丸盆の作り方 百均の材料で

IMG_20210409_074930_525

丸盆は作れる!

丸盆を作りたい!という人はなかなかいないとは思うんですが、提案です 😀

今回僕は、自分で編んだ茶籠に合わせたサイズぴったりの丸盆がほしくて、作ることにしました。

IMG_20210409_074931_303

作れると何がいいかというと、

  • 自分オリジナルなサイズや色・柄の盆が作れる
  • 自分で作ったから思い入れが生まれる
  • 市販品のも自作のも、壊れたら直し方が分かる
  • 職人のすごさが分かる、工芸品の見どころが分かるようになる

ということなんです 😀

なので、作り方だけでもぜひ見てほしいです~☆

完成品

今回作ったのは、このような丸盆です。

IMG_20210409_074931_324

ホッチキスで接合しています。

IMG_20210409_074931_101

ニスを塗ったので表面がツルツルです。

材料

  • プラダン(プラスチック段ボール)
    底面に使います。軽いのに折れにくい素材です。

PXL_20210402_132739490

  • PPシート(ポリプロピレン)
    側面に使います。曲げやすい素材です。

PXL_20210402_132152172

  • アクリル絵の具
    今回は黒ですが、好きな色でOKです。

PXL_20210403_122631765

100000001005768011_10204

作り方

切り落とす

プラダンにコンパスで円を引きます。うっすらと黒い線が入っているのが見えるでしょうか。
直径27.5cm、半径だと13.75cmです。

PXL_20210402_132739490

線通りにプラダンを切り落とします。これが底面になります。

PXL_20210402_133055384

PPシートは四角に、43.1cmx3cmを2枚切り落とします。これは側面です。

PXL_20210402_132152172

※ 僕の持っているPPシートが短かったので2枚にしましたが、89.3cmの長さがあれば1枚で、89.3cm x 3cmに切り落として使います。

細長く切った2枚のPPシートは、あらかじめつなげて1枚にしておきます。ホッチキスで2~3回ほど留めます。

PXL_20210403_115129336

※ この写真だと底面との接着作業をしながらPPシートをつなげていますが、これだとやりづらいです。

PPシートはぎりぎりホッチキスが貫通しますが、2枚まとめると貫通しないことが多いです。それどころが1枚だけでも貫通しないこともあります。

PXL_20210403_115416608

そんな場合は、あらかじめ1枚ずつホッチキスして針をはずして穴を作っておくか、裁縫道具のリッパーや千枚通しなどを使って穴を開けておきます。

PXL_20210403_115457065

リッパーだとこのように穴を開けます。

PXL_20210403_120735641

接合する

その上で、ボンドを底面の横にたっぷり塗ります。

PXL_20210403_102254861

PPシートを乗せます。

PXL_20210403_102337699

セロテープで、ボンドが乾くまで仮止めしておきます。

PXL_20210403_103411023

そのままボンドとセロテープで貼り進めます。

PXL_20210403_103619695

PPシート側にボンドを塗る方法でもOKです。

PXL_20210403_103723134

上から見たところ。

PXL_20210403_104814813

1周して、重なる部分は約2cm。長すぎたら片方の端を切り落とします。

PXL_20210403_115234589

上述したように、PPシートをホッチキスでとめます。

PXL_20210403_121542285

下から見たところ。セロテープで乾くまで固定します。

PXL_20210403_121550000

色を塗る

アクリル絵の具を塗ります。

PXL_20210403_122631765

このようにビーっと出して、

PXL_20210403_122720938

筆で同じ方向に均一に伸ばし、塗ります。

PXL_20210403_122822208

途中経過です。

PXL_20210403_123048036

内側の角も、しっかり塗り込みます。

PXL_20210403_123058197

内側を側面まで全て塗ったところで、いったん乾かします。

PXL_20210403_123651401

乾くとこのように、マットな質感でツヤがありません。ツヤがほしい場合には追ってニスを塗ります。

PXL_20210403_222008220

裏側は、セロテープが貼ってありますが、ボンドも乾いたのではがします。

PXL_20210403_222016998

はがしたところ。

PXL_20210403_224734409

さらに、裏側も塗り、乾かします。

PXL_20210403_232315074

ニスで光沢を出す

光沢を出すためニスをたらし、筆で均一に一方通行で塗ります。 PXL_20210406_231855726

塗り終わったところ。白く半透明な部分もありますが、乾くと透明になります。

PXL_20210406_232510581

完成

1回だけだとまだザラつきがありますが、3回ほどニスを塗ると、このようにトゥルルンとした表面になります。

21-04-09-07-30-09-842_photo 21-04-09-07-30-21-750_photo

さて、どうぞあなたも、あなたのサイズと色・柄でぜひ作ってみてください! 😉

質問がありましたらコメントにてどうぞ。

 .

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.