フォーマルさの加減2:色(明暗、意味)

 

フォーマルさの加減2:色(明暗、意味)

 

こんにちは、店主のヒロです。

前回の記事では素材についてでしたが、今回は色についてです。

「着物」というと結婚式などのフォーマルなイメージがあるので、少しカジュアルダウンするだけでオシャレな日常着になりますよ、という提案です^^

色の面からも、カジュアルダウンできます。

 

結婚式の色

 

メンズが神前式で着るものといえば紋付袴(もんつきはかま)ですが、この色は主に黒、グレー、そして少しの白です。

 

 

モノトーンが最もフォーマルなのです。洋服のスーツでもそれは同じですよね。

 

結婚式・お葬式では黒のスーツですが、ビジネスでは紺や茶など、色が付くこともあります。それはビジネスの方が少しだけカジュアルだからです。

 

上の写真だと、スタバのカップとカバンが黒なら、さらにフォーマルな印象になるはずです(笑)

 

切腹の白

 

以前僕は、「普段から洋服で白シャツを着るから、白の羽織を作ろう」ということで作ったことがあるんです。

 

そうしたら。。

 

 

本当にこんなイメージで、これから切腹する無念な侍にしか見えなかったのです(T-T

 

白はフォーマルですが、切腹のイメージがあるので、着物や羽織に使うのは避けましょう。

 

色の面積が広いほどカジュアルに

 

洋服で言うと分かりやすいですが、こちらのバク転されている男性なんかは真っ青なティーシャツなので、とてもカジュアルです。

 

 

それに対し、↓の男性はスーツなので基本フォーマルなのですがネクタイだけに遊びの色を入れているので、若干カジュアルに寄っています。

 

 

このように、色を使う面積の広さで、カジュアルの度合いが変わってきます。

 

色の数が多いほどカジュアルに

 

こちらは、羽織のグレーの他は茶色で統一しています。

 

 

それに対し、↓は類似色ではあるものの、紺・青・水色が同じ面積だけ入っています。

そうするとカジュアルになるのです。

 

 

色数が多いと着ていて楽しいのですが、シックでクールにキメたい方は、モノトーン+1色に抑えておいた方が良いです。他には「紺+その類似色」や「茶色+その類似色」も良いです。

 

ちなみに↓のコーディネートも黒+青だけです。見えませんが帯も黒(へこ帯)です。

 

 

オトコ着物での色使いの度合い

 

↑のネクタイだけに遊びを入れた男性のように、帯にだけ色を入れるコーディネートがあります。

 

 

男着物では、全身が原色の着物も売られたりしていますが、色はこれくらいに抑えておく方が最もシックです。

 

 

着物で街に出る際には、ぜひ少し色を加えてちょっとカジュアルにして、カッコいい着物男子になりましょう^^

 

 

それでは、次回は「柄」についてお話します☆

 

フォーマルさの加減1:素材(光沢、糸の太さ)

 

フォーマルさの加減1:素材(光沢、糸の太さ)

こんにちは、店主のヒロです。

前回の記事で「ちょっとカジュアルダウンしたらイイ」と書きましたが、具体的にはどんなポイントがあるかを見ていきます。

着物では素材に光沢があるとフォーマル、ないとカジュアルとなる傾向があります。

洋服で言うと、ツルツルスベスベしたスーツ素材はフォーマルで、太い毛糸1本1本が見えるふっくら素材はカジュアルですよね。

そんな感じ方と同じで、着物・羽織・帯全てをスベスベ光沢素材でそろえてしまうと、完全にフォーマルとなり、カフェなどで「今日は結婚式に参列ですか?(^^」とあいさつされてしまうのです(笑)

