和の恋バナ「伊勢物語」は、究極のラブストーリー。

The Hunt

古典を写真で分かりやすく。

皆さん(学校の講義風に)、「伊勢物語」って読んだことありますか? 僕は周りの人に聞くと「ない」って言われます。

でも皆さん、高校の教科書に出てきた人もいると思うんですよね 🙂

伊勢物語って、とあるクールガイについての噂話をみんなでまとめた本と言われています。短編小説のようなものです。

今日はその中から「あづさゆみ」という話をお聞かせします。「あづさゆみ」という弓にたとえて恋の気持ちを表現したのです。

その「弓」という言葉の出てくる和歌も登場しますから、皆さん声に出して読み上げてみると、5-7-5-7-7のリズムに乗れて楽しいですよ^^

そう、和歌って文学でもありますが、音楽でもあるんです。

そんな物語と音楽、両方を兼ね備えた「いせものがたり」、読んでいきましょう 😀

写真で見る「伊勢物語」

Countryside

昔むかし、片田舎のお話です。

couple.

ある男女が共に暮らしていました。

the happy couple

幸せな毎日を過ごしていました。

Luna-llena-solsticio-de-verano参照:hombrestrend.com

ある時男は、都市に働きに行くと、

break up

そう女に伝えました。

Breaking Up

そして男は旅立ってしまいました。

Letter

女は男からの手紙を待ちます。

House on the Ocean

夏が来て、

On the shore of the Saimaa canal

秋が通り過ぎ、

snow

冬を越し、

Blossom Cherry

春が訪れても、男は戻ってきません。

alone

女は一人待ちます。

Alone......

そうして3年が経ちました。

tired girl

女は疲れます。

SMILE

そんな時、女に言い寄る別の男が現れます。

Dating and Dinner

その言い寄る男は誠実で、心をこめて求婚してきました。

Accept

悩んだ末に女は、

Bride

「今夜、結婚の誓いをしましょう」と約束します。

Sunset

日は暮れて、その夜が近づきます。

Back home

そこに、都市で働いていた男が帰ってきました。

Georgian door

男は、ドアを開けてくれ、と叩きました。

It hurts to become.

しかし女はドアを開けることなく、

Messages...

歌を詠み、窓のすきまからそっと差し出します。

 

あらたまの としの三年(みとせ)を待ちわびて

ただ今宵こそ新枕(にいまくら)すれ

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

3年間も待つことはできなくて、まさに今夜、別の人と結ばれるのに。

 

No one compares to you.

男は悲しみます。

Happiness as bright as these flowers.

そして、女との思い出が浮かんでは、

The rare case of butterflies.

消えます。

No. 52

そして男は あきらめて、歌を詠んだ。

 

あづさ弓ま弓つき弓 年を経て

わがせしがごと うるわしみせよ

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

弓にも色々あるように、僕らの間にもたくさんの思い出があります。

どうぞ今夜結ばれるその男にも、優しくしてあげてください。

 

Walk away

そうして男は立ち去ろうとしました。

女は後姿に向かって詠みます。

 

あづさ弓 引けど引かねど昔より

心は君によりにしものを

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

弓を引いて糸をよるとしても、よらなくても、昔から心は君に、寄り添っていたのに。

 

Walking Away ....

それでも、男は去っていってしまった。

Explored #149

女は悲しみます。

Lost innocence

そして、男の後を必死に追いかけます。

Creek

岩間に水の湧くところまでは なんとかたどり着きましたが、

let it pour and let it fall

そのまま倒れてしまいました。

Creek

そこにあった岩に、

指の血で、歌を書きつけました。

 

あひ思はで離(か)れぬる人をとどめかね

わが身は今ぞ消えはてぬめる

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

思い合わず、離れていく人をとどめられなくて、

私の身は、今死んでいきます。

 

そして、その場で息が絶えることとなりました。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Couple

幸せな時間はありましたが、最後は結ばれることのなかった、二人の物語です。

 

平安文学への入り口

さて、いかがでしたでしょうか? 内容が分かれば楽しめますよね^^

他のお話もこのようにしてまとめてほしければ、どうぞコメントなどくださいね~ 😉

Facebookで更新を受け取る:

Twitterで更新を受け取る:

メールで更新を受け取る:

RSS登録

rss_001_e-trans

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です