14524374_869579559838857_5499363760755910022_o

若い人の着物へのきっかけ:「ティーシャツ感覚で着物を買えるなんて知らなかった」

14524374_869579559838857_5499363760755910022_o

ついでに着せる戦法

先日和室でイベントがあったのですが、男着物を2着、余分に持っていきました。荷物になるので腰紐や襦袢、足袋などは持っていけないのですが。。

いつもの通り、和室の隅に着物をポンと置いておいて、タイミングを見計らって「着物あるよ?着る?」と声をかけます。もしくは、必ず「どうして着物を着られるんですかー?」といった僕への質問タイムになるので、そのついでに、すぐそばにいる男性をつかまえて「あなたのような人もサッと簡単に着られるんですよ、実は。着てみます?」と言って、たいてい「Yes!」と答えてくれます。

たたんである着物を広げ、はおってもらいます。帯は僕が彼らの周囲をグルグルして巻きます。

IMG_20160925_144740

はい、できましたね。ちょっと緊張してます。

14524374_869579559838857_5499363760755910022_o

でも、カメラを意識しないと自然体になるようです。

 

もうおひとかたも。

IMG_20160925_171003

「撮りますよー」といって撮れた写真。

 

IMG_20160925_171008

「ポーズ決めてください」とリクエストしたらやってくれた図。

 

これを繰り返すと

これ、一人に一回やっただけだと特に効果はないんですが、イベントに何回か来てもらって、2~3回くらい着ると、だんだん次のステップに進みたくなる殿方も現れます。

話の流れで着物の入手方法になり、高いのは呉服屋でオーダーメイドから、安いのは古着屋とかネットのセットものとかの説明をするのです。

そうするとおもしろいもので、人により、「えー古着屋で2千円で買えるなんて、そんなティーシャツ感覚じゃん!」とか、「いやー、オレはアフターケアを期待しているし安いと品質悪いのかと不安になるから、それなりに高いのがいいなぁ」とか、様々な反応が得られます。

にしても、「ティーシャツ感覚」とはまたよく言ったものですね^^ 僕もどこかで使いたいです、この言葉。

で、その後彼らにリクエストされて、まずは門前仲町の古着屋にツアーに行くことにしました。

さらに彼らから提案されました。「このツアーでお金をもらえばいいのだよ。よく分からない店に行って分らないまま言われるがままに買うよりは、今後の知識になって安心して買い物ができるなら、それが価値だよ」だとのことです。

そういうものなのですね、検討します 🙂

 

和文化は未体験ゾーン

彼らに「なんで元々検索したりして着物を探してこなかったのに、僕が直接着せたら興味を持つようになったの?」と聞いてみました。

彼ら/彼女ら(この時代の若者)にとって、日本文化というのは、トルコ文化やアフリカ文化と同じくらいに遠いものなんだそうです。だから未体験ゾーンへの突入を求めて、全くの異文化として興味があるのだそう。

なので、いちいち全ての異文化を毎日気に留めるわけでもないようなのです。

それが、友だちの誘いでふらりと来てみたら、けっこういいじゃないかと。和室とか庭園とか着物とかって!みたいな。

その世界観まるっと気に入る中で、「着物もいいかも?」と思い始める模様です。

以上が現場からのレポートです。

 

さて、次は一般ユーザ向けというよりは、着物屋さん・会場屋さん向けですが。。

呉服屋さんの困りごと:若いお客が新規で来ない

僕はまだ業界経験が浅いので本当かは自信ないのですが、呉服屋さんが「既存の顧客基盤はとても上の世代。そろそろ腰が痛いとかで着物を着られなくなっている。なのに若い人が新規のお客に来ない」という困りごとがあるっぽいのです。