でも着物は結婚式、浴衣は花火大会のイメージが一般的ですから、やむをえないのですけどね。

そんな「イベント着」となった着物を「日常着」へと変えるには、「結婚式」着物からのカジュアルダウン、または浴衣からのフォーマル化が必要なんですよ~♪

素材で見るフォーマルの例

一般に生地の糸が細ければ光沢がありなめらかな生地に、太ければ光沢のないしっかりした生地になります。

まずはフォーマルの生地から見てみます。

この二つはどちらもポリエステルなのですが、どちらも細い糸で光沢があります。フォーマルな見た目となるため正式な茶会や結婚式などに出席しても失礼に当たりません。(まれに正絹じゃないとダメという厳格な方もいるかもしれませんが。)

洋服で言うとスーツに近いと言えます。

カジュアルの例

それでは、カジュアルな素材を見てみましょう。

この二つはどちらも木綿です。洋服で言うと綿100%素材です。1本1本の糸が見え、光沢もありませんね? スベスベせず、むしろふっくらしています。ティーシャツやトレーナーなどの素材に通じるところがありますね^^

中間の例

ウール素材を見てみましょう。同じウールでも幅広いのですが、最もフォーマルで使われる絹よりはカジュアルに使われます。

こちらはウールの中でも光沢がある方ですが、それでも最初に紹介したポリエステルのものよりは落ち着いています。

アイテムを組み合わせる

「着物を着る」というとどうしても

のような結婚式くらいにフォーマルなイメージがありますが、カジュアルな素材のアイテムを入れることで、少しずつカジュアルダウンできます。

思いっきりカジュアルにすると浴衣の

まで行き着いてしまうのですが、例えば

くらいに混ぜるとちょうど良い具合になります。

アイテムごとに解説します。

着物(緑色):先ほど紹介したウール

羽織(黒):光沢のないタイプのポリエステル

帯(ベージュ):光沢のある絹

足袋(ブルーグレー):綿100%、工事現場用に親指の分かれた靴下、モフモフ素材。

この日は茶懐石を食べに神楽坂に行ってきました。懐石とはいえ、自分が客ですし夜の遊びですので、あまりフォーマルでなくてもいいと思うのですよ^^ 実際に出された料理もアレンジが効いていて、カウンターの他のお客さんもカジュアルな服装(洋服)でした。

次回は「色」についてお話します☆

 

フォーマルすぎる?オトコの着物

フォーマルすぎる?オトコの着物

こんにちは、店主のヒロです。

日ごろから街やネット、お稽古などで男着物を見かけて嬉しい反面、全体的に「ちょっとフォーマルすぎるなぁ」という印象があります。

洋服で言うスーツを休日にも着ているような。

さらにカッコよくなる方法をお伝えします^^

シックでクールな着物とは

あまりフォーマルにより過ぎず、カジュアルな成分を少し入れるとオトナでシックな印象のままカッコよくなります。

洋服で言うと、ジャケットと革靴に、ジーパンを合わせるとか。

例えば

例として、とてもフォーマルな着物をお見せします。

これは今年春の、僕自身の結婚式でした。いわゆる「着物」っていうと、多くの人はこのようなイメージになると思います。

では、とてもカジュアルな例を挙げます。

「これ浴衣じゃん」っていうツッコミあると思います^^ 正しいです。

ですが、着物をカジュアルダウンしていくと、徐々に浴衣に近づいていくのです。

ではその真ん中とは、どのような着物なのでしょうか。例えばですが、このようなコーデがあります。

「いかにも着物」でもなく、ちょっと色使いと素材感が違うような。。くらいですよね^^ これは観劇に行ったときのコーデです。

もう一つ挙げてみると、

帯に遊びがあったり、素材に光沢感がなかったり。足袋ではなく、親指の分かれた靴下です。これは確か、表参道をお散歩してカフェしていた日です。

フォーマル・カジュアルを左右する5つの要素

次の記事から追って詳しく解説しますが、

和服におけるフォーマルとカジュアルは、↓の5要素で決まります。

1.素材(光沢、糸の太さ)

2.色(白黒→カラフル、色数)

