダの飾りとして数か月置いて乾燥したものです。

※ 採取にはノコギリで根元を切るだけです。細めの竹(太めの笹)でも大丈夫そうな雰囲気です。

PXL_20210411_081919169

ここからは 火と刀を使いますので、十分に注意するとともに自己責任で行なってください。

作り方

長さ

乾燥した竹を、長さ19.4cmほどに切り落とします。

※ 長さも太さも自由です。今回は僕の持っている茶籠のサイズに合わせて18.5cmとしました。

※ 真ん中に節が来ると、最も一般的な「中節」となります。

PXL_20210411_100350009

次に、幅10mmほどに切り落とします。

※ 僕の好みで、今回は1.5cm幅にしています。

ニッパーで切り込みを入れて、

PXL_20210411_100511716

ハサミでグリグリと、その切れ目を広げます。

PXL_20210411_102532502

このようにパキっと割れます。

PXL_20210411_102543918

※包丁をナタのように使っても切れる模様です

切ったところ。

PXL_20210411_102620135

脇を削る

茶杓の形に線を引きます。

茶杓の形はいろいろですが、一般的には下端から中の節が6mm程度、上端(櫂先、かいさき)が10mm程度です。

PXL_20210411_122933775

線で引いた形に添って、彫刻刀で太い方から細い方に向かって削り落としていきます。

※細い方から太い方に削ると、パキっと折れて全て細くなってしまいます。

PXL_20210411_123023326

節の部分は彫刻刀だと硬くて切れないので、ニッパーでパキッと切り落とします。

PXL_20210411_124354484

途中経過。

PXL_20210411_125736901 PXL_20210411_131058548

まだまだ太いので、もっと左右の脇を削り落としていきます。

厚みを削る

脇を削って幅を整えたら、次は厚みです。

節から下の部分は半円状にふっくらと厚みがあって良いのですが、節から上端(櫂先)に向かっては薄くしていきます。

PXL_20210412_053533541

特に櫂先部分は、曲げるためにペラッペラに薄くします。

櫂先を曲げる

湯で櫂先を数分煮た上で、櫂先を曲げます。ペンチ2本で押さえて、軽く曲げる力を加えます。曲げる方向は竹の皮のついた方が内側です。

vlcsnap-2021-04-13-21h36m34s417

vlcsnap-2021-04-13-21h36m48s204

vlcsnap-2021-04-13-21h36m53s165

と、このように曲がります。

今回は事前に湯で煮ておかなかったのと、火が近すぎたので焦げてしまいました 🙁

vlcsnap-2021-04-13-21h37m04s186

曲がったら冷水につけ、形をおさえたまま乾燥させましょう。

完成

焦げてしまったので説得力のない仕上がりですが、次回また作ることがあったらこの記事をアップデートしておきます(^-^;

IMG_20210412_151543_857 IMG_20210412_151543_993

意外と気楽に作れるので、みんなで茶杓を作って見せあいましょう~~☆

 .

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.