茶杓の仕覆の作り方

178731470_167327168523689_196187911428712155_n

詳しい解説

今回説明する茶杓の仕覆は、右側にあいたままの出入り口があるタイプです。

この仕覆の作り方を、詳しく解説します☆

完成形

裏地がチラ見えするのが魅力のこの仕覆ですが、裏地には花柄の生地を使ってみました 😀

178201226_1099235540586821_4386330371046582416_n

生地選び

さて、まずは楽しい生地選びから。

入れたい茶杓の下に、いろんな生地を置いて比べます。

PXL_20210422_070404494

これは妥当で真っ当ですが、ちょっと面白みに欠けるかなと。。

PXL_20210422_070410934

これは華やかですが、男性用なのでちょっとかわいすぎるかなと。。

PXL_20210422_070434874

これくらいのストライプが、わずかにかわいいくらいなので良い感じです。これを表地に決めました。

では次に裏地ですが、表地の下に候補の裏地を置いてみます。

PXL_20210422_070600803

なかなかいいです。チラ見するくらいのかわいさが、今回はちょうどいいです。

裁ち落とし

表生地はこのようなサイズで裁ち落とします。

20210429_1

こちらは裏生地です。

20210429_2

写真は左が表生地、右が裏生地です。

※表生地は長さが足りないので短いです^ー^;

PXL_20210422_072152791

ミシン縫い

表生地を横半分にパッタンと折り、下図のように、ミシンで直線縫いします。

20210429_3

裏生地も同様にミシン縫いします。

20210429_4

↓は実際に縫ったところ。

PXL_20210422_095643786

※縫わないところが狭すぎましたが気にしないでください。

表裏生地を重ねる

筆やボールペンの付け根で表生地をひっくり返します。

PXL_20210422_095736114

口(縫わなかったところ)から表側が出てきます。

PXL_20210422_095810772

全部出てきたところ。

PXL_20210422_095927977

ここに、表生地の口に裏生地を入れ込みます。

PXL_20210422_100044445

裏生地の口と表生地の口が重なるようにします。

PXL_20210422_100144872

奥までキッチリと入れます。

PXL_20210422_100537883

手縫い

これから表生地と裏生地を縫い合わせます。

裏生地の縫い代を外側に折り、表裏の縫い代が重なるようにします。その上で、表裏の生地の口をクケて縫い合わせます。

PXL_20210422_103521966

口の付け根は閂止め(かんぬきどめ。グルグル巻いて最後に玉止めします)で処理します。

PXL_20210422_104938468

完成

これで完成です!

178731470_167327168523689_196187911428712155_n

ご質問などありましたらコメントでどうぞ☆

 .

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.

 

.