3.柄(伝統柄、現代柄、更紗、幾何学、ポップ)

4.サイズ感

5.着方(タイトさ、シルエット)

これらをバランスよく組み合わせることで、オフ(休日)に合うコーディネートになるのです。

「日常で着物を着たいけれど、何をどう着たらよいか分からない」というメンズたちに向けて、発信していきたいと思います^^

 

坂本竜馬の「衿くらべるぜよ」

120_4

半衿を付け替えるのだ

坂本竜馬に、もしオシャレをさせたら。。? 着せ替え人形のように衿を合成して、付け替えてみました。

こちらから。 https://www.rakuten.ne.jp/gold/wkimono/ryoma.html

 

【楽天市場】日本一やさしい、男の半衿の付け方 (商品は半衿です)

日本一やさしい、男の半衿の付け方

半衿とは

.

着物の下に着る襦袢(じゅばん)ってありますね?その衿(えり)に縫い付けたり、取り替えたりする細長い生地を半衿(はんえり)って言います。

 

半衿って大事なんです

.

半衿ってスーツでいうネクタイみたいなもので、顔のすぐそばにあるアクセントなんです。

着物と同じ色にすれば統一感が生まれるし、さし色として別の色を持ってくれば華やかになる。

襦袢を2つくらいしか持っていなくても、半衿を10枚持っていれば、いろんなコーディネートやシチュエーションに合わせられるんです♪

 

裁縫が必要だけど

さて、半衿を襦袢に固定するには一般的に縫い付ける必要がありますが、皆さん裁縫って普段してますか?

小学校でやったっきり、というメンズがほとんどだと思います。

でも必要な裁縫スキルはこれだけ^^

1.玉結び (縫う前に糸の端を丸める)
2.なみ縫い (普通に縫うだけ)
3.玉どめ (縫い終わりに糸の端を結ぶ)

なんとなくできる。。全然うまくないけど。。 というレベルで十分ですよ♪

 

付け方

さぁ、いってみましょう。

※ 手順の番号を写真とテキストで、照らし合わせてくださいね。

.

1.当店から送る半衿は、縦半分に折り畳んで発送しています。

2.その半分の折り目にそって、襦袢の衿にかぶせます。まずは半衿・襦袢の衿の真ん中同士を、せんたくばさみで固定しておきます。

3.衿全体をかぶせます。

4.糸の長さをはかって切ります。

5.針に糸を通して、玉結びします。

.

6.重ねた衿(半衿の上、襦袢の衿、半衿の下) 全体を縫います。縫い目は10cmほどで、粗くてOK♪ これなら付けやすいし、ほどきやすいです^^

7.反対側の端まで縫います。

8.最後は玉止めをします。

.

9.襦袢だけ着てみたところ(左)、その上に着物を着てみたところ(右)

10.半衿が違うと印象も違うね、という例です。

 

それでは着物男子の皆さん、グッドラック!

動画「男着物の着方」を作りましたよ。ポップにカンタンに解説

既にたくさんある動画

もう今さら感がありますが、男の着付け動画を作りました 😀

前から「youtubeで着付け 男で検索するとたくさん出てくるから、僕が作る必要ないでしょ」と思ってたんですが、気が変わりました。

検索結果で出てくる動画たちが。。

なんだか古臭くて、まのびしてて、

「え~~では、本日は、着物の着付けを説明致します。それではまず、着物には腰ひも、襦袢、着物、角帯、羽織がありまして、えーこちらは。。」みたいな。

3分で全部言えるのに、どうしてそんなに時間かかるんだろう?とか、いろいろ疑問があったのでー^^;

僕の方が良い動画作れるべ!と思ってやってみました。

 

若者向けなら、これくらいのテンポ感でいいし、繰り返し再生すればいいので同じことを繰り返し説明する必要ないでしょうってことで。

どうでしょうね?他に改善点があればまた別バージョン作りますが。

それではお楽しみください 😉

 