ほんとかな? 大手の呉服屋さんだと無料着付け講習をやったりして若い女性を獲得しているところもあるようですが。

小さなお店が、そんな風に困っているのかもですね。

僕の発見から言えることとしては、

  • 単に「着物=かわいい!着たい!」となる層には、より簡単に着られる二部式などの着物で早々に手軽にデビューしてもらう。スイーツ付き写真撮影会なんかしちゃったりして。
  • その他の層「なんか日本文化、知らないけどステキっぽいよね」については、まずは美しい和室とか庭園とかで世界観を少しずつ体に馴染ませていく。その片隅に着物がある。

くらいのスタンスで無理のない着物生活への導入を促していけばいいのではと思います。

「ちょっと話聞きたい」とか「うちもやりたい」とかであればスタバでお会いしましょう^^ コメントでもメールでも。

当店の商品

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

「若い人の着物へのきっかけ:「ティーシャツ感覚で着物を買えるなんて知らなかった」」への2件のフィードバック

  1. お買い物ツアーみたいなのは、個人の着付け教室の先生がやってますね。
    生徒さんにサービス的にやっている方もいれば、ツアー代を頂いている方、コーデアドバイスも盛り込みコーデネートレッスンとしている方まで様々です。
    要は、お代を払う価値があると相手に思って貰えるかがミソでしょうかf(^_^;
    でも男の人は着付け教室に行かないでしょうから、ヒロさんが外人にツアコンして、お代頂くのと同じ様なモノですかね。
    男着物で買い物付き添いやってる方って、居なそうだから成り立つかも。一時期、洋服でもお買い物アドバイザーとか代理コーデとか流行ってましたから着物でも有りですよね。
    私も日本文化に精通してるでなく、着物なんちゃってレベルですので、日本文化の継承とか大層な事で着物着てる訳じゃなく、ただの趣味です(^_^)
    さすがにアフリカまで未知な感じはしませんが、最近の若者はネットでTVも見ないから、興味ないと情報が片寄りやすそうですね。私が子供の頃は時代劇も多くて面白かったので。
    ヒロさんが樹々きりん知らないくらい、若者とのジェネレーションギャップは進んでいるのかもですね~。
    呉服屋さんは後継者が居ない時代ですから、今の顧客と同時に朽ちて店畳む気の所も多いそうですよ。
    新規の客の獲得とかは会社(チェーン)形式の店とか学院とつるんでいる所は、色々やってるとは思いますが。
    後継が居る店は、やはり横浜の若旦那みたいに模索してますよね。この間のサローネは、カーニバルと言うイベント主催者の有志が多く活動してて、ネットでストリーム配信したり、イベントやったり、精力的に着物を好きになって貰おう、着物の未来を考えようと頑張ってまして。
    名古屋の呉服屋さんの若旦那さんです。一時期、盛り上がったキモノジャックも今は、この方々主催の名古屋ジャックが廃れず開催されていて、名古屋の着物シーンを盛り上げてます。
    ティーシャツ感覚くらいが今の若者には分かりやすいのでしょうかね。着物もツワモノは本当に安い値段で買ってる方もいらっしゃいますから。
    私はネットで着物買いでしたが、気に入った物は値段が上がって、そこまで安く手に入れられなかったし、結局、安物買いは銭失いが多かった気が致しますf(^_^;痛い勉強代でしたわ~。
    そんな回り道せず、入口広く、ハードル低く始められるなら良い事ですね。
    浅瀬でチャプチャプするも良し、深~い着物沼に嵌まって行くも良し…Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

    1. 男性向けの着物ツアー、ありかもですかね^^ ちょっと試しでやってみて、その上で公式に募集かけるかもです。

      今のお客と同時に朽ちるってすごいですねw まぁ店主も客も高齢化が進んでいるということなんでしょうね^^;;

      Sさんくらいまでに上達するとアンティークがほしくなってきたりと、ほしい着物が多様化しますよね。僕としては、入り口は新品既製品か古着で安くデビューして着慣れてほしいという感覚になってきました。
      その後に深い沼へとどんどんハマらせていきたいですよねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です