着物で水仕事をするには、袖なしハンテンが便利。袖が濡れない、カンタン、安い。

img_20170105_203053

おうちでも着物を着たい

僕は洋服の日もあれば和服の日もあります。その日の気分で決めます。

お茶の練習したいな~とか、時代劇昨晩見ちゃったし~といった気分のときは着物です。

紅茶を飲みに西洋的な、それも新しめの場所に外出するときは洋服のことが多いです。

昨日はインド料理屋→スタバでしたが着物でしたが。。^^

 

おうちでの障壁

おうちで着物でも、昼寝もできるし洗濯物も干せるんですが、水仕事が大変。

料理と皿洗いで、シンクに手を伸ばすと、袖が濡れるんです。

だって、水仕事ってちょこちょことありません?野菜を洗って切って鍋に入れたら、火にかけて待つので別作業をして、また戻ってきて別の料理をするとか。

そのたびごとに紐を結んでたのでは大変なのですよね。。現実問題。。

たすきがけ

紐でたすきがけにすると調理人ぽくてかっこいいんですが、パフォーマンスとして盛り上げるためにしかやりません。551540_10200933144829915_1171742697_n

↑は、「かっこいー」って言われたくてやっただけですw 食器洗ってるだけ。

 

袖なしハンテンが解決

先月、横浜の実家に帰ったところ親がくれました。ハンテン。

img_20170105_165012

無地なのがイイですね。皆さまにもオススメしたいところですが、入手ルートは不明です。

着てみると

img_20170105_202951

羽織なしで、長着だけの状態から。。

 

img_20170105_203032

ハンテンを着たところ。ここに袖の下をハンテンの中に入れ込むと。。

 

img_20170105_203111

ほら、腕まくりできて、袖が濡れません! コレはスゴい。

 

買うなら

楽天でちょっと見てみました。でもね、どれも古臭い柄が入っていたり、無地でも色がヘンだったりして、なかなかオススメが見つかりません。

でもまー良いかな、と思うのは例えばこんなんがあります。

 

↓は無地でいいけど、ベロアはなぁ。。セクシーだなぁ。。

 

 

自力でいいの見つけた人は教えてください 😀

 

草履がダメになってきたんだけど、やっぱはき続けたらダメかなぁ

img_20161023_165357

スニーカーってはきつぶしますよね

どもども。着物を着るお手本としてしっかりきっちり着るのが伝統を受け継ぐ着物屋さんの仕事だと思うんですが、代々継いでいるわけではない僕とかは、きっちり着ない人を代表してもいいですよねぇ。

今日のテーマは、草履っていつまではけるの?です。どれくらいボロボロになったら捨てるべきなのでしょうか。

僕の草履は、デニムの鼻緒がこすれて色あせてきましたし、かかとのワラがほつれてきました。

img_20161023_165341

img_20161023_165349

この、ほつれてきた部分はハサミで切って、なかったことにして使い続けようと思います。

誰かから怒られたら、それを捨てるタイミングとしてみます。

引きで見ると、こんなコーデです。

img_20161023_152218

  • チノパン素材の長着
  • 綿麻素材の角帯
  • 木綿の羽織
  • 手ぬぐいを縦に半分に切った半襟
  • 足袋じゃなくて足袋靴下
  • 当該の草履

こうやって見ると、傷んでいる草履もそんなには目立たないような?気がしております。

着物って初心者には緊張するよね

着物を着たら、着方が合っているか不安で、指摘されないように確認しながらきっちり着ないと。

とか、

コーデや格の組み合わせが合っているか分からないから、着物を着て外出できない。

といった類の話を聞くことがあります。こういう気持ち、ありますよね~。

なので、僕のダメコーデを写真に撮りためて、これでまだ今んと指摘されてないよ、というレポートをたまにしたいなと思います。

「日本の大事な伝統文化を守るべく。。。」みたいな努力をするよりも、着たい気持ちがある人は既に多いので、「大丈夫、誰も指摘しないから着たいものをとりあえず着てみたらいいんだよ」と呼びかけて安心してもらう方が、効果がある気がするのですよ^^

 

着物を着た後に干す。翌朝たたんでたんすにしまう。

img_20161016_212807

着終えた夜にすること

着物を着て日中行動して、夜脱ぐとき。「どうやってしまうの?」って聞かれるので、僕なりの方法をご紹介します。

すごい疲れてたら丸めてポイです。翌朝ハンガーにかけてちょっと室内干しして、たたんでタンスにしまいます。

でもそんなに疲れていなければ、着物用のハンガーにかけておきます。翌朝にたたんでタンスにしまいます。忙しければ翌日干したまま放置ですが。

 

参照:rakuten.co.jp
参照:rakuten.co.jp

こちらが着物ハンガーです。2つ買って愛用してます。税込 808 円 送料別。

ポリエステルならクセがつかない(ものによりますが)ので、洋服用の普通のハンガーにでもかけておきます。

関連記事

 

襟元が開いてたってええじゃないか。洋服の第1~第3ボタン開くのと比べてみた

参照:amazon.co.jp
参照:amazon.co.jp

漫画では立派に胸元開いとる

着物って、きっと色んな着方があってもいいんですよね?鎖骨辺りで衿を交差させなきゃっていうルールは、必ずしも守らなくてもいいんですよね?

漫画だと、男の着物が描かれる時は結構衿が開いている気がします。

参照:bun-trend.net
参照:bun-trend.net

 

実際やってみるとどんな印象になるのかな?と疑問だったので、やってみました。

みんなで写真を見ながら評価してみましょう!

実際徐々に開いてみた

IMG_20161004_154112

まずはこちらが最上級に閉じているところ。とても苦しい。着心地悪いです。鎖骨以上のラインですから、そりゃキツいですよね。

 

IMG_20161004_154036

こちらが鎖骨よりちょっと下の辺りで交差しているところ。漫画と違い、リアルならばこの辺りが一番自然なようです。

 

IMG_20161004_154157

さー段々開いてきました。ここまでやると、リラックスとも言えるし、着崩れているとも見られそうです。

 

IMG_20161004_154256

さーこれは軽くヤバいっすね。でも漫画にありそう。タンクトップが見えてしまっています。

 

洋服に例えてみる

では、僕らが日常的に着ている洋服のシャツならどんな印象なのでしょうか?

それではシャツを第一ボタンから、段々とはずしていきましょう。

IMG_20161004_154605

やっぱここは着物と同様に、やり過ぎ感がありますね。固い。

 

IMG_20161004_154631

第一ボタンをはずします。自然なんですが、ビジネスならちょうど良くて、カジュアルにはもう一つ外した方がいいかもです。

 

IMG_20161004_154647

はい。プライベートならやっぱ2個はずしですよね。ちょっとこのラインが着物とは違うような気もしますが、フォーマルな場でなければ、これくらいまで襟元のラインを落としても良いかなとも思います。

 

IMG_20161004_154704

3個目。これだと洋服でも、「ボタンはずれてるよ?とめ忘れたでしょ?」っていう指摘をもらいそうです。

 

IMG_20161004_154809

でも、シャツがリネンになれば、3個ボタンを外しても自然。

ていうことは、着物でも、ふにゃふにゃ素材の着物なら、崩してもいいのかもですね! 😀

 

やっぱ着物界のルールがルールを決めるのではなく、今の時代を生きている僕らの感覚で、フォーマル/カジュアルのラインを引くべきですよね。

皆さまはどう思われますか?

二つ並べて

和服と洋服、二つ並べて見ないと分からん、という声に備えまして、同時並行で並べてみました。

なんとなく同じような印象になっているでしょうか?

20161009_1

20161009_2

20161009_3 20161009